無料ブログはココログ

リンク集

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月31日 (金)

第13回 歌おう会 

Dsc_6492 Dsc_6494 Dsc_6496 Dsc_6498 今日は公民館歌声。 昨日の疲れで体調はすこぶる良くないが、アコ伴奏が出来ないほどではない。昼過ぎには会場の装飾担当の人が来て、自分の家の花々、と我が家のアジサイを集めに来た。  鉢植えの紫の小さ目のアジサイがよく咲いている。 アナベル、柏葉アジサイ、 ピンクのガクアジサイなどをカット。  公民館会場は5月の花々でいっぱい。Dsc_6494さて、本番の「歌おう会」。 ポスターはスタッフの家と公民館には1枚。あとは友人、知人などへのちらし、近隣にはほんの少しの宣伝でどのくらい来るか心配だったが、 63人の入場、 スタッフは12人で観客、スタッフとも過去最大の人数になった。Dsc_6496

前半は ピアノ伴奏で 王将、東京だよおっかさん、 りんご村から 、瀬戸の花嫁の替え歌で減塩の花嫁、など 14曲。 間に 15分の休憩、 ピアノソロ、フルートソロ、日本舞踊 ・・河内男節などが入り、 後半は 私のアコ伴奏で 12曲。 最後は アコ、ピアノと合奏で 「今日の日はさようなら」の合唱。  みなさん、いちように楽しかった、また来ますね、と口ぐちにいいなら、お別れ。Dsc_6496Dsc_6498

スタッフの反省会。 このような選曲、流れで良かった、年3回やってほしい、との声もある、と言われた、ま、それはもうすこし考えましょう、との話で次回は10月31日。今度は1階の大会議室。 何人入ってもいい所だから大変!! などと笑いながら解散。 私は目がくしゃくしゃになりながらもなんとかやりおおせた喜びに浸っています。

2019年5月30日 (木)

モコモコ公演と今日マイガーデン

Dsc_6484 Dsc_6486 Dsc_6490 今年度初めてのモコモコ学校公演。 3階教室までの運び、夏日のぶり返し、などでけっこうきつかったが、子どもたちの喜ぶ声が公演時、毎分」 のように驚き、面白さの声が伝わってくる。 この瞬間のためにモコモコはある、と思える時間を過ごすことが出来た。  ① マーチング・マーチ  ② げんこつ山のたぬきさん  ③ 森のくまさん  ④ ジャックと豆の木 の影絵の演目。 次は子どもたちがかげえをつくるワークショップ。  慣れない手つきでも、モコモコや 学校支援者の指導を受けながら一所懸命作成。 早く作った子は 「もう1回 作りたい・・・」 といいながら、スクリーンの後ろに回って映している。  終了後、私は少々熱中症気味。 エアコンもなく、締め切った部屋での 公演。 仲間やスタッフがアイスノン入り手ぬぐいをさしいれてくれたり、  ポカリスエットをぐいぐい飲んで、なんとか落ち着いた。Dsc_6472 Dsc_6474 Dsc_6475 Dsc_6477 Dsc_6479 Dsc_6480 Dsc_6481 Dsc_6469 Dsc_6468

今日の主催は 学童保育とは別に放課後の子どもたちの居場所つくりの学校支援者たちお母さんの集まり。 行政の支援も多少はうけているという。

さて、明日の「歌おう会」にむけて、せっせと育てた 花々。 ムラサキ色のコアジサイ。 白いアナベルという種のあじさい。 柏葉アジサイ、 ピンクのガクアジサイ これらは明日のj会場を飾る。 その他、紺色のグラニチカ、 ピンクの可愛い花 カタバミも咲いている。

ガクから、花が跳び手ているのは 「隅田の花火」という。

池の睡蓮もさいた。

 

「歌おう会」開催 (^0_0^)

Email023   明日、近所の公民館で サラダボウル主催の 歌声喫茶があります。

御用とお急ぎで無い方はぜひ、おいでくささい。

クリックするとはっきり見えます。

2019年5月29日 (水)

5月ボランティア5回目と サヘル ローズ

今日の「ボラ」は 隣の市で、初めてのところ。 なぜか、友人がわが市の包括センターから隣の市の介護施設を紹介され、ヘルプの声がかかったので3人で特養ホームの訪問。 デーサービスと違って、もっと「認知」の進んだ人たちか、と思っていたらそんなことはない。しっかり歌詞カードのページもめくっていたし、歌はこれまた大きな声で楽しそうにうたっているのが聞こえてくる。

C4ca4238a0b923820dcc509a6f75849b9730x410 プログラム ① 語り  ② アコ伴奏で歌 9曲 ③ 紙芝居・・まぶたの母   ④ フルート独奏 愛さんさん・アメージンググレース・・・これまた、利用者さんが大きな声でハミングしているのが聞こえる。  ⑤ 最後は腹話術・・・人形が話すと笑ってくれ、お弁当を創るときも大きな笑顔。 最後は人形と握手、握手。A87ff679a2f3e71d9181a67b7542122c131

さて、NHKの深夜便放送をお聞きになった方はご存じだと思うが、「サヘル・ローズ」 さんという現在は女優、タレントを忙しく活躍している人の話を聞いた。 彼女はイラン人。戦火で両親を亡くし、児童養護施設にいたときに、今の「母」と知り合い、彼女が8歳の時に、知人を頼って日本に来た。 それからは「母」は苦労の連続で公園で寝ていた時も食べるものが何もなかった時もあったという。 巡り巡って今はタレントとして活躍している。 イランがどんなに豊かな国かということを話してくれた。イランは 「バラの国-花の都」という。  花があふれ、お父さんは仕事から家に帰るときには 毎日のように花屋で花を買って家に帰るという。E4da3b7fbbce2345d7772b0674a318d5141  バラの香りの香水はずっとフランスに輸出している。  花の球根類はイランの特産品。  核開発、 アメリカとの緊張 など砂漠国家で中東の火種になりかねない、と思われているイラン。 彼女の話を聞くと どこにでもある隣人たちの国 と同じ。  まさか、このような国と集団的自衛権をお盆にのせて、一戦を交えることなど絶対にありえない。

2019年5月28日 (火)

赤い靴

この歌については、実在の女の子がいたとする説は有力だが、この野口雨情の詩の出所については諸説ある。 一説に「雨情」の社会主義的ユートピアの挫折 という説もあり、興味深い。 こんな謎めいた「赤い靴」。アコサークルで陽だまりコンサートにむけて合奏する。 はて、彼は何を言いたかったのだろう。 かの女の子は結核のためにアメリカには行かずに東京の結核療養施設で8歳で亡くなったというのも事実らしい。 さて、今日のモコモコ曜日。 明後日の小学校訪問のための特訓。 私はパンコミュニケーション、近所に2軒、公民館の事務所、そしてメンバーへのおもてなし。 「フラワーコミケ」は白バラ、ピンクバラと2軒にお渡しできたのがうれしい。 。

続きを読む "赤い靴" »

2019年5月27日 (月)

5月ボランティア 4回目と・・。

Dsc_6460Dsc_6458 猛暑日が続く。 庭のアジサイ、鉢植えは勿論、地植えのアジサイでさえ、2・3株はお日様の光にうなだれてしまう。 朝晩の水やりは欠かせない。 今週金曜日の公民館うたごえにはどの花を持ってこうか楽しみ。 Dsc_6455 ユリが豪華でいいと思っていたけど、まだユリはつぼみを付けた程度。 どこぞの素敵な人にあげられるといいな。Dsc_6455Dsc_6456

みて、ください。このアジサイ。朝はこんなに元気なのに、昼はこんな。Dsc_6456

 

 

Dsc_6458

 

 

 

 

ともあれ、ジャスミンの花も元気に咲きだした。

さて、今日は定例で行く介護施設の最後のボランティア。  アコ伴奏は11曲。 北上夜曲、がすこしオロオロ、誰か故郷を想わざる、の前奏もまたスムースではなかった、と反省。プログラム②は 日本舞踊 「剣山」 きりりとした男踊りにみなさん、釘づけ。Dsc_6463 Dsc_6464 Dsc_6466

プログラム③ はピアノソロ ドビッシー、  トルコ行進曲の2曲。さすが、さすがプロの腕前の布の良さ。迫力に聞き惚れる。

プロぐらム④は「お弁当箱」の腹話術。 人形のかわいい~~、と声に気を良くし、お弁当箱に次々と野菜をつけていくときのみなさんの笑顔が忘れられない。 Dsc_6466ちょうど、ホワイトボードと同じ大きさ。  「こりゃ、大きな弁当だ」 の声に、「ここにいるみなさん全員でたべてもいいくらいの大きさですね」にうなづく人も。

 終わった後に職員さんが 「お弁当箱の手遊びをやっていた。

2019年5月26日 (日)

北海道で39度C (@_@;)

292651 まだ5月、五月晴れのさわやかな風を感じる晴天のはずが、猛暑日。 我が家も遅ればせながら、6台の扇風機を出した。 私の部屋は北側なので、普段は卓上扇風機で間にあうが・・・。

朝、水やりをたっぷりした。野菜を洗ったり、手を洗ったりする水はバケツにためおき、庭の花々にやる。 めったに水道水は使わないが、こんな状態では明日からは水道放水にしなければ、庭の花木は持たない。 どうしてこんなに高温に?  あたりまえだけど、産業革命以降の人間活動のおかげだけど・・。Yjimage4 Large1

それにしても、温暖化対策は世界の課題。 気候変動の影響を最も受ける小さな国々やベトナム、フィリピンなど中規模国でつくる気候脆弱(ぜいじゃく)国連合は、1916年のCOP22で、30~50年に再エネ100%にすると決め実現をめざしている。参加国は世界の約4分の1になっている。Large2Large2

 日本政府は、温室効果ガスの削減目標は、30年度に13年度比で26%減と設定。これは国際的な基準である1990年比に換算すると、わずか18%。、「産業革命時から比べて2度低減」目標の達成もむずかしい。2030年目標は90年比で40~50%削減としなければ、日本は脳内化石国になってしまう。Kyodo_satsujin_mousyo_011

 政府は閣議決定したエネルギー計画は、原発や石炭火力発電を推進し、再エネ普及に後ろ向き。温室効果ガス排出が多い石炭火力発電では、30基もの新規建設計画を許可。 世界の批判の的になっている。Img031 原発優先政策が再エネ普及の障害になっている。 九州電力が原発4基を再稼働させ、、太陽光発電はストップさせるなど、世界の流れに逆らった流れにあきれる。 農産物への影響も大きい。 水不足は勿論、例えばりんご。 写真のように高温化によって色がつかなくなるImg071

2019年5月25日 (土)

本・埼玉にもなにかあるはず

Yjimage2Yjimage2_1 Ddt8bewuaaaiedh1 この本を読んだ。さて、ここに住んで44年、知っているようで知らないことが多い、と反省しながら。つまりは県だけでなく、日本を知ることにもなるのだ、と大げさに考えた。たとえば、 「さきたま古墳公園」 武蔵の国のなかでも最大規模を誇る。 丸墓山古墳は日本最大の円墳。 公園のそばには「のぼうの城」の舞台になった忍城もある。 ここの稲荷山古墳の頂上から、2基の埋蔵施設が発見。 その一つからは数々の副葬品、あの国宝金錯銘鉄剣も発見された。 ここでは、はにわつくりも体験できる。3fb2d80c8a24e65943cde1029a57f7da1

川口、かって鋳物で栄えた川口には豪商の大正時代にたてられた豪華な洋館、旧田中家住宅も見もの。 100年以上前に建てられた「大泉工場」と石造りの洋館。日本庭園などは昭和初期のロマンをさそう、という。

三峰山神社・・ 三鳥居というめずらしい鳥居、守り神はオオカミ。本殿の祭られているのは「国生みの神様」と言われる イザナギノミコトとイザナミノミコト。この神社を創建したといわれるヤマトタケルノミコトの巨大な像もある。 そのむかし、日本武尊が道に迷った時に オオカミが案内してくれてこの地を平定したということも書かれている。  ここの名物として、くるみそば、わらじカツ丼、味噌田楽 なども楽しめる。201803242111211

まあ、こんなで行田のハスは出てこなかったような気がしたが、埼玉探訪にはかなりお勧め。 自分の所在地で自分好みのこんな探訪本を作ってもいいな、と思えるやさしい目線の本。   おすすめ ( ^)o(^ )

さて、今日は友人宅を訪問するにあたって、白バラ、ピンクバラを持っていくことが出来た。 このあつい時期、パンコミュニケーションより、フラワーコミュニケーションが役に立っている。(*^_^*)

 

 

2019年5月24日 (金)

那須高原

Dsc_6422 医療生協のバス旅行に参加。 那須高原に行く。 深緑と新緑、バスからながめる田園風景のみずみずしさ などにいやされて、多少の遠距離も気にならないほどの異空間体験、バス内では地域のひとたちとの和やかな交流ができてとても充実した一日だった。ただ耕作放棄地らしきものもまま、見受けられ、心さみしい思いもしばし。   まずは那須与一を祭ってある 那須神社に参拝。 さすが、高原だけあって、夏日の予報でも風はさわやか。  昼食は「お菓子御殿」 での昼食。 その名の通り、 那須ブランドのお菓子が ずらりとならび立つ。 Dsc_6420  私もお世話になったあの方やお見舞いもかねて 「御用邸の月」 となぜか名前をつけた饅頭を買う。 外側はケーキフワフワ、中はクリームタイプで 名前には多少の抵抗があるが、中身がおいしいからまあいいか、と。  次は八幡南Dsc_6423 の つつじ群生地。

Dsc_6424Dsc_6430Dsc_6431Dsc_6432

 

 

 

 

 

Dsc_6428

 

 

 

 

次は那須オルゴール美術館。 入場料金 1000円、ちとお高いが内容はとても充実。 実用オルゴール館としては今まで私が見た中では、最高の品ぞろえ。

 

 

Dsc_6430 Dsc_6431 Dsc_6432 Dsc_6451 Dsc_6434 Dsc_6436 Dsc_6440オルゴールの起源は14世紀ごろ、自動的に鐘がなるように工夫されたものと言われる。 19世紀にはシリンダー式のオルゴールが制作され、フランスの上流階級で珍重された。  その後 ドイツでディスク式オルゴールが考案され、1台で何曲もの音楽が聴けるようになった。 現在、私たちが聴いているCDもこのような歴史の上になりたっているのだと思うと先人の知恵に感謝、感謝。

右のオルゴールはパレル式オーケストリオン、通称ジャズバンド といわれるもの。 まさに現代のジャズをオーケストラが奏でるような繊細で迫力ある音色を奏でてくれる。 時間によってはスタッフがオルゴールの音色を奏でながら歴史の説明をしてくれるし、自分だけのオルゴール制作のワークショップもあるので時間を見計らっているのも楽し。色々はオルゴール館に行ったが、ここは私の知る限り最高に充実しているように思った。

最後はチーズガーデンにお立ち寄り。友人たちにチーズケーキのお土産、自分へのご褒美に小さなピースなのに、1300円もするチーズを買い求めた。家に帰って食べたら、普段味わえないおいしさ。 買って良かった。Dsc_6451

バスからの夕焼けも最高 (*^_^*)  良い一日でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年5月23日 (木)

三角の部屋

Dsc_6414 絵本 「三角の部屋」 を読む。  3世代同居のある家族の物語。 祖父が静かに息を引き取った。 主人公の女の子は祖父が肉体的になくなっても、どこか空のかなたにいるような気がしている。 祖母は日増しにうつろに弱ってく様子に、女の子はやさしく寄り添う。 あるとき女の子は祖父の部屋で祖父と対面する。 「おじいちゃんはずっと私たちをみている」 事を確信する。  祖母も祖父が亡くなっても共によりそっていることを おぼろにもわかっている。 女の子はそんな祖母を信じるが他の家族はぼけたとしか見ることが出来ない。 祖母は祖父と共に異界へと旅立つ。Dsc_6416

家族の中で自然に起きることが淡々と自然に営まれている。 私もこんな風に静かに行きたい、と思える絵本。Dsc_6415

さて、終活の一つかもしれないけど、3年間手塩にかけて育てた リュウゼツランの一種、ユッカランを4株を公民館に寄贈。 _tm_ryuuzetsuran_kimigayoran1 20年後くらいには見事な花が咲くと思うが、私の生きているうちに見れない。 そう思うと今のうちに他家に渡しておこうと思った次第。 でも、そこはかとなくさみしい気分は否めない。 このように巨大はスズランのような花を思い起こしながら育ててきたし、 私のブログにも何度かアップしてきたから。_tm_ryuuzetsuran_kimigayoran1

2019年5月22日 (水)

5月ボランティア 3回目

Dsc_6400 Dsc_6407 今日で今月3回目のボランティア。アコも大分慣れてきたが、歌詞カードの事でミスプリを指摘されたときは、動揺して 前奏を間違えてしまった。 でもまあ、「誰か故郷を想わざる」の前奏はまあまあだったから 良しとしましょう。

今日も3人。 歌伴奏は全部で30分、9曲。琵琶湖周航の歌、見上げてごらん夜の星を、若者たちを 飛ばして 最後は「黒田節」で締め。

プログラム②は日本舞踊で 「河内男節」。 観客の声が、「うまい、うまい」 という声がきこえたので、「そうですよ、あの方はお名取さんですから」 というと「そうでしょ、そうでしょ」 との返事。Dsc_6412 Dsc_6411

プログラム3は フルート独奏、 浜辺の歌、おぼろ月夜、アメージンググレース、野ばら、愛の讃歌。  「アメージング」では、男性がずっと最初から最後までタクトを振るマネ、 「愛の讃歌」では、これまた男性が「ラーラララ ラー」をかなり大きな声でずっと歌っていた。

プログラム4は 例によって 今月の定番 「お弁当箱」。 お弁当箱に野菜を一つ一つつけていくところは興味深そうに一斉に弁当箱に目をむける。 この台本を使って良かった、と思った瞬間。 さて、これで 今月ボラ、半分終わり、 あと3回、気をひきしめていこう。Dsc_6411

庭の変化がうれしい。 黄色バラが咲き、アジサイが色づいた。  柏葉アジサイの葉の大きさにびっくりしている。ユキノシタがきれいに咲きだした。Dsc_6413 Dsc_6408

2019年5月21日 (火)

クリムト

日本とオーストリア国交開始150年を記念して、さまざまな展示が催されている。 18世紀の啓蒙思想の芽生えからクリムトをはじめとするウイーン・モダニズムが生まれた。  クリムトといえば、乳首とおへそがでた官能的な女の人の絵しかしらない。 当時の欧州美術はフランス中心の印象派が中心。 「芸術に自由を」の旗印をかかげたクリムト。   日本美術・浮世絵、琳派、蒔絵などの衝撃がその芸術性に大きな影響を及ぼした。 先にあげた 「ユディト1」 や 「女ともだち」は日本へのオマージュを表しているといわれている。  なるほど、なるほど。

続きを読む "クリムト" »

2019年5月20日 (月)

5月ボランティア 2回目

Dsc_6384Dsc_6389

今日の「ボラ」はピアノ先生、日舞の人との3人。 アコ伴奏は40分の時間をもらったが、11曲。 ページめくりや歌の説明に時間がとられたかな。 「誰か故郷を想わざる」 はけっこう練習したつもりなのだが、前奏でつまづく。 本番ではどうもうまくいかない。 反省、反省。 でも、こうして皆さんが笑顔で 大きな声で歌ってくれていることをみると、毎度のことながら、アコーディオンを続けてきて良かったと 演奏しながらでも思う。

プログラム ②は日本舞踊 隅田川慕情。 異色の世界にみなさん、しっかりと目をすえてみてくださる。

プログラム ③ ピアノソロ ドビッシーのアラベスク。 静かで私にはむずかしい曲。 二つ目を眼のさめるトルコ行進曲。  先生だからあたりまえといえば当たり前だけど、こんな素晴らしい曲をいとも軽やかに弾きこなす人がいるのに、私は 「誰か故郷を想わざる」 位でアタフタしているのが恥ずかしい。Dsc_6398

プログラム ④ お弁当箱の腹話術。  人形がでていくだけで 「おおー、あらっー、」 の笑顔。 大きなお弁当つくりにみなさん大きな笑顔。 「手作りでしょ?」 の質問に 「はい、そうです」 と胸をはる。Dsc_6377

今朝の体操のときに見上げた エゴノキの花。 可愛い真っ白な花を地面にいっぱいちらしてまるでお花畑のなかで体操をやっているような気分。 近所の「ヒルツキミソウ」 は毎年、コンクリートの割れ目から元気に咲いている。 クリックするとはっきりきれいに見える。Dsc_6380 Dsc_6380

 

 

 

 

2019年5月18日 (土)

むすび座 アラビアンナイト

Yjimage2 むすび座のアラビアンナイト を観た。 さすが、50年の伝統をもつプロ劇団。  躍動感たっぷり、大胆な発想で大人も子供も見る者を圧倒させ、魅了する。 人形は写真でみるように人形浄瑠璃形式。 役どころによって、一人、二人、三人遣い、なかには4人遣いの人形まで登場する。 ミュージカル場面、白布をはためかせての 「見立て」。  さまざまな技術を取り入れての場面は隣に2歳くらいの子もいたが、飽きさせない。Yjimage3 Yjimageakup5afq Yjimage3

ストーリーはランプをこすれば魔人がでてきて願い事がかなう、悪者と若者の取りあい、というのもおなじみの設定だが、 本当の幸せとは何か、生きるために必要なものは何か。Dsc_6367

きびしい世の中を幸せに生きていくためには、一人の強大な力ではなく、沢山の仲間とこそ幸せに生きていける、 というメッセージがそこはかとなく伝わる傑作。

いやあ、人形劇は子供だけのものではありません。 大人も十分楽しめるエンタテイメントに進化しています。  今回のスタッフは楽しくアラビアンチックの衣装をきてのスタッフ。Dsc_6363

2019年5月17日 (金)

5月ボランティア 第1回

Dsc_6338 その月初めてのボラは緊張するのに、それに見合った練習がイマイチ、といつも反省しながらのぞむ。 案の定、凡ミスあり、「誰か故郷を想わざる」はいっぱい練習したつもりなのに、スムースに行かなかった。  しかし、ここの介護施設はみなさん、本当に笑顔と拍手であたたかく迎えてくれる。 今日はアコ伴奏 12曲。 5分前に予定よりはじまったので、 歌伴を40分やったことになる。 それでも、プログラム ②の  大正琴で 「瀬戸の花嫁」、「 荒城の月」 を演奏したが、みなさん、このときは歌詞カードもないのに、よく 歌ってくれた。Dsc_6356 Dsc_6358

今月の腹話術は 「お弁当をつくろう」。 スタッフの方もおどろくほど みなさん、掛け声えお共に お弁当の野菜の貼り付けを見守り、手遊びのばっちり。 一番盛り上がる時間なので、 腹話術はやっぱりやめられない。 人形が口をきくたびに 「可愛い、かわいい」 の声が聞こえる。Dsc_6359 Dsc_6360

いつもとちょっと違う腹話術だったので、心配だったが、この反響のよさに気をよくして、あと4回の介護施設訪問はこの手で逝きましょう。Dsc_6360 Dsc_6362

今日も夏日。ボラから帰ると水やりが欠かせない。 今、ミニダリアが咲き、ウメモドキの花が満開。 カルミアも一番きれいな時期をむかえた。

 

 

2019年5月16日 (木)

バラと飛行機と

Dsc_6332Dsc_6337 我が家ではもうハイビスカスが咲いた。 バラも数種。 アジサイに比べれば、数は少ないけど、そこはかとなく 庭に佇んでいる。

Dsc_6336

 

Dsc_6330

2019051601_01_11

 

 

さて、今日の話題。 去年12月、今の政権が アメリカの要求どおりに 105機の追加購入を決めたF35ステルス戦闘機。 F35Aは一機116億円。

定員90人の認可保育所 1ゖ所あたりの国庫負担が1億2000万円。 この飛行機1機分で 90ゖ所の認可保育所が出来る。

 特別養護老人ホームの定員一人あたりの建設費が1305万5000円。 これ 1機分で900人分の 特養ホームが出来る。

エアコン1教室当たりの設置費用は約290万円。 猛暑の続く夏、小中学校へのエアコン設置は特に望まれている。 これ1機分で4000教室にエアコンを設置することが出来る。

アメリカ政府監査院は最新の報告書で未解決の欠陥が800件以上のあるとしている。

10機、買うのをやめただけでも、どれだけの笑顔が日本の空をおおうことだろう。

2019年5月15日 (水)

沖縄が日本に返還された日

Fc_photo011       今日は沖縄の本土復帰の日。

 沖縄のデニー知事は「米軍統治下の沖縄は日本国憲法の適用もなく、県民は筆舌に尽くしがたい苦労を重ね、基地のない平和で豊かな島・人権尊重・民主主義を求め続けて、ようやく祖国復帰を勝ち取りました」と、述べた。Fc_photo021

 「復帰以降の沖縄は、先人たちの努力で社会資本整備は発展、観光産業が大きく成長するなど、自立型経済のための成果が出てきた。 しかし、「1人当たり県民所得は全国の7割、全国一高い非正規雇用率、子どもの貧困など、社会問題も顕在化」している。Fc_photo021 Fc_photo031

 今もなお、沖縄県に日本全体の約7割の米軍専用施設が集中し、2月の県民投票で名護市辺野古の米軍新基地建設の埋め立てに反対する民意をに反し、日本政府は、建設工事を強行。

「おめでとう!!」 といいながらも、残された課題はあまりにも大きい。

それにつけても、2018年6月 アメリカの国務省が公開した資料には目をむく。  ここには辺野古基地での核貯蔵庫などの使用すら日本政府は合意している。

 「米国務省はこのほど、1969~76年までの日本に関する外交文書群を公開。Fc_photo071    キッシンジャー米大統領補佐官)はニクソン大統領に宛てたメモ(69年3月12日付)で、沖縄の基地の価値は「自由なアクセスや自由な使用に、法律や外国政府による制約がない」。 その上で、沖縄が日本に返還された場合、最も影響を受けるのが(1) B52戦略爆撃機のベトナムへの出撃   (2)  核貯蔵―であり、「沖縄の核貯蔵庫を失えば、太平洋における核能力を低下させ、柔軟性が減少する」。  統合参謀本部議長 は沖縄への核貯蔵の継続を要望している」。

 これらのため、キッシンジャー氏は(1)緊急時における核貯蔵権と核の通過権(=核兵器を搭載した米艦船・航空機の寄港・飛来) (2)朝鮮、台湾、ベトナムへの「事前協議」なしの出撃の自由を、日本政府が公式に保証する―ことなどを提案。Fc_photo121

 ニクソン大統領と佐藤栄作首相は69年11月21日、緊急時における核兵器の再持ち込みと、嘉手納、辺野古などの核貯蔵庫を常時使用可能な状態に維持するとの密約に合意。  佐藤氏は朝鮮半島への自由出撃を容認するなどキッシンジャー氏の提案どおりになった。

 沖縄は60年代の祖国復帰運動の高揚により、アメリカは沖縄の施政権を返還。 Fc_photo121Fc_photo081

沖縄復帰、47年、とはいっても日本はアメリカの核の傘にかわりなく、その芯棒をにぎるのもまた沖縄。 わが市とて、基地の拡張工事の中で、有毒物質を大量に含んだドラム缶が、アメリカ軍の置き土産が発見された。 県 はその出所を調べもせず放置したまま工事をすすめている。地域の安全をこのままにしていいはずがない。本土に住む私たちは沖縄と、呉越同舟です。

沖縄の代表花、 上から ハイビスカス、ブーゲンビリア、サンダンカ、デイゴ、プルメリア、 月桃。

2019年5月14日 (火)

光と影の世界

Dsc_6322 母の日に息子からもらった藤城清治の本。  今日はモコモコの日なので、メンバーに読んでもらいたくてサークルに持って行った。  メンバーにきいてもらったところは次のところ。

「地球上にはいろんな生命がある。花も木もみんな生きている。僕はかげ絵を作っているのではない。地球上のあらゆる生き物の生命の尊さを描いているつもりだ。 だから僕は、自分の人生や生き様を描いているいるということになるのかもしれない。それが僕の影絵なのだ。Dsc_6324

影絵の美しさは、黒と白の中にその原点がある。黒の美しさや光を透かしてできる階調(グラヂュエーション)の美しさの原理を知らずに、いきなりカラーの作品から始めようとすると、必ず色に幻惑されて、バランスのくずれた失敗作になる。黒と白のグラヂュエーションの中にしか、影絵本来の象徴美はない。」

Dsc_6327 Dsc_6327 モコモコはすべてカラー作品になってきた。この言葉を肝において、今後作品を作って行かなければ、ということもメンバーの共通認識になったと思う。

そして、また 彼はいう。 「カラーの影絵を作りはじめると、黒白の時には気づかなかった逆光の美しさ、本当の生の光の美しさを感じた。」  かくして、彼はこの基本スタンスがあったからこそ、カラー・グラヂュエーションの極致を生み出したのだ。Dsc_6329

「くらしの手帖」の花森編集長とのタイアップで腕を磨きあげ、メディアの寵児にもなり、ケロヨン時代ころから その経済力、経済観念、経営者意識が 少し私たちは彼から距離をおく部分もあったが、今はこの冒頭の言葉のように磨き上げ、洗練された影絵マイスターとしての堂々たる地位を確立した藤城清治さんに、私達アマチュアは敬愛の念をもってその跡をかすかでもたどりたいと 念願している。

クリックすると大きく 鮮明にみえます。

 

2019年5月13日 (月)

日本の民話 沖縄編

Yjimagemfvcawkw ほるぷ社発行の 日本の民話 沖縄編を読む。これも民話の鉄則のように勧善懲悪型が底辺に流れるが、なにか明るい。言葉のこじつけというか、言葉の起源をさとしたものも多いのが特徴かな。

たとえば、赤ん坊がくしゃみをすると 「クスケー!!」 とこの島ではいう。英語でいえば、さしづめ 「ゴッド・ブレス・ユー」に近いかもしれない。 それというのも、とある幽霊がクロネコに赤ん坊の泣き声をまねて、狙いをさだめた赤ん坊を殺そうとした。しかし、人間があかちゃんとネコの鳴き声の間に 「クスケー」 というとクロネコの意図は崩れ去って赤ん坊は助かった。 だから、赤ちゃんがくしゃみをすると 「クスケー」 という習慣がついた。

余談だが、この「クスケー」といえば赤ん坊は助かる、ということを知った人は この幽霊とクロネコの秘密の会話をリュウゼツランの茂みの中に隠れて聞いていた。リュウゼツランは今、我が家に5株あるが、私の生きている間に花をみることはできない。だから3株だけにしてあとは捨てよう、と思っていたけど、こんな話を聞くとすてられなくなった。Yjimage10Yjimage10

すずめとカワセミの話。 昔、雀とカワセミは兄弟だった。兄の雀は17歳、弟のカワセミが15歳になった。雀はまじめで、いつも父親の手伝いをしたり野良仕事のはげんだ。弟のカワセミはぶらぶらして仕事もせずに、怠けてばかりいた。 二人はあるとき、都に奉公に行ったが、しばらくして父親が病気になったので、二人とも郷にかえることになった。雀はすぐに飛んでかえったが、弟のカワセミは都の華美な服装を着て帰ろう、と服をあれこれ選んでいたので 父親の死に目に会えなかった。 人々は「あんなに着飾って、いくら美しく着飾っても、心が腐っているんでは、だめだ」 と非難したので、カワセミは逃げていき、人里離れた谷川で暮らし、雀は人々のそばでくらすようになった。    この話はカワセミにはかわいそうだけど、雀への愛おしさから生まれたのだろうな。Yjimagew2l3kbkn

昔、琉球の王様が位につく時、支那から大勢の役人がやってくる。その役人のことを冊封使といい、それらの役人は1・2年の琉球にとどまり、占領者気分で無理難題を吹っ掛けることが多かったので、空手の名人で大男を「海神」に仕立て上げ、裏に回ってこっそり この役人たちを懲らしめていた。 役人は「海神」のすることなので、文句のいいようがなかった。

同様に、薩摩から琉球への無理難題にも とんちを働かせて、琉球には賢いものが多いから、やたらと戦争はしかけられない、と思わせた、という民話もある。民衆の知恵とロマンはいつの世も素晴らしいし、末永く語り継いでいきたいもの。

2019年5月12日 (日)

今日マイガーデン

Dsc_6321 Dsc_6306 少しずつ花が咲き始めた。 母の日に嫁さんから毎年アジサイを贈ってもらうのでおかげで、我が家はアジサイ(ミニミニ)屋敷にもうじきなりそう。 今日着いたアジサイは「万華鏡」という種類。花がグラヂュエーションのブルー、八重咲きの豪華な雰囲気をもつアジサイ。  バラも咲き始めた。 心配なのは 5月31日の 「歌おう会」にかざる花があるかどうかということ。 バラは終わるしユリもまだ。アジサイもまだだろうな。アジサイは今日、はじめて数えた。地植えが23株、鉢物が13株。 計36株。 花が終わってカットしなければならない時にそれをすてられないので、これだけ増えたともいえる。Dsc_6309 Dsc_6308

さて、今日は白のシラン、ミヤコワスレを一株ずついただいたので、北側の砂利道を削り、雑草防止用のシートをちょん切り、土を起こし、新しい土をいれて これらを植え付けた。 ミョウガの根っこもいただいたが、これまた植え付けるところに苦心惨憺。  北側窓の下にようよう植え付ける。

白っぽいピンクの花はオダマキ。 丈夫でどこにでもタネを落とし、再生するからすごい。  Dsc_6313

Dsc_6312Dsc_6310 Dsc_6296 Dsc_6310 Yjimage2 この見事な藤の花はすぐ近所のおたく。丹精込めて育てているのでパチリ。クリックするとはっきり見える。Yjimage2 母の日に事寄せて、息子からは 藤城清冶の「光と影の世界の本、 娘からは目録電話が届く。 誕生日と母の日はありがたや。

 

 

 

Dsc_6310

 

 

2019年5月11日 (土)

加治丘陵

Dsc_6267 Dsc_6264 深緑の治丘陵を歩く。 市の植生調査員と一緒なので、植物にはその道の専門家ともいえる人がそばで解説してくれるので心強い。

夏日にもなった今日だが、森林浴気分も十分楽しめた。

まずは左、ギンラン、そして右はキンランDsc_6292  Dsc_6260                                                       マルバウツギ

Dsc_6280

 

      フタリシズカ

 

 

 

 

 

 

 シロダモ  新葉がまるで花のように見える

Dsc_6295Dsc_6293

Dsc_6293  ハンショウヅル この時期にしか見られない可愛い半鐘のような花が咲いている

Dsc_6290   へらオオバコ  オオバコはよく見かけるが、このヘラオオバコはめずらしい。

Dsc_6286  このムーミン谷はあのトーベ・ヤンソンの雰囲気を良く伝えているし、今まで紹介した植物はすべてこの近辺。 西武のムーミン谷とくらべても そん色ない という人もいた。Dsc_6292 Dsc_6277   ヤブデマリ  花弁が蝶のような形ににているので可愛い。

このブログのよくわからないことだけど、ここに載せてある写真より、クリックして拡大したほうがより鮮明にはっきり見られます。

 

 

 

Dsc_6277

 

 

2019年5月10日 (金)

スカボロフェアー

来年の「陽だまりコンサート」の曲を模索している。 「鳥の歌」にしたかったが、かなり難しそう。 で、それは再来年の課題にして、次回はこの歌にしようかな。 サイモン・ガーファンクルは好きだし、曲も歌詞もいい。

続きを読む "スカボロフェアー" »

2019年5月 9日 (木)

腹話術台本 お弁当をつくろう

Yjimage3 11年余お世話になった腹話術の会、東京チャターズを退会。 体調や高齢のこともあった。これからは、自分で丹念に台本を検討し、観客の反応を確かめながら勉強していかなければならない。 忌憚のないご意見などぜひお寄せください。

          お弁当をつくろう ②

                            2019・5・9

      ○ わたし      △ みーちゃん  7歳

登場しながら歌う

○ ♪ おかをこえゆこうよ     △ ♪ くちぶえ ふきつつ

○ ♪ 空はすみ あおぞら   △ ♪ 牧場をさして

○ ♪ 歌おう ほがらに   △ ♪ 共に手をとり     ○ ランララララ ララララ

○ あ、みなさん こんにちは、いい季節になりましたね。深緑の季節、

  今日はみーちゃんが遊びに来たので、ここにもつれてきました。

△ わたし、みなみ、よろしく。 小学校1年生だよ。

〇 みーちゃんは7歳、このごろ口が悪くなってきて、ちょっと困っているんですよ。Yjimage1

△ バーバ、人の悪口を人前でいわないの、悪いくせだよ。

〇 はい、はい、ね、今日はいい天気だから公園に行ってお弁当たべよう。

△ わーい、でもさ、バーバ、途中でだれかに会うとなかなか公園にたどりつかないから困るよ。

〇 そりゃね、大人には大人の仁義というものがあるから、あいさつだけでは「あの人、冷たいわ」 といわれることもあるからね。

△ 仁義ってなに?

〇 たとえばね、ちょっといい帽子をかぶっていたりすると、「まあ、奥様、なんてすてきなお帽子なんでしょ、よくお似合いですわ」 とかっていうこと。

△ 帽子かぶっていなかったらどうするの?

〇 まあ、そのすてきなお洋服、お似合いですわ、センスが良いのですね。

△ 大人って難しいね。

〇 今頃、わかったか!! そんなことより、早くお弁当を作って出かけよう。

※ ホワイトボードにつけたお弁当箱を観客席の前に出す。

〇 これからお弁当を作ろうね。 さあ、お弁当箱をもってきたよ。 みなさんも良かったら、歌ってください。

※ ヘルパーが野菜をひとつずつお弁当箱につけていく。

〇 ♪これくらいの       △ ♪ おべんとばこに

〇 おにぎり、おにぎり     △ ちょいとつめて

〇 きざみしょうがに      △ ごましお ふって

〇 ニンジンさん        △ さくらんぼさん

〇 しいたけさん        △ ごぼうさん

〇 あなのあいたれんこんさん  △ すじ~の~ととうった ふき

〇 さあ、お弁当ができたね。  △ できたね。

〇 公園にいこう        △ 公園に行こう

〇 ありがとうございました。  △ ありがとうございました。

2019年5月 8日 (水)

ゼラニウム

Redgeranium1 今日の誕生花はゼラニウム。 以前 我が家でのよく育てたが、ある冬に全滅。丈夫な花だったが・・・。 ヨーロッパの庭先、窓辺などでもよく見かけた。 この花・茎のにおいが青臭いので、魔除けになると信じられていたからだという。 花言葉は色によって違うが、赤の場合、「決心」、「あなたがいて幸せ」、 などの言葉があるので、断然「赤のゼラニウム」が気に入った。Dsc_6257 Dsc_6256

午前中は公園の散策。 いいお日和なので、小学生や幼稚園児らしき子たちも野外学習を楽しんでいた。 チトンチットの芳香は人間の体をやんわりとつつみ、目には深緑がどこまでも見透すことができそうなほどに沈み込んでくる。  ピンクのシロツメグサの群生を発見。 かわいい!!Dsc_6257    午後は5月ボランティアの歌合わせ。 先月は2ゖ所で11曲のアコーディオン伴奏では足りない思いをしたので、今月は12曲を用意。 腹話術は「お弁当をつくろう」 をするので、歌リードさんたちに手伝ってもらわなければならない、その練習と 6月に難しげな歌 「雨に咲く花」をするので、その練習もすごし。Dsc_6258

ゴールデンウィークの10連休はどうだったかなどの反省めいた話題もあるが、こちとらは毎日を淡々とやるべき目標を「決心」をもってこなしている。 「あなたがいて幸せ」 と 空に向かって叫びながら (*^_^*)

クリックすると鮮明な画像が見えます。

2019年5月 7日 (火)

クリンソウ

11_1 今日の誕生花は クリンソウ。 どこぞの山で見かけたなぁ。 花言葉は 「もの想い」、「もの覚えがよい」、「幸福を重ねる」。 いいですね。もの覚えと言えば、アコーディオン歴9年にもなるというのに、いまだに五線譜の上下にはみ出した音符はすぐには読めない。 音楽音痴の私がどうしてアコーディオンに触っているのか自分でも不思議。 つまりは人が好きだから、人と関わりあいたいからボランティアが続けていられるのだな、とも思う。

 サークルの幹事などをやっていると 数々のクレームやお叱りを受けることがある。 このような時は「すみません」としかいいようがない。 しかし、同じサークルであるからには大きな一致点もあるわけだからそれにすがってやっていくしかない、と心につぶやく。Dsc_6254-2

  庭の「カルミア」が咲き始めた。 これから見事な花をつけるだろう。 ユリも間もなく咲く。 30株はある紫陽花もまもなく咲くだろう。 花にいやされる私は幸福を重ねている、と言える。

2019年5月 6日 (月)

ゴールデンウィークの終了

Dsc_6244Dsc_6241終わった、終わった と喜ぶのはちと早いが、ゴールデンウィークの終了と共に、この2ゖ月、 陽だまりコンサートから始まって、モコモコの新作台本の書き込み、サークル史のまとめ、、体操の会の会計報告閉め など気を使うこと満載の月日だった。  体操の会はごらんのように、深緑のなかで 心身ともにリフレッシュすることが出来るので、やめられない。   それらが今日でほぼ終了。   ファミリーともこの間、塾などで実家にくることが少なくなってきた孫とも一緒に過ごすことができたし、会計報告は3人がかりで半日以上かかったけど 終わった~~と空に向かって叫びたい気分」。Dsc_6246 Dsc_6246

さあ、これからは5月ボランティア、歌おう会の練習、「海の見える街」 来年のソロ練習などに集中したい。Dsc_6247

我が家のせまい庭には つぼみ一杯のバラ、 道路側のうめもどきの白い花、柏葉アジサイがこれまた大きなつぼみをいくつもつけ始めた。 タツナミソウもアジサイの影の下で息長く満開が続く。 福島の友人から大きなタケノコをいただいたので、とりあえず煮て明日から色々にして食べよう。  今日は久しぶりに爽快気分 (*^_^*)Dsc_6251 Dsc_6244_1

Dsc_6250

 

 

      Dsc_6250

2019年5月 5日 (日)

子どもの日

1206324d661 このゴ ールデンウィーク、部活の孫の一人を除いて3人の孫たちと過ごすことが出来た。 一般家庭に育った孫たちは幸いすくすくと育っている。今日の子どもの日にあたって、あらためて国連採択から30年、 子どもの権利条約を見つめたい。 子供の人口、日本は1887万人、世界では 約23億人。 このうち三分の二は 開発途上国。Kenri_211

子どもの権利条約  第一条・・・子どもとは 成年になる年齢未満の人。  第二条・・・ 差別の禁止・・どんな理由でも差別されず、条約の定めるすべての権利を保障する。 

第4・12・17条・・・自由に意見をいうことが出来、大人はその意見を子どもの発達に応じて十分に考慮する。

第 4,14,18条 他…生命、生存、発達の権利・・・命が守られ、その能力を十分に伸ばして成長できるよう支援をうけることを保障する。

日本は批准から 25年たったが、 虐待が増加、貧困は減らず。 日本の子どもの貧困は5.5人に一人(ユニセフリポート2017年より)  児童虐待相談対応数はこの30年で 120倍の13万件以上に上った。63_water21 63_water21

世界に目をむけよう。Lp_rohingya_01_sp1

「児童労働」は10人に一人 10億5200万人、 「教育」は 小学校に通っていない子どもの数は 約6400万人、「 人身売買、児童婚」 は世界の女性の5人に一人が児童婚を経験、  「平和」 ・・世界の子どもの4人に一人は 紛争、不安定な情勢下で暮らす。  「水」・・約 21億人が安全に管理された飲み水を使うことが出来ない。I001_21  「難民」・・子どもの難民1300万人 うちロヒンギャの子ども難民 50万人Lp_rohingya_01_sp1 Img_2d4f95be539665b7d616b1c4ede953c22305

など、等 宮沢賢治 「じゃないけど、「全体世界が平和にならない限り 個人の幸福はありえない」 とこの統計から改めて思い知った日。

2019年5月 4日 (土)

五大尊のツツジ

56853004_428465367919528_315891195239079 Dsc_6231Dsc_6231_1 Dsc_6231 越生の五大尊花木公園に行った。 盛りはすこし過ぎていたが、まだまだ見ごろ。 中山間地を利用しての花木公園。 見事な配置に一見の価値あり。 五大尊とは 5人の仏様を祭ったというところからこの名がついた。 ファミリーの有志と行き、それぞれが個人の嘆願をしっかりとおねがいしてきた。その功徳をかきましょう。Dsc_6226_1

Dsc_6231 1、 降三世明王・・・ なやみをとりのぞく仏様Dsc_6227_1 Dsc_6227

2, 金剛夜叉明王…縦横無尽に力がDsc_6224_1 ある仏様Dsc_6225_1

3、不動明王・・・ 勝負必勝、 立身出世、 商売繁盛の仏様Dsc_6225

4、 大威徳明王・・・ わざわいを及ぼす敵を降伏させる仏様Dsc_6226 Dsc_6220_1 Dsc_6226

5、 軍荼利明王・・・病気・事故等をとりのぞく仏様

家路についた直後にものすごい雨と雹、かみなり おどろきましたね。 ここではとても ぼやけて見える写真ですが、クリックするとはっきり見えます。

Dsc_623956853004_428465367919528_315891195239079 Dsc_622556853004_428465367919528_315891195239079

2019年5月 3日 (金)

幸せを追い求める権利

Dsc_6213 と、まあ大仰なタイトルをつけたのは、今日が憲法記念日だから。  憲法記念日にせっかくだから 一つの条文位は頭にとどめましょう。たとえば 憲法 13条・・・ [すべての人々は、個人として尊重されます。 法律をつくったり、政策を行う時には、社会全体の利益をそこなわない限り、 生きる権利、 自由である権利、 幸せを追い求める権利が、まっさきに尊重されなければなりません。]Dsc_6216

空気を吸うように、当たり前なことをもっともらしくいっているとさえ思える条文。 でも、これが権力の動向によって当たり前でなくなるときがきたらこわい。 空気を吸うようにこの条文がいつまでもあたりまえの世の中になりますように。Dsc_6219

そうです。こんな家族の幸せも平和な世の中だからこそ。 家族、社会、憲法に感謝!! の憲法記念日。

2019年5月 2日 (木)

ガソリン値上がり

2019042501_09_11 ガソリンの値上がりが続いている。 ここのところ消費税10%になる前にと、それは沢山の商品が値上げをしている。値上げしていなくて良かった、と思えるものも、中身が 2割、3割 と減っている。  そして毎日の移動に欠かせないガソリン。 仕事でも使うが、アコーディオンはカバーを入れるとちょうど12キロになる。ボランティアには車がなければほぼ出来ない。 どうして10週連続で値上げが続いているのだろう。 まず

① アメリカのイラン制裁の影響がある。 アメリカはイラン産の原油の輸入を全面的に禁止。 アメリカだけでなく日本にも右へならえ を求めてきた。2a831ec055ed4fee4e1d0936ea40500d21 2a831ec055ed4fee4e1d0936ea40500d21

② 石油輸出国機構(OPCD) が 原油価格を下支えするために原油を減産。  主な理由は 米中貿易摩擦やイギリスのEU離脱で世界経済が減速する不安がある。 それで需要が落ちこむという不安から。

③ ベネズエラやリビアなどの産油国が政情不安から産油量が減っている。

とまあ、世界経済の影響、政情不安などからドクドクと私たちに影響が広がっている。この先さらに値上がりするかもしれない。 そして増税の追い打ち。10%増税は何とかやめてもらいたい。

2019年5月 1日 (水)

自衛隊 変貌の30年 幹部たちの告白

Dsc_6094 いよいよ「令和」の時代、各種アンケートの中でも最も多かったのは 次の時代が「平和の時代」 であってほしい、との願い。その次が「災害のない時代」。 平成を振り返る番組の一つとして NHKでタイトルのようなドキュメンタリー番組があった。 孫が自衛隊に興味をもち、近所にはそれはそれはやさしいお父さんたちが自衛隊員でいる。 自衛隊のことをもっと知るためにもこのような番組をウオッチ。 一端を紹介したい。Dsc_6105

自衛隊史上、はじめて事実上の空母に改修された護衛艦 かが。 全長248m。 海上自衛隊最大の護衛艦。 戦闘機の離発着が可能な巨大な滑走路を持つ。発足以来 必要最小限度の実力組織として国土の防衛に徹してきた自衛隊は,平成の30年その姿を大きく変えた。Dsc_6088 強力な攻撃力をもつ戦闘機の発着が可能な空母はその象徴。 今回その内幕を語る膨大な秘密資料を入手した。  Dsc_6083 平成は私たちにとってどのような時代だったのか。  一度も戦火にさらされることのなかった平成の日本。 しかし、この30年、自衛隊は変化を求められ続けた。 Dsc_6082 海外への部隊派遣、アメリカ軍との一体化。 その分岐点はなんだったのか。

北朝鮮の不審船事件、ここで、初めて自衛隊が沿岸警備にあDsc_6148 Dsc_6147 たったことが知らされた。 Dsc_6088 その後のイラク派遣。 小泉首相は「戦闘が行われていない地域」といいはったが、実際には サマワでは14回もの爆弾による攻撃があった。 アメリカは「一人も死傷者を出さなかったことは奇跡的な軍事的勝利だ」とほめあげた。 これには R と呼ばれる 死人が出た場合を想定した指示書も出ている。Dsc_6046 Dsc_6046

アメリカが戦闘地域に行くときの護衛を要請されたとき、幹部は最悪の想定を決断せざるをえなかった。 空母は空からの攻撃に弱い。そこで護衛艦が付くのだがもし、日本人乗客をたくさん乗せた民間機が乗っ取られて アメリカ空母に突っ込んでくることが想定された場合、自衛隊はアメリカ軍を守るのか、日本人乗客を犠牲にして民間機を攻撃するのか、今まで考えたこともなかったようなことも、 集団的自衛権のもとに考える必要が出てきた。Dsc_6161 Dsc_6150

しかし、幹部はいう。 国民がどこまで自衛隊に要求するのか、それは国民が判断すること。 憲法の規定の範囲内でどこまでできるのかも国民が判断すること。Dsc_6108 Dsc_6152 Dsc_6136

最終的には、このドキュメンタリーでもいっていることは 自衛隊の役割は 国民にゆだねられている、私達一人一人の肩にゆだねられている、ということを云っている。Dsc_6076 Dsc_6076  あえていえば、今の憲法を守ることが出来れば、「殺し、殺されることのない 令和」 と迎えることができるというわけか。Dsc_6056

(白布と最初に書いてある書類は死者が出た場合のマニュアル)Dsc_6166Dsc_6166_1

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »