無料ブログはココログ

リンク集

« ロシア六日目  | トップページ | 歴史を見る 音楽をする »

2018年10月10日 (水)

帰国

220pxrussian_borscht_with_beef_and_午前、成田空港着。 往復便とも機中ではまったく寝ていないし、連日の行軍(?)で疲れ果ててかえる。家人が病み上がりなので、プレミアムエコノミーを利用したが、さほどの安楽感も得られず。 キャビンアテンダントが 「このお席は私が担当します」 とにこやかにほほ笑んでくれたので、すこしの「違い」を実感。 また 飛行場には休憩室があり、飲み物(アルコール含め)、軽食がまったく無料の待合室があるのには驚く。

もう一つ、驚いたのは スマホの時計。普段時計をしない生活をしているので、時計を忘れた。 ところが、スマホは現地時間にぴったり合っている。 これは助かった。

↑ ビーツにサワークリームがのっているボルシチ。

さて、ロシア。 昨日も書いたけど、ツァー参加者が見られるのはほんの上っ面。 それでも人々のエネルギッシュな生活を実感し、私はまだたった15ゖ国位しか訪問していないけど、「どこに行っても同じ人間が生きている」、をさらにしみじみ感じ入った。Yjimage1

自然景観でだったら別だけど、もう外国に行く必要はないなぁ、と思い、これで海外旅行は打ち切りでいいと思った。 なぜなら地球も一つ、人間も同じ根っこの一つから進化してきたのだから 国と国の争いなどほんとばかばかしく思える。 今回のロシア旅行でつくづくそう思った。

今回、私はウラル山脈のヨーロッパ側だけだが、山や森林がとても少ない。見たのは白樺の平地林と市街地。日本の多様性をさらにありがたく思う。

宗教を信じている人は国民の半分はいるとガイドさん。それもロシア正教が圧倒的に多い。タイの人と話す機会があった。「日本が好きで、もう5回も来ている」という。 「どんなところが好き?」と聞くと「なにもかも」 と答えてくれた。 

004
話しは違うけど、ロシア料理というと、ボルシチ、壺焼きシチューがまず頭にうかぶが、それはかなり偏っていた。まずボルシチといえば、ジャガイモ、ニンジン、玉ねぎ、肉などが入っていると思ったが、あにはからん、ビーツをみじん切り野菜でこってり煮込んだ野菜スープ。 壺焼きシチューもそれほど一般的なロシア料理ではないことを思い知る。

← お土産はほんのちょっぴり。スーパーで買ったメレンゲのようなお菓子がおいしい。

« ロシア六日目  | トップページ | 歴史を見る 音楽をする »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164077/67268811

この記事へのトラックバック一覧です: 帰国:

« ロシア六日目  | トップページ | 歴史を見る 音楽をする »