無料ブログはココログ

リンク集

« ビリーブ | トップページ | 生き生き会 »

2018年9月14日 (金)

総裁選に思う

00731かのお二人で総裁選なるものが戦われていますね。

本気で戦っているのかどうかはわからんけど、違いは多少わかる。 一番はっきりする点は憲法9条について。改憲そのものについては安倍首相と石破さんのちがいはない。 でもその中身。

9条2項を残す、と阿部さんはいう。でも、安倍さんのブレーンである「政策研究センター」なるところが再三いっている。 「9条に三項を加えて、二項を空文化させるべき」と。20120211_22682301

これまで、政府は日本が攻撃されていないのに、集団的自衛権の行使はできない、 としてきた。 でも自衛隊が憲法に明記されれば、「憲法上の存在」になり、陸海空軍その他の戦力はもたない、という2項に違反しているという意味があるから、憲法違反の疑いは消える。

自衛隊をはっきり憲法に加えることによって、「憲法上の存在」になる。 それは 海外での武力行使の禁止をなくすことにもなる。 9条2項が残っていても 憲法に明記された自衛隊に対する規制力はなくなる。1fa602e602f87ffabef3042318b3e5951_2

これを「後法優先」という。 これまでの自衛隊とは権限や活動範囲が大きく変わり、海外での武力行使に道を開く。なぜなら 世界に日本人はどこにでもいる。その日本人を守るため、ということで、いくらでも海外派兵ができることになってしまう。

その点、石破さんは2項削除だからわかりやすいが、安倍さんのはオブラートをかぶせて9条2項を死文化させるようなもの。 なるほど、こんなちがいもわかりやすい。

« ビリーブ | トップページ | 生き生き会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164077/67167845

この記事へのトラックバック一覧です: 総裁選に思う:

« ビリーブ | トップページ | 生き生き会 »