無料ブログはココログ

リンク集

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月31日 (日)

花見

Dsc_5924 春休みなので孫たちが来た。ムーミン谷に行こうか、とも話もあったが、まだ開園したばかりなのできっとすごく混んでいるだろうと方針転換。Dsc_5927  隣市の有名な花見公演に行った。 満開に近いけど、満開にはもうすこし、といい頃合い。 駐車場に入るのが大変だった。 Dsc_5922 待って、まってやっと入れた駐車場。

早速家族で弁当やお稲荷さん、太巻きなどをつまむ。 屋台も色々出ているので、孫たちは焼きそば、わたあめなどを親にねだる。 お稲荷さんは家で油揚げを煮るより、でき合いの物を買って家でごはんを詰めるのも簡単でおいしい。Dsc_5929

太巻きの中身といえば、昨日の焼肉の残り肉を佐藤醤油でいためたもの、レタス、厚焼き玉子を入れたもの、細巻きは小さい子用にウインナだけ、などの簡単なもの。孫たちは鬼ごっこ、かくれんぼなどをして遊びまわる。 バトミントン用具も車に積んであったので長男と遊んだ。 けっこうまだ行ける自信がついた。Dsc_5935 Dsc_5935

さて、花見は賑やか、国際色も豊か、アジア系、ヨーロッパ系 とりどりに円陣を組んですわって飲んだり食べたりしている。 ほぼ一週間しか味わえない日本の文化に触れているのかな。 私たちも、「花見」としてきちんとどこぞに座割って眺めたりしないと春に何か忘れ物をしたような気分になるのは日本人のDNAか。

2019年3月30日 (土)

3月ボラ④と誕生日

Dsc_5901 3月ボラ、サラダボDsc_5902 ウルの4回目の日。 終わるとやれやれ、という気持ちとさあ、次月には何をやろうか、という新たな出発の日になる。 今日の施設訪問はいつものように 

アコ伴奏で11曲。 昨日もそうだったが、おどろくことに歌謡曲の中では「リンゴ村から」が一番声が大きくでている。こちらは「難しい・・」と多少敬遠気味だったが、みなさん、よく御存じ。Dsc_5905 Dsc_5907

日本舞踊・・・ 着物は淡いピンク。帯は桜もよう。  まずでていくと「きれい!!の声が上がる。ほとんどの施設で、「着物を着た人」が出演するとまずみなさん、着物をほめてくれる。 私が日本舞踊を習っていたころ、彼女は「あこがれの人」、男踊りも女踊りもしなやかにきびきびと踊りこなせる人。

ピアノソロ・・ 「エリーゼのために」、「ベートーベン悲愴第二楽章」、「楽しき農夫」など4曲。 プロの生演奏を聴く機会は私たちにとっても貴重。

Dsc_5907 Dsc_5908 腹話術・・ よくみつめてくれる、もうそれだけでありがたいが、よく笑ってくれる。 演技冥利につきる。Dsc_5909

おどろいたことに、グループホームの入所者さんから声がかかった以前、住んでいた団地の人だった。とても身ぎれいにしていて入所者さんとは思えない。たづねると一人暮らしになってさみしいからここに来たという。 スタッフの手伝いもすすんでやる毎日だという。 彼女が描いた素晴らしい「ちぎり絵」が掲げられていた。 「ミズバショウ」、「赤い花の木咲きベゴニア」、「花束」。 どれもかなり大きな額で繊細であでやか。 「認知」のかけらもない風だが、このような選択もあるのかと感慨。

Dsc_5919 Dsc_5920 Dsc_5921 さて、春休みなので家族の誕生祝に一人風邪気味さんをのぞいて家族集合。 孫の遊び相手はいつも長男。 私ではとても体力追いつかないので助かる。

2019年3月29日 (金)

3月ボラ ③

Dsc_5899 Dsc_5898 3月サラダボウル ボラ3回目、 今日はピアノ先生と一緒。 アコ伴奏で 11曲。 「リンゴ村から」は歌リードさんは余り知らないから、と楚々と歌っていたが、利用者さんの方がずっと大きな声で歌っていたのでうれしくなる。Dsc_5897

プログラム ②はピアノソロ。 ベートーベンから一曲。エリーゼのために、ムーンリバー など4曲。

Dsc_5897 プログラム③ スタッフの人がいうには、腹話術になるとみなさんの顔つきが全然違う、という。 まず人形がでてきたところで オオッ という声があがり、眼がキラキラする感じ。  うれしいことをいってくれる。 これだから腹話術はやめられない。

さて、この介護施設の中庭にはサクラソウや菜の花、ムスカリが満開。 職員さんが冬には暖かい陽のあたるところに移動するからこのように立派に育っているという。Dsc_5893 Dsc_5894

我が家では、昨日公民館から 「桜の花」をいただいたので、投やり風「投げ入れ」。 チューリップも一つのプランターではごらんのようにきれいに咲いた。

2019年3月28日 (木)

ピロリ菌参上

011_3 001_asaka_01192_img_011Yjimage2

うぐいすもそのかわいい鳴き声をここ数日参上してくれているというのに、私には胃カメラ検査の結果 ピロリ菌の参上で春の胎動か。 ピロリ菌先輩がいうには、私たちの年代はかなりの人がもっている。戦後の食糧難の時代、田舎から続々とやってきた担ぎ屋さんなどから野菜を購入。 不衛生な野菜についているから、とその先輩はいう。 子ども時代 毎日のように千葉方面から担ぎ屋さんがやってきて、うちは美容院をやっていたので、母はとても重宝していた。  不衛生な野菜の荒洗い方で、私も保持者になったかな。 で、ピロリ菌の正体と対策を学習。   今は別件で多少ストレス。 時々の鈍痛。 昨夜は半分だけの睡眠剤。 この嵐がおさまるまでじっとうずくまります。

2019年3月27日 (水)

3月サラダボウル ②

Yjimagembtwclw7 今日の誕生花はヒヤシンス。 ちょうど腹話術でヒヤシンスが重要な役割を果たしている。 その花言葉は 「ひかえめな愛」。 「愛」 ってむずかしい。たっぷりな愛、ひかえめな愛、どちらも大事だとは思うけど、その兼ね合いはなかなか思うようにはいかない。


さて、今日は二人ボラ。 ① 私のアコ伴奏で昨日の9曲にプラスして三橋美智也の 「リンゴ村から」。 10曲を歌ってもらう。 この歌の解釈はすこし計りかねる。 東京で働いている人が故郷を想って歌っているのか、あるいは りんご村にいる人が 都会に出た人が たよりもなく さみしい想いをしているのか。 ともあれ名曲なので 取り上げた。Yjimage1


② 大正琴の弾き語り 北国の春、影をしたいて ・・・ 彼女の最初は大正琴を弾くのが精一杯といっていたが、今は落ち着いて弾き語りをすることができるといっている。 彼女はまった自己練習でここまでできるのだから大したもの。Yjimage7③ 腹話術のお茂さん   人形がでるだけで、「おーっ」「ああっ」 という笑い声。これだから アマチュア腹話術師としては、人形をとっかえひっかえするのをやめられない。


 

2019年3月26日 (火)

3月サラダボウル ①

Dsc_5882 私のボラDsc_5883 ンティアといえば、モコモコとサラダボウルがあるので、今後施設訪問などは「サラダボウル」とします。今月は中旬に出かける予定だったので、この一週間で4回!!


Dsc_5884 Dsc_5886 ① アコ伴奏で 早春賦、どこかで春が、春よ来い、ふるさと、水色のワルツ、ああ上野駅、有楽町であいましょう、千曲川、喜びも悲しみも幾歳月、りんごの歌、の9曲。


② 日本舞踊 「隅田川慕情」  すてきな着物としっとりとした踊りにみなさん、魅せられたけど テープデッキの不具合か途中で止まったりして残念。先月は良かったのに、やはり器械ものは事前チェックが必要ね。Dsc_5887


Dsc_5891 ③ フルートソロ 森山直太郎の 「さくら」 など 4曲。知った歌には足でリズムを取る方も。


④ 腹話術 「お茂さん」。一文章ごとに笑いが来るのでとても安心してゆっくり話すことが出来た。 演技後 「私もあの東京大空襲にあいました。 家族みな死んでしまったのです。 私は90歳、東京大空襲を知っていらっしゃる方がいるなんで感激です。」 といって話しかけてきてくれた人がいる。その後苦労した話なども。ああ、こんなところで私の腹話術が意外な出会いが生まれた、と私も感激。


付けたし  今、我が家の道沿いには 花にらとツルムラサキが満開。 チューリップは4月14日の陽だまりコンサートに満開を持っていきたいのにもう咲きだしていしまいその日はもっていけないだろうな。

2019年3月25日 (月)

お葬式

Img_01Yjimagez63mvetxDsc_5632_4Dsc_5632_4Dsc_5701Dsc_5701Dsc_5691_2親しい友人の通夜があった。 無宗教だったので、家族と旅行した時の映像が流され、彼の人となりを10分以上音楽と共にアナウンスがあった。 バックミュージックは故人が大好きだったという 吉 幾三の「酒よ」、「雪国」。そして川島英五の 「酒と泪と男と女」。 酒好きの彼らしい いかにもその切々と人生を歌い上げる歌に一層涙を誘われる。  そして、友人たち数人からの故人への想い。 全員の献花で通夜は終わる。Yjimageh2oof8is
うちは仏様は浄土真宗とはいえ、実際は 夫婦ともに無宗教。  葬式で、八百万の神様を信じています、といっても形式はないだろうな。  小泉八雲みたいに、死ぬときに 「葬式はいりません。 聞かれたら あ、その人は先日なくなりました。 で、いいのだよ。」  と云って死ぬのも悪くない。
しかし、それでは親族・家族が心のけじめがつかないかもしれないから、やっぱり お葬式は出すかもしれない。 Yjimagez63mvetx と、なるとあまり理解できない 「読経j」 より、歌のほうがいい。 私の好きな歌といえば、大塚博堂 の「ダスティン・ホフマンになれなかったよ」、  今、ソロ曲として練習している 「明日に架ける橋」。そして、モコモコ劇団、発祥の曲となった ビバルディの「四季」、あるいはもう30年以上モコモコでブラックシアターとして 演じ続けている 「ドライボーン」。 こんな曲をかけてほしいな。それにしても、いつかは死ぬ、家族も死ぬ。 大変!! 写真がない!!  私なんざ 写してもすぐ消去、消去。  いつどうなってもおかしくない年齢。 映像でも、この人はこんなに幸せな人生だった、みなさん、ありがとう と友人、家族に知ってもらうためにも アナログ写真をこれから 残しましょうか・・・。

2019年3月24日 (日)

第23回ドラマフェスタ 二日目

Dsc_5871_1Dsc_5876Dsc_5865_1二日目のドラマフェスタ。 今日も様々な団体が公民館の各部屋で行われている。 「殺陣のショー」 とワークショップ、マジック、ペープサート、昔遊びの部屋。高校演劇部の「銀行ごっこ」、タップダンスとそのワークショップ などなど。また、 ホケキョ劇団のかげえ芝居があるので、モコモコはほぼ全員が参加。Dsc_5868_1Dsc_5879
以上3枚の写真はエンディングショーで行われたパフォーマンス。 昨日、体調不調のために市民・子どもたち、鳥獣戯画指導による市民ミュージカルが見られなくて残念だったが、今日最後に楽しいショーを見せてくれた。 毎年、劇団鳥獣戯画の指導でプロ顔負けの市民ミュージカルが行われる。 ごらんのように若者・子どもたちのエネルギッシュあふれるパワーがキラキラとかがやき、「ああ、これでわが市のドラマフェスタも安泰だわい」 とお婆はつぶやく。Yjimageap0nien0200607050155561
ホケキョかげえ芝居は一人芝居。人形も背景もライトもすべて一人。もちろん生の舞台。 インドネシアのワヤンを原型にした劇団。 彼の「語り」が絶妙でとても惹きつけられる。またかげ絵としてはみずらしく、表からも裏からも見せてくれるのも人気の秘密。
右上の写真は独楽。牛乳パックの底を高さ10センチほどを残して切り取り、裏にボタン、表に絵を描きパック等のふたをとりつけると立派な独楽になる。 右の写真はピンクがストローで作った甘海老、 キリギリスはしゅろの葉っぱ。 私も独楽を作った。  年金者組合、パソコン担当の人に来てもらってようやくブログを再稼働させることが出来た (^0_0^) !!

2019年3月23日 (土)

第23回ドラマフェスタ

Dsc_5857年金者組合の人にブログの使い方などを教えていただいて、やっと修正ココログの使い方がほぼつかめ、ブログを再開することが出来た。 しかし、体調がまだ完全修復しきっておらず、モコモコ上演以外はほんの少ししか見ることが出来なくて残念。
ドラマフェスタin入間。 モコモコは第一回の立ち上げ時から参加。 このような市民団体主催のイベントは立ち上がっても継続がむずかしい、と言われる中 たくさんの芸術・文化市民団体の協力で今年は第23回を迎える。Dsc_5857Dsc_5858
会場は海の底をイメージしたお魚が泳ぐ竜宮城の雰囲気。Dsc_5846
そして、オープニングショーの時、モコモコは「昔話」に呼応して、 桃太郎ばなし (桃太郎、おばあさん、おにの仮装)、そのた、さるかに合戦、かちかち山、舌切り雀のおばあさん などの服装で登場。Dsc_5845
モコモコ劇は ブラックシアター 「カエルのうた」、「ドライボーン」。 かげえ劇は 「マーチングマーチ」、「とんでったバナナ」、「もりのくまさん」、そして 「ジャックとまめの木」  観客は 60名ほど。 小さい部屋なので、ちょうど良い人数。 最後はワークショップでかげえ人形つくり。 自分の人形が完成するとスクリーンに映し、何度も往復する子も。

2019年3月20日 (水)

変貌する自衛隊

Dsc_5759
変貌する自衛隊 , ( NNN ドキュメント ) を見ましたか。 この社会に生きている以上、社会からかけ離れて生きることはできない。その社会の一端を物語るドキュメンタリー。 注目に値します。
2015年、安保関連法案が国会を「通過」 (政権党の強行突破 )。 そこから自衛隊は専守防衛ではなく、自国
が危ない、と政府が判断すれば、先制攻撃も可能になった。 同盟国が攻撃されそう、となると先頭にたって戦闘に参加していく。Dsc_5752_1Dsc_5753_1Dsc_5753_1
それは自国が攻撃されていなくとも、地球の裏側でも・・・、と、いっても 今じゃ世界中どこの地域でも日本人はいるし、どこからでもDsc_5719_1Dsc_5753_1Dsc_5721_1
輸出入の実績はあるから、戦力で国益を守ることは自国ファーストの世界の趨勢にからみれば当然の流れになると一方はいう。Dsc_5732_1Dsc_5733_1
さて、自衛隊。 進化の一途をたどる。Dsc_5738_1
アメリカで学び、米軍の一部としてと、いうより一体のものとして いまや世界に足を伸ばしつつあるの自衛隊。その自衛隊の

2019年3月17日 (日)

映画 「シング」

ボッーとしたいとき、すこしウキウキしたいとき 2年前にリリースされた映画だけど「シング」を見た。 劇場が倒産しかかり、一計を案じ、ありもしない賞金をちらつかせた劇場支配人。  一攫千金を夢見る若者が集まった。 器材の失敗から詐欺まがい商法がばれた。しかし、歌や踊りを愛する生き物たち、愛を信ずる若者たちが集まって報酬なしのショーを開催。 最後は・・・。  音楽の力勝った!!

2019年3月16日 (土)

ニュージーランド銃撃事件

View_from_chatham_islands1世界に衝撃を与えたこの事件。 驚きましたね。

犯人は「白人至上主義者」と言われている。 移民の増加で白人が圧迫されている、というのが理由の一つらしい。 そして、49人の無差別攻撃での死者、48人もの怪我人。 恐怖と怒りと悲しみのどん底に落としこんだこの事件。

8年前にもノルウェイで数百人の若者が国の政治や未来を語り合っていた時に起きた極右差別主義に取りつかれた犯人たちが77人もの命を奪った惨劇があった。
とりわけ、トランプ政権の誕生後、差別と偏見、白人至上主義がアメリカだけでなく、世界に拡散していることをあらわにしたような今回の事件。Yjimage10_2

ニュージーランドは8年前のあの大地震後、復興のための労働力をかなり移民に求めたようだ。その上、オーストラリアよりは治安がゆるいところ、として犯人は狙ったのかもしれない。001

「移民の増加」が憎しみを生んだ、とは笑いたいけど笑えない。 自分たちも、つまり白人も同じ移民なのに、と声を大にして云おう。 オーストラリアにはアボリジニ、という立派な先住民、ニュージーランドにはマオリ族 という先住民がいるにも関わらず、彼らを辺境の地においやり、のさばってきたのが白人たちの移民。

歴史認識の教育はどうなっているの? とここでいっても始まらないか。 それより、差別のない自由な民主主義を重んじる社会が求められている。

辺野古問題もそう。 工期がいつ終わるともしれず、費用が完成までどれだけかかるか、それすらわからずに沖縄県民の声を無視して美ら海に戦争のための基地建設をすすめる政府。 歴史認識も現実認識もどこに追いやっているのだろう。

2019年3月15日 (金)

元気になりました。

Dsc_5709胃痛に悩まされてから、ちょうど今日で1ゖ月。あれこれ検査、そして胃カメラ。 カメラの結果はまだ出ていないけど、もう春が足音高くやってきたように、私の心も春色に染まってきた。

昨日は1ゖ月ぶりにアコサークルに初めから終わりまで参加。 来月の「陽だまりコンサート」への準備と練習。」 Dsc_5710

「過労とストレス」ですよ、と医者に言われ、そんなこともあるかな、とふりかえるよりも毎日が行き過ぎる。 3月のドイツ行きをやめたら、「ああ、時間が出来た。 これで ゆっくりあれもこれもできる」 てな 「案ずるよりも生むがやすし」。 Dsc_5715
もう中旬になり、予定だったら私は今ここにいない、でもいる。 不思議にゆったり気分。 「明日に架ける橋」のソロがまだまだできていない。 Dsc_5716


 伴奏曲もまだまだ。 

みなさまにいっぱい心配していただいてありがとうございました。 もう大丈夫。 高齢だから、部品の劣化は沢山あるけど、今回のような痛みはもうないでしょう。Dsc_5711
さて、運転開始 o(*^▽^*)o

今日マイガーデン。 ① シベリアユキノシタ。 ② 椿が可愛くて、可愛くて。 ③ 花にらもそろってダンス。 ④ ツルムラサキも手をつないで  ⑤ 冬の間に金魚はどんどん大きくなぅったよう。

2019年3月13日 (水)

陽だまりコンサート

Email003
私の所属するアコーディオンサークル。毎年1回はうたごえ喫茶を兼ねて コンサートを開く。

ここ1ゖ月、胃痛で参加を悩んでいたが、やっと落ち着きを取り戻し、参加を決めた。

地域との交流、地域への還元、そして私たちの技術の向上をめざしての このようなコンサートは大切にしたい。

私は「明日に架ける橋」を ソロ演奏予定。 昔、長男が好きでよく聞いていたサイモン&ガーファンクルの歌。 

私は人に助けられてばかりだが、アコーディオンを習うことで、地域や介護施設のお年寄りたちに喜ばれている。 いまだに♪に弱い私でも もうボランティアを始めて9年になる。

アコーディオン伴奏がなければ、 「腹話術」も 毎月介護施設などで出来ない。 なぜなら、腹話術はたった7・8分程度の演技だから。Yjimagebpm7t71w
みなさま、お近くの方、ぜひ 4月14日、おいでください。おまちしております。

先輩諸氏の「枯葉」、「リベルタンゴ」などは見もの、聴きもの・・。

2019年3月12日 (火)

モコモコ曜日

Email001_2今日のモコモコは今月23日、24日に行われる 「ドラマフェスタ」にむけて鋭意練習。 特にブラックシアターの 「ドライボーンズ」、「かえるの歌」 を特訓。

ドラマフェスタ、とは「市内最大の」と言いたい市民の表現のお祭り。 赤ちゃんから高齢者まで一日楽しめるドラマチックな祭典。

午後からは、当日のオープニングに実行員会の要請にどうこたえるかを話しあう。  今回は 「昔話の世界」を会場に再現しよう、というのがテーマ。

モコモコは真面目に応えて。  桃太郎、舌切り雀、金太郎 、さるかに合戦 などの扮装( わずか8人でこれだけの場面!!) をしようということになり 役割分担。Yjimage6

これだけ、まじめに実行委員会の要請にこたえる モコモコは立派!! と自画自賛。Yjimage4

私はといえば、昨夜  あまり寝られず ボッーとしていたが、なんとか練習に参加。 今日からは すこしでもアコ練習に励まなきゃ。

2019年3月11日 (月)

3月11日

Dsc_5625ほとんどすべての人たちが胸にきざむ3月11日。あの日の衝撃は遠くにいる私にはうすれても、忘れることは決してない。 高校生のころから、福島、宮城になにかと縁があった。  おかげで、ブログ仲間も福島にできた。Dsc_5626_2

私はといえば、5年前、腱鞘炎で右手は痛くてたまらなくなった時、何とかしなければと宵っ張り・朝寝坊がこの3月11日を期して、朝6時からの朝体操に入会、そして手術。 Dsc_5627

その後 今年 2月中旬からの胃痛。 ストレス、過労ではないかと医者にいわれて、「そうかそれだったら自分の力で直せる」。 そうした決意が今日 3月11日。  Dsc_5632_4あまりにも小さな決意だが、今日からは睡眠薬ともおさらば、私にも3月11日には節目の日になった。

被災者に想いを馳せる。 昨夜 NHKドキュメンタリー 「終のすみかというけれど 」を見た。 今日も安倍さんが「復興はほぼすべて完了」と胸をはって読み上げていた。 「復興」からおちこぼれた人々の災害関連死は昨年は以前の年の4割もふえている。Dsc_5635


「大規模半壊」と言われる人たちは 仮設住宅には入れない。しかし、自力でわずから見舞金では家を再建するあてもない。 生業も失い、近隣付き合いも失った人たちに 行政はどう向き合いのか。

映像では、ピンクのベストを着た 「暖チーズ」 というグループが一人暮らしや避難者たちの心のケアーに見舞わっている。Dsc_5640

また、チーム王冠というグループは各分野の専門家と提携しながら、 家の修理、財政計画、医療支援などを行っている。被災者は沿岸部に多い。 比較的大きな家に住んでいた人たちが多く、団地暮らしには慣れにくい。 生業もない。  Dsc_5641

福島では帰還しても、家のまわりには以前、畑だったところに 「トン袋」という汚染土が山と積まれている。 酒でまぎらわすしかない。Dsc_5644


いまだに5万人に状が明確に「ふるさとを喪失」したまま、避難生活を送っている。Dsc_5645

復興五輪とはいうものの、被災地での五輪開催は数ヶ所もない。 あるところは呼びたいが、整地予算がないという。 そんなところに税金がまわせないのか。Dsc_5647
3月11日。  この日に亡くなった方を想い、生きている被災者を想い、共に生きるにはどうしたらいいか、一所懸命考える日になった。 オレンジの棒グラフはここ4年間の震災孤独死Dsc_5649_2

Dsc_5648_3Dsc_5650


Dsc_5653_3


Dsc_5671


Dsc_5663


Dsc_5659


Dsc_5691_2


Dsc_5701


Dsc_5687




























2019年3月10日 (日)

健康福祉センターまつり

Dsc_5602第16回 いきいき ふれあい! 健康福祉センターまつりが開かれて、モコモコも参加。 ここには第一回から参加している。

今日のために元気出すために、昨夜 睡眠剤を寝る直前に飲んだおかげですっきり睡眠。 元気に参加できた。Dsc_5609

さて、この「まつり」 「次世代へつなげる助け合い」 として、 健康・・・ニュースポーツ体験、マッサージ体験、はり、きゅう体験、ノルディック・ウオーク、簡易血管年齢測定、口腔がん検診、お薬相談、   福祉・・・ 手話、点字、アイマスク、高齢者疑似体験、   子育て、子育ち・・・親子であそべるゲーム、かげえ、手形、昔の遊び体験  などなどDsc_5610
絵の2枚は障害者の作品のなかで特に目についたもの。 一枚は 「花の好きな牛」よろしく、豚が花のにおいをかいでいる。  ブルーを基調とした絵。  方位図のようなところから、ふくろうが難破船のようなものを眺めている。 はて、どのような意図だろうか・・・。Dsc_5613

また、模擬店、出店もあり一日昼食を食べながらゆっくりとさまざまな体験をすることができる「おまつり」Dsc_5615

Dsc_5618


モコモコは親子合わせて 50人位の参加。 赤ちゃんも高齢者もひとしく楽しんでくれたようでうれしい。Dsc_5619

市内にアナログな人形劇サークルで公的に活動しているのは モコモコだけといってもいいのでややさみしいがその分、責任も感じた舞台。Dsc_5620

野菜だけの写真は、一日370g、この程度の野菜はぜひとってほしい、というモデル。Dsc_5621

この3人はモコモコ主要メンバー。

2019年3月 9日 (土)

保健センター祭り準備

Dsc_5597明日は市内の保健センター祭り。 モコモコなど、参加団体は今日のうちにすべての準備を整える。

市民の健康と福祉向上のために毎回、医師や看護師さんたちが無料で健康診断や諸般のアドバイスをしてくれる。 モコモコは「子育て・子育ち支援グループに参加。第1回より参加している。Dsc_5598
障害者団体の力強い演技や芸術作品も見もの。Dsc_5599_2

お近くの方、おいでなんしょ。お隣の「親子支援室」では、昔の遊びや手形取り、様々な遊びを用意している。

毎日、同じような近況を載せるのは心苦しいが、昨夜7時ごろから胃痛が始まり、食後ベッドイン。 11時ごろまではよく寝たが、痛みでまたもや目がさめる。 頓服薬を飲むが あまり効かない。Dsc_5601
Dsc_5600時々は寝たがうつうつ。 困ったものです。 こんなで来月の「陽だまりコンサート」に自信がなくなってきた ヾ(;□;)э

2019年3月 8日 (金)

今日マイガーデン

Dsc_5576大分落ち着きを取り戻してきた体調。 昨夜はあまり寝ていないが、痛みはない。久しぶりに安堵の朝を迎えた。Dsc_5587

春といってもマイガーデンはまだ「鉢花」のおかげでやっとすこし華やいでいる程度。 Dsc_5578


Dsc_5580上から プリムラポリアンサ、3種。シベリアユキノシタ、ハナニラ、バラ 3種、Dsc_5581


Dsc_5583白梅、 サクラソウ(土中に埋まっていたのを気が付いて掘り出したものなので、花つきはおそい。 ペチュニア、Dsc_5584_2

チューリップ10球 (あとまだ40球ある。これば一斉に咲けば見事だろうな。 ツルムラサキ、 八重椿 (せまい庭に4本ある)。Dsc_5582

沈丁花が北側の日の当たらないところにあるが、いい具合にさいており、切り花にして飾っている。
Dsc_5585


Dsc_5586


Dsc_5588Yjimage5





Dsc_5593


Dsc_5594

2019年3月 7日 (木)

戯曲 静物画

As20180914004569_comm1先ごろ、東京新聞の記者が「辺野古埋め立てに赤土を使っていませんか?」との質問に、内閣府は 「誤解に基づいた質問だ」 として、かの記者を記者クラブから締め出すよう閣議決定。 当地の写真を見ると明らかに赤土も使われている。 で、東京新聞に共感。  毎日新聞からこの3月、東京新聞に切り替えた。Yjimage3

今日の新聞に 南相馬に越した 柳 美里さんを中心とした 「青春5月党」 の復活公演がでている。 高校生12人が、子ども時代のつらい被災体験を 演劇で解き放とう と 企画された舞台。 原発事故の苦悩が続く福島と 向き合う演劇や映画の制作が相次いている。Yjimageqa1z3jpb

福島の住人達の想いは私たちにも共通する。 それは、普通に人間として生きたいという想い。 柳はいう。 「演劇とは真剣な遊びの場であり、自分や気持ちを解き放つ場」 という。 音楽またしかり。 そして、この現実を忘れてはならないものとして、心にとどめよう。

ふりかえって、今日の私は・・・。 昨夜は痛みで頓服薬を飲んだり、睡眠薬を飲んだりと悶悶とはしたものの、恐る恐る アコサークルに参加。 先生に 「明日に架ける橋」をみてもらったのは良いが、1時間半ちかくすぎるころにはまたもや鈍痛。 201812190112031_2
早々に早退。 しかし、よくなっている兆候は感じる。 明日はもっと元気になることでしょう。

2019年3月 6日 (水)

胃カメラ検査

21数人の友人から胃カメラ検査を受けるには「麻酔」をしてもらった方が、いいわよ、 また 口より鼻の方が楽、などといわれ、また「麻酔しちゃったから ルンルンだったよ」 などとのたまう人もおったが、いざ、その瞬間になると怖さでおののいてきた。

いざの時になって、看護婦さんに「麻酔をしてください」と頼むと、 「鼻の穴にゼリー状のちょっと麻酔のようなものをいれますから」 という。

先生に「初めてですか」と聞かれ、「初めてなので こわいんです」 と答えると 「大丈夫です。リラックスしてください、そこに横になって・・」。  看護婦さんが私の背中をやさしくさすってくれている。

「目をつむるとかえって鼻やのどの違和感に気持ちが集中しちゃうから、目をつむらないで、あそこのカレンダーをながめていてください、」 などといわれるが、とてもカレンダーの数字など目に入らない。Yjimage3
あのスコープがのどに入り、通過し、胃のなかでうろうろしている間は 「とにかっく 頑張ってこの場は横になっていよう、ここで逃げだしたら、この1ゖ月近くの痛みは何だったのか  正体を知らなきゃ、 そんな必死の呼吸と思考のなか目には涙 でともかく 胃カメラ終了。

先生は 「結果は2週間後にきてください」 というだけ。 あわてて、私が「この1ゖ月近く、胃がとても痛くその原因は何なのでしょう」 と聞くと いとも簡単に 「過労とストレスじゃないですか」 との返事。そして 「ピロリ菌の検査を要望のようですから しますけど、 ピロリ菌というのは あるとすれば何十年も前から体の中にいるものなので、 今回 急に悪さをしだした、ということはありえませんから・・」  との返事。

「過労とストレス」か。  やっぱそうだったのか。なんとかしなきゃ。

2019年3月 5日 (火)

モコモコ保育園公演

Dsc_5573今日は隣の市の保育園・モコモコ公演。メインの 「ジャックと豆の木」は2回目の公演になるし、前回失敗したところは 「気合をいれて 頑張ろう」 ということになっているので、なんとなく 安堵と緊張の気分。

保育園はどこも明るく開放的。 天井が高く、その天窓のところからブラインドを下げても陽がさしてくる。 「かげえ」は光をきらうが、あまりにも高い所なのでどうすることもできない。

しかし、園の協力もありおおむね暗くなった所で、「誕生会」の開催。 楽しい誕生会に子どもたちは大興奮。モコモコが始まる直前には、私が手遊びで興奮を鎮める。

演目は「マーチングマーチ」、「とんでったバナナ」、「もりのくまさん」そして「ジャックと豆の木」。 今日はおおむね失敗なしにうまくことが運び、みなホッ。Dsc_5575_2

その後は恒例の園児たちとの「お食事」 お吸い物には大きなはまぐりが二つ、ちらしずし、ささみのフライにあえ物、煮物。  子どもたちはよくお替りする。 中にはなかなか食べられない子もおり、「さ、ピッカ ピッカにしようね、これ 一口食べると お手ての力が モリッ、モリッと盛り上がってくるんだよ」 と おせっかいばあさんよろしく 園児たちと一緒にもぐもぐ。

ちょうど孫の年齢なので、「ああ、うちの孫たちもこうして生活しているんだな」 と孫たちに想いを馳せる。

さて、私は帰りの車に乗ったころからの胃痛。 どんどん痛くなりモコモコ道具を倉庫にしまうこともできずに早々に帰宅。 ベッドインするも1時間ほどはきつい胃痛、その後鈍痛。 軽い夕食と入浴意外は翌朝まで完全にベッド。 いつまでこんな生活が続くか  トホホホ  (´・ω・`)ショボーン

2019年3月 4日 (月)

駅中ピアノ

2aba5fb61NHKBSでたびたび 「駅ピアノ」特集をやっている。 品川駅にもあるというので驚いた。海外での「駅ピアノ」 。昨夜 なかなか痛みもあり、寝られず テレビを見る。 「駅ピアノ」に感動する。

チェコ・プラハの鉄道駅で最も古いマサリク駅。ホームのそばに1台のピアノが置かれている。訪れた人々が、それぞれの音を紡いでいく。数台の定点カメラから、、ピアノを奏でる姿を見つめる。出勤途中という養護学校の教師、孤児院で育ち今は建設現場で働く男性、E0178307_140618221
音楽一家に生まれ物心ついた時から楽器に親しんできたスーパーの店員、そして若いころ傷害事件で服役した男性。

ウクライナから恋人を追ってきた男性。ウクライナが恋しいけど、帰れないという。 ほとんどが行きずりの人だが、家にピアノがないのでここで練習する、という人もいる。  もちろん多くの人は暗譜で弾く。15366244551


 「音楽は自分の苦しみや悲しみ、すべてを忘れて無心の中で自由に心を遊ばせてくれるんだ」 という 人の言葉がここに来る人のすべてに共通しているように思う。Maxresdefault1
とくに夜中にこの番組を見続けたのは、この3月14日から行く予定だったドイツ、チェコ、オーストリア、音楽にあふれる旧ヨーロッパと言われる世界。 プラハはとりわけ音楽の都といっても良いほどの音楽が人々の生活の中に溶け込んでいる都。  そこに行けなくなったのは残念だが またいつか夢なかで行ける事でしょう。

2019年3月 3日 (日)

地域婦人会の集まり

Dsc_5560朝から冷たい雨、3月3日なのに。雛飾りもあでやかな地域婦人会の集まりがあった。 腹話術の要請があったので休めない。

地域の「婦人と子どもの幸せにために」 さまざまなイベントや活動を行っている会。私はほんの少し顔を出すだけだけど、「うたごえ喫茶」などの文化活動もも毎月1回だが160回も続けているという。Dsc_5561
しばらくぶりに会った友人などから、近況を聞かれ、体調をいうと、「胃カメラを飲むときは 精神安定剤を注射してください、といったほうがいいわよ」 とか、 「白湯を15分ほど沸かしてから朝晩飲むといい」 と 色々なアドバイス。

さて、私の腹話術。ここのところの胃痛で練習はほんの少し・・・というのは言い訳にならないが・・・。 まず 人形のスカートがほつれていてずり落ちそう。 直前に気づき、あわてて安全ピンを持っている人をさがしてもらう。人形を立たせたが、高齢のおばあちゃん設定にも関わらず、立たせてのおしゃべりはどうだったのか?  私の左手が遊んでいるのにもかかわらず、おばあさんの手をまったく動かさなかった。   などなどの反省。  場数を踏んでるつもりでも、反省することしきり。Dsc_5567

終了後はまだ行事はあったが、急いで帰宅してベッドイン。 どんどん痛くなってくる。 この痛みはやはり疲れか。  家人より ドイツ行きはキャンセルしたとの話。 ホッとして 夕食を少しだけ食べるも 他になにもする気にならず またベッド。  夜半にまた頓服薬。  いつまでこんな生活が続くか 。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

2019年3月 2日 (土)

山谷ブルース

今日は「うたごえ喫茶」に参加。 昨日ドラマフェスタの会議に出たが胃痛のため50分程度いただけで中座。夜中まで悶悶。  しかし、今日はなんとか立ち直れたので「うたごえ喫茶」に。    さて、今日歌ったこの歌。50年も前、日本が高度成長期に向かって経済成長していたころドヤ街には立ちん坊とよばれる非正規労働者であふれていたころの歌。  しかし、今 働く人の4割を超える非正規。 あのころと何がかわったのだろうか。

フォークの神様と言われる 岡林信康の映像動画がいっぱいあるのだが、不思議なことに5番まで歌った動画はこれだけ。 映像がなくてさみしいけど我慢して。

2019年3月 1日 (金)

腹話術台本 お茂さん

今日は3・1ビキニデー。 ずっと心にとどめたい日。 そして今日の誕生日の花は ハハコグサ。花言葉は いつも想うやさしい人。  さて、3月になり腹話術の台本を書かなきゃ。Yjimage4

 お茂さん  ②        2019,3,1

私 ○    お茂さん △

 みなさま、こんにちは 春まっさかり 花の3月、うきうきしますね。

さあ、今日の私の友達はごらんのように おとなりのおばちゃん、お茂さんです。

お茂さん、 ごあいさつして。

  みなさん、こんにちは あたし お茂。 よろしく

 おしげさん、今日はおしげさんのラブストーリーをきかせて。ずいぶん男を泣かせたというはなしじゃない?

  そりや、あんた、立てば ひしゃく、座れば ハボタンといわれたわたしだからね。

  へええ、たとえば どんな人がいたの?

 女学校のとき、近所に男子校があってさ、ちょつとしたことで知り合った子がいた。手紙をくれるやら、ブローチをくれるやら。 でも、あたしゃ、お付き合いできませんといったら お星さまになって天国へ行ってしまった。

 おしげさんに振られて北海道へ行った人もいたんだって?

 ああ、でも親があの人は甲斐性なしだから、つきあっちゃだめ、というんだ。

親の言うこと聞いて、つきあわない、といったら 北海道の山奥へいってしまった。

 そのあと、山奥で「くま」とつきあっているという話が新聞にでていたんだってね。

 で、そのあと惣治さんという人と見合い結婚した。

 仲人がね、掃除もするし、料理人だから「くいっぱぐれ」はないし、イケメンだよっていうから結婚した。

 うまくいったんでしょ。

 でもさ、その人愛人がいたんだよ。いつか手紙が来たからだんなに内緒で開けちゃった。

 へえ、それでどうしたの?

 どこどこであいましょ、って書いてあったからあたしや その場所に花を持っていったね。

 ええっ、 花を??

 ヒヤシンスだよ、あたしや、おくさん、あんた 頭をひやしなさいってね。

  戦争中はどうしていたの?

 だんなは戦争に行った。 あの3月10日の大空襲。 三月の赤ん坊をしょってにげた、逃げた。

 ああ、そのときね、イケメンに声をかけらた。

 奥さん そんな荷物 背負っていてはにげられない、はやく荷物 捨てて逃げるんだ! あたしゃ叫んだ!!

 これはあたしの赤ん坊、捨てられないよ。

 火が収まって家に帰った。 家はまるやけ、ひな人形もなにもかも丸焼け。戦争はこりごり。 ○ 頭痛、かたこり、戦争 こりごり 。ありがとうございました。

※ 時間があれば  クイズ ○ 桃の花は魔除けを表すといいます。ではあのおひなさまにかざるひし餅。赤、白、緑 ですが、 どんな意味があるのでしょう?

答え、 赤は厄払い(桃の花の色) 白 清浄(清純)、緑 健康

 

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »