無料ブログはココログ

リンク集

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月31日 (木)

第14回歌おう会

Dsc_7417 第10回目から公民館に移った「サラダボウル」主催の「歌おう会」。 近所の仲間10人が集まって 地域の絆つくり、一人ぼっちのお年寄りを一人ぼっちにさせない、などのコンセプトのもとに始めた 「歌おう会」。 今日はちょうど60人の参加、 スタッフ10人、合わせて70人の参加で始まった。

ポスターはスタッフの家だけ、チラシはかなり限定的なところにしか入れていないので、どれだけ来るかはまったく未知数、と言いながらはじまった。 大会議室だったので、ちょうどいい人数。 こちらの歌詞も57部しか用意がなかったので、二人で見てもらった人たちもいた。Dsc_7407

一部はアコーディオンの伴奏で12曲。 少し、ミスったが前奏はなんとか切り抜けたのでまあまあの演奏かな。 お客さんの声もよく聞こえた。 「銀座の恋の物語」は「男と女にわけたらどうだろう」というスタッフからの提案で、2部構成に。この方がみなさん、よく声がでたような感じ。 私はすこし、焦った。このままの伴奏でいいのかどうか心配だったから。でもなんとかクリアー。Dsc_7409

休憩10分の後 フルート独奏「花は咲く」、しっとりと被災者たちへの想いをこめて愛情たっぷりの演奏。  次はピアノソロ トルコ行進曲  これはプロ本番の腕前だから云うことなし。 緩急自在の演奏にみなさん 聞き惚れる。  そして、日本舞踊になる予定だったが、今朝 8時半に電話。 血圧が高く今日はとてもできない、と断りの電話。 思案の末、スタッフの了解を得る間もなく 私の独断で 「どじょうすくい」 を入れ込む。 踊りの時間をカットしようかと思ったが、歌は全部で24曲と2時間ブログラムとしては少ないので カットしないで良かった。 Dsc_7403 Dsc_7404  これはかなり好評だったので、ホッ。

後半はピアノ伴奏などで 12曲。 中で、「彩の国小唄」は CDの音源で歌詞カードを見ながら唄う。 埼玉の名所旧跡、産業、名産などを歌った歌で県民には知ってもらいたい歌。 最初は聞くだけの人も半ばからは小声で唄ったり、 踊りを知っている人は手振りを入れたり、体操の会の人たちが一番声をだしていたかな。というのも、この夏ずいぶんこの歌で盆踊り練習をしたから。

最後にスタッフの反省会。 姉から届いたサツマイモでイモ羊羹を作った。 疲れた身にはこのずっしりとした甘さがほどよく皆さんに受けた。 次回のリクエストとして 「紅の船」 というのもあったが、楽譜、歌詞の問題だけでなく、かなりマイナーな曲なので採用は見送り。 「小さな日記」、「世界に一つだけの花」、「学生時代」、「いい日旅たち」などが出たので、次回に多分採用。 そして次は5月30日から31日開催を決めて めでたく終了。

会場はコスモスを中心としたもの、アメジストセージをたわわに入れたバケツ、ユリのプレゼントなど花いっぱいの華やかな雰囲気に包まれてみなさん、次回また呼んで、という声、声で終わった。

2019年10月30日 (水)

今月7回目ボラ

Dsc_7380 Dsc_7391_20191030171401 30日ですね、でも今日もボラ、明日もボラとボヤボヤしていられないバラ色の日々を送るあねさん。 今日はいつも行く介護施設、大きな薬局のワンフロアーを改造したような施設に利用者さんたちがあちこちにのんびりと自分の居場所を構えている。 Dsc_7382 Dsc_7391 Dsc_7401

45分のリミットのところなので、歌伴奏は10曲。最後は「減塩の花嫁」。 みなさん、おかしそうな顔をしながら歌っていのdる。

次に大正琴。 2曲。 残念ながら、少し離れたところで次の準備をしていたので、曲名があ聞き取れなかったが、みなさん、歌詞カードもないのに、弾き語りにつられてよく歌っていたよう。Dsc_7391

腹話術。 人形がしゃべるだけで喜んでくれるから介護施設の人たちはありがたい。 最後に毛色の変わった出し物で「驚き桃の木」をしてもらうのも縁者冥利につきるわい。

昨夜、姉が送ってきた渋柿。 今朝 皮をむき終わり天陽干し。 天気が良いので、おいしくできそうな予感。

2019年10月29日 (火)

収穫

Dsc_7256 毎朝行く近所の公園、ぎんなんが沢山落ちていた。 おっかなビックリ拾う。 ぎんなの実がこんな柔らかい果実のようなものに包まれているなんて数年前まで知らなかった。友人がよく拾っているので、今年は私も拾った。 家人に「くさいから外に置いて」 と言われながらしばらく天日干し。 昨日煮物にいれたらとてもおいしく食べられた。 来年はもっと拾いましょう。Dsc_7379

千葉の姉からさつまいもと渋柿が送られてきた。さつまいもはコロコロに太り、渋柿小さいけど、干し柿にすればコロコロ柿になるかな。40ゖ位皮をむいたところで左手が痛くなってきた。 明日、明後日とボランティア続きなのですこし休んでからまた「むく」としましょう。 数年前までは近所の人から100ヶもの渋柿をいただき、干し柿を作っていたが、高齢のためか、農家は廃業。 アパートが出来、柿はいただけなくなった。 これからは渋柿は姉のところから来るような。

2019年10月28日 (月)

腹話術台本 江戸のエコ

            江戸のエコ          2019・10・26

〇 わたし    △ 三休さん(小坊主)

 

○みなさま、こんにちは、ごらんのように今日のともだち!

△ かんちくは~~、おいら三休

○ ちょつと、もうすこし皆さんに丁寧にあいさつしなさい。お坊さんの卵なんだか。

△ ていねいに、っていったって、おいらの方が頭いいもん。

○ まあ、そんな 失礼よ、 みなさん、とても頭いい人たちそろっているんだから。

△ そうかなぁ。 今の人たちは ごみを平気で海や山にすてているじゃない。 おいらたちはきれい好きだから絶対にそんなことしない。

○ ああ、江戸時代にはいろんな商売があって、江戸はとてもきれいな街だってきいたことがあるわ。

△  そうさ、 いろんな商売があって、江戸の町はとてもきれいだったんだ。

  • へえ、たとえば?
  • △ 「はいかい」ってわかる?
  • 俳諧ね、俳句を教える人でしょ。
  • △ 違う、違う。 街中をながして歩くんだ。
  • あ、つまり認知症になって街中をうろうろする人のこと?
  • △ ちがうよ。 灰を買う人のことだよ
  • 灰を買う、なぜ、どうして?
  • △ 昔はみんなマキを燃やすから、灰がいっぱい出た。 それを集める人のことを「灰買い」というんだ。 灰はね、あく抜きに使ったり、肥料になったりするからとても大事なんだ。
  • ああ、茶碗あらいに使ったということも聞いた。洗剤で環境汚染しなくていいね。
  • △ (大声で)え~~~、おちゃない、おちゃない おちゃないはないかね~~。
  • ええ、いったいなにそれ?
  • △ 女の人はさ、ときどき髪の毛を切るでしょ。
  • うん、切るよ。
  • △ その切ったのを買い取る人はそういいながら、街中を歩いたんだ。
  • へえ、その髪の毛を集めていったいどうするの?
  • △ 日本髪は髪をいっぱい使うでしょ。だからそれで 「かもじ」を作っていたんだ。
  • ああ、「かもじ」って今でいうヘアピースのことね。
  • △ そうそう。 ほかにもさ、紙ひろい、くずひろい、いかけや 江戸時代はなんでもリサイクル。 ほら、今の人たちよりごみを出さないから頭いい人たちがそろっていたんだ。 温暖化なんて心配もなかった。わかった?
  • そうねぇ、プラスチックごみなんかリサイクルできなくて海が汚れて、困っている人たちがいっぱいいるものね。
  • △ うんこだってリサイクルしたさ。
  • ま、ま、もうじきおやつの時間だからその話はあとで。
  • △ みなさん、江戸のおいらたちを見習いましょう。。 はいサンキュー
  • 見習いたいけど・・。でも、何とかしなきゃね。 ありがとうございました。

2019年10月27日 (日)

第41回万灯祭

Dsc_7352 もう41回にもなるのか、という感嘆、この市に越してはや45年、間もなく町おこしのためか、万灯祭というのが始まった。 孫たちも来て、まごたちはさっそく色々な店に目を輝かす。

最初の広場では舞台上はさまざまなハワイアンダンスグループのダンす。となりは 大きなエアー人形のなかに入って遊ぶブース。ここは列をかなり作っているので、並ぶ気がしない。Dsc_7357

戸田ボートのアンテナショップ。VR体験ができるので、私も体験。Dsc_7359

一体どれだけのブースがあるのかわかりかねるほどの店。店。 会場に着くと 昼時いうこともあって ラーメンが目につく。 500円でけっこう立派なラーメン、からあげ、トン汁などで腹ごしらえ。Dsc_7361

その後、は大人はタピオカ、子どもはラムネ、わたあめなどをゲット。Dsc_7369

手作りおもちゃの店で 「ブンブン」とふりまわすと大きな音が出る竹のおもちゃ、金魚すくい、 きらきらボールすくい、「すみっこぐらし」というキャラクターグッズの店がらがらまわし など お祭りとお店気分を孫たちは存分にあじわったようだ。Dsc_7373 Dsc_7372

昼間なので山車行列は見られずちょつぴり残念だったが、昨日の夜はとても疲れていつもは10時に寝るところを8時半にベッドイン。 今朝も全身けだるく、何もする気がなかったが、孫たち参上でいちやく元気になったバーバ。 祭と公園遊びにお付き合いして大ニコニコの一日。

2019年10月26日 (土)

10月ボラ6回目

69g3nmbxwza61 サラダボウルボランティアで介護施設訪問を訪問。 今日は歌リードさんたち4人、めずらしい。

プログラム①アコ伴奏で9曲。 最後は「減塩の花嫁」。 なぜか替え歌を弾いていたらどこかわからなくなってしまい、途中アコが止まってしまった。やはり伴奏は元歌を意識しながら弾かないとだめだとつくづく反省 (@_@;)

② 日本舞踊 つるぎ山。(←)踊りは男踊りでさっそうとしている。 この山は徳島県の最高峰で修験者の山として知られている。Yjimage5_20191026174401

③ ハーモニカ 特殊なハーモニカで吹くだけの楽器なので重厚だけど繊細な音色が奏でられる。 アヴェマリア、鉄道員、水色のワルツなど沁み渡る音色にみなさん、うっとり。 こういう人と一緒に「ボラ」ができるのはボラ冥利につきます。 そして、ウクレレ伴奏も。

⑤ 最後は腹話術で 「くわがたのクワ坊」。 今までの中で一番笑ってくれたかな。 言葉の切れがすこしよくなったかもしれない。201910251639501

昨日の大雨でまたも死者、行方不明、そして住宅被害。 親類が千葉県佐倉市にいるのでとりわけ気になる。201910251639501 電話をすると、「まわりの田んぼはまるで湖、 そばの田んぼには5台も車が動けずに水につかっている。 昨日は窓の外をながめると雨のしぶきで外は真っ白、」 と恐ろしげに言う。  千葉は1ゖ月の間に3回も大被害。  災害列島を体現しているよう。 行政のきめ細かな早い生活支援、生業支援を望んでやまない。  ← 昨日の佐倉駅

2019年10月25日 (金)

第14回歌おう会

Img001_20191025175201 第14回の公民館うたごえのお知らせ。

今回は1階の大ホール。 グランドピアノもある。 コンセプトは「 一人ぼっちのお年寄りを一人ぼっちにさせない」 。

目玉は 「瀬戸の花嫁」の替え歌で 「減塩の花嫁」。 替え歌のポリシー通りにユーモアたっぷり。

また、盆踊りで人気だった 「彩の国小唄」。 これはピアノやアコーディオンでは雰囲気を出しにくいということで、歌詞を見ながら、CDでプロのうたごえを聴きながら唄う。 埼玉の名所旧跡、おいしい食べ物、レク地などをかなり網羅した「彩の国小唄」は、、県民はぜひ覚えておきたい歌。Yjimage1_20191025201501

そして、嘉納昌吉の 「花」、 これは3回目にリメークされた「沖縄、ひめゆり部隊」の映画の背景音楽としても使われた。

興味とお時間のある方はぜひおいでなんしょ。 私はいつものように半分伴奏。あとはピアノ先生。 Yjimage1_20191025201501

2019年10月24日 (木)

不思議なクニの憲法

こんな動画を見つけた。 わたしが私らしく 孫や子どもたちが幸せに生きていける世であってほしい、近所の自衛隊に勤務するお父さんたちもいつまでも元気なお父さんであってほしい、そんな願いを込めてこの動画をアップ。

続きを読む "不思議なクニの憲法" »

2019年10月23日 (水)

伐採

Dsc_7343-2 植木屋さんが来なくなって2年半、「年金者」の人に数回来てもらっていたが、安い謝金で申し訳ないと一念発起。 「年金者組合」の人にのこぎりには2mの「足」、園芸用の大はさみには1m以上の「手」をつけてもらって、脚立にのらなくともかなり高い所、また脚立にのれば私のような背の低いものでも楽に木のトップに届くような「はさみ」をつくってもらった。Dsc_7349

冬が来る前に、天気の良い日なので、道路沿いのコニファー、 つんのめるように上部がふくらんでいたが、大はさみでバッサバッサ。 駐車場沿いの コニファーは半分より下はきれいに伐採。 「庭木」の知識はないので、ただただばっさり。

駐車場の木は実はトップをカットしたかったのだが、ふと気が変わり、半分から下を伐採。 おかげで車に乗るときに木の葉っぱにさわらなくても済むようになった。Dsc_7345

できるだけ、自分流にコミュニティーへの責任もあり、緑を保ちながら庭とうまく共存していきましょう。

今日も咲いた ハイビスカス (*^。^*)

2019年10月22日 (火)

昇仙峡

Dsc_7306

Dsc_7302 今日は公民館休み、モコモコ曜日だけど休み、で、バスツァーに参加。 台風も近づき大雨の予報。でも、この日しか行く日がないとばかりに「えいやっ」と参加。

昇仙峡は山梨県甲府市の北部。 国の特別名勝地。、「日本一の渓谷美」といわれるが?、どうかな? ともあれ  長い歳月をかけて削り取られた花崗岩の断崖や奇岩・奇石と豊富な水の流れをみることができ、渓谷沿いに整備された遊歩道でさまざまな角度から 仙ヶ滝を楽しむことが出来る。以前に行ったときは遊歩道を馬車で散歩したりしたが、今回はなしで残念 (-_-メ)。Dsc_7320 Dsc_7318

そして、藤城清治美術館。展示品はそれほど多くはないが、本にはない原画にちかい切り絵の細やかさ、鋭さ、迫力に圧倒される。 彼の本はモコモコ所蔵も含めて大判3冊をもっているので、ほとんど見慣れた絵。 しかし、現物をずず~~っとながめると彼の精神性の深さも伝わる。今日はかげ絵だけでなく、竹久夢二、山下清 らの主に猫に関する絵も展示され見ごたえ十分。

とはいっても、今日はカード会社の招待旅行。なので、半分買い物ツァー。 ①わさびセンター、 ② ふりかけの店( ここはいい、おきあみ、わさび、うに、小梅 などありとあらゆる種類のふりかけが並べられ、しかもお皿にはかわいい親指大のおにぎりが4つ、フリーでおいてある。そこに自分の好きなふりかけをかけて試食。 お茶サービスもある。) ③ ワインショップ、ここもフリードリンク。蛇口をひねればいくらでも自由に飲める。 Dsc_7317 Dsc_7314  

昼食はフルーツセンター。 最近できたかなり大きな店舗 イオン位のおおきさはあるか。 1階は果樹、漬物、チーズ、ソフトクリーム、菓子などの販売コーナー、2階は大体客向けの食事スペース。  今年の春にできたという。Dsc_7330

⑤ アムブローズという名のジュエリーショップ。 山梨県は貴石産業のもっとも盛んな県。 大きな工房に職人さんたちが様々な分野でジュエリーをデザイン、制作している。 お客さんはその工程の説明と共に、装飾品が自他ともに明るくする理由などを聞き、見、販売コーナーへ。  しかしなぁ、1時間半の滞留は長い。

⑥ 一古園 という立派なブドウ園に行く。Dsc_7340  10mもの高さにもブドウがいっぱい。 お客さんは700円を払い、はさみとかごを持ってすぐそばのブドウ園に。 私の背でも十分届くところに巨峰のぶどうが30㎝間隔位にたわわに実っており、30分間、ここで自分の取ったものは食べ放題。 さすが取れたてのぶどうは甘くジューシーでおいしい。 一緒のグループになった若者たちはしっかり30分たべていたようだが、私たちは一房 ちょん切って食べればもうそれで十分。  今はとてもさまざまな種類のぶどうが店頭にならぶ。 マニキュアフィンガー、などはちょうど親指一本くらいの大きさ。

さて、これで今日の行程はおしまい。

2019年10月21日 (月)

被災者支援制度、ボランティア5回目

被災者支援制度というものがある。明日は我が身かもしれない天災、人災。 支援制度というものを今のうちから心にとどめておきたい。201910110125_box_img1_a1 2019102104_03_11 罹災証明を取るための写真撮影のポイント、何がどうなっているかを見るポイントなど 覚えていられるかどうか心配だけど、心に沈殿しておきましょう。         さて、今日は今月5回目、サラダボウルとしては2回目のボランティア。Dsc_7293

先日と同じタイムテーブルだけど、今日は12曲、赤いハンケチ、銀座の恋の物語など すべてできた。 最後に「減塩の花嫁」をやりたかったけど、歌詞カードが2枚足りなくて、元歌の「瀬戸の花嫁」を歌う。

プログラム②は日本舞踊の「つるぎ山」。 相変わらずキレの良い踊りに皆さん見とれる。Dsc_7295

プログラム③ 秋桜、少年時代、琵琶語周航の歌、など4曲。 うたって踊りの次にしっとりフルートもちょうど良い鑑賞タイム。

プログラム④ 腹話術 クワガタのクワ坊。  登場時はみなさん、めずらしそうに拍手したり笑顔いっぱいの顔が見えるが、ここぞというときにあまりわらってくれていない。  今回は台本が面白くなかったかなぁ (@_@;)。Dsc_7296

ここの介護施設には認知症まっさかりの人がいる。 私に会うといつも 「きれいなお嬢さんがいる。体操どころではない、見つめちゃうよ」。そして、アコ伴奏が終わると 「こんなところで弾いているのはもったいない。 東京のもっと大きなところで弾きなさい」。 認知症とわかっていても、こんな歯の浮くようなお世辞を云ってくれると人間うれしいもの。  どうせならこんな人を喜ばす認知症になりたい。

2019年10月20日 (日)

振り込め詐欺だよおっかさん

先輩のうたごえ喫茶からこんな歌があるのを知った。 市内でも頻繁に振り込め詐欺の電話が多いから注意するようにとの広報が市のスピーカーから流れる。 被災地でも法外なビニールシートの値段を吹っ掛けたりする被害が続出しているとか。 善良な市民がだまされない「打ち出の小づち」をふりならしたい。

続きを読む "振り込め詐欺だよおっかさん" »

2019年10月19日 (土)

避難所生活

31_20191019065101 避難所での注意点や生活の仕方などはメディアでも多く放送している。でも、もっと知りたいことがある。 いつなんどき、自分がそんな立場になるかわからない。 国の制度をフル活用すれば、やってもらえることはまだまだある。政府も 「避難所の生活環境の整備等について」 という 「通知」を出している。   知っておこう (*^。^*)

① 食事  〇 炊き出しのための食材、調味料、調理器具の購入、炊事場の確保などは国の負担でできる。

       〇 栄養士や調理師など、炊き出しスタッフの雇いあげにも国の財政支援がある。

② 衛生的環境  〇 簡易ベッド、仮設洗濯場( 洗濯機、乾燥機などの借り上げも含め)、簡易シャワー、仮設風呂も設置できる。 仮設風呂ができるまで、避難者には入浴施設への送迎と入浴料が保障されている。

〇 毛布、タオル、下着、歯ブラシ、消毒液、市販薬、携帯電話の充電器なども 国の負担で購入できる。201701251540381

③ プライバシー  〇 間仕切り、パーテーションを用意してもらえる。

④ 医療、介護、 福祉   〇 病院には保険証がなくても受診できる。

     〇 社会福祉協会や公的宿泊施設の協力で、避難所以外に宿泊することが出来る。

    

 

2019年10月18日 (金)

10月ボランティア4回目?

_0qjtedxwzahdcffsht1aiurjm99nyupfl2bnn_a 今日の誕生日の花はホトトギス、 時々庭先で見かける可憐な花。 花言葉は「永遠にあなたのもの」。 こんな言葉をかけられる人をもっている人は幸せですね。 さて、私は幸せ? ? (*^。^*)Dsc_7283

今日のボランティア、「サラダボウル」としては今月初めて。プログラム①はアコ伴奏で 里の秋、たき火、もみじ、通りゃんせ、箱根八里、山小屋の灯、青い山脈、湯の町エレジー、悲しき口笛、瀬戸の花嫁の替え歌で減塩の花嫁。 残り2曲 赤いハンカチ、銀座の恋の物語は時間切れでなし。Dsc_7285

プログラム② 日本舞踊 つるぎ山、 彼女の踊りは切れがよく、こまたの切れ上がったいい女 という表現がピタリ(セクハラと取るなかれ)Dsc_7291

プログラム③ ショパンのノクターン、トルコ行進曲、ドビッシーの? 相変わらず、ピアノ先生のピアノは力強く、心に染み入る。

プログラム ④ くわがたのクワ坊、  練習不足がたたり、言い直しが多かった。それでもみなさん、喜んでくれていたが反省は多し。

 

2019年10月17日 (木)

チューリップ、ユリ。

Yjimage8_20191017175201 やっぱり19号台風関連。 福島のある友人、胸まで泥水につかり低体温と泥水を飲んだりしたので敗血症予防のために入院していることが分かった。隣市の友人が安否を気遣い、病院を訪問してくれたので、様子が分かった。 まだまだ先のみえない被害状況。聞くにつけ、見るにつけ1時間でも早い復旧をと願わずにいられない。Yjimage5_20191017175201

さて、昨年はユリの球根を10月16日に植え、きれいなユリが5・6本収穫できたので今年も植えた。 フリンジチューリップ12球、オリエンタルユリ 1球、鉄砲百合 2球。 昨年の分もあるので、来春が楽しみ。 またユリとユリの間にコスモスが6鉢分、間もなく枯れるだろうけど、こちらは来秋の愉しみ。 Yjimage2_20191017175201 鉛筆のような せまい敷地だけど肩を寄せ合って生き抜いてほしい。

今日はアコサークルの日。来年のコンサートに向けて、合奏曲 「赤い靴」の練習。他に 碧い空、花祭り と3曲もあるので、練習時間をどうやって作ろう (@_@;)

2019年10月16日 (水)

10月今日マイガーデン

Dsc_7274 Dsc_7275 Dsc_7276 19号台風、まだ全容は計り知れないけど大変な死者と行方不明者。 5・6年前に福島・本宮市の友人宅に一泊したことがあるが、市内中心部は水没。そのあたりに住む友人も今は入院中。別の友人が近いうちに見舞いにいってくれるという。 被災者の困難さを思うにつけ、ボランティアたちへの感謝の念と、行政への願いなどが募る。Dsc_7276 Dsc_7277

さて、今日は10月のボランティアの歌合わせ。 一人は午前中、二人は午後、そして後の人たちはそれぞれ違う時間帯、今月は計5人の歌リードさんたちとの「歌合わせ」。 「銀座の恋の物語」が特に難しい。しかし、やると決めあたからには頑張る覚悟。  「瀬戸の花嫁」は介護施設ではそのまま小柳ルミ子の歌詞でやろうと思っていたが、歌リードさんたちと相談して 「減塩の花嫁」の替え歌にすることにした。Dsc_7279 Dsc_7281

今日マイガーデン。懲りなくコスモスにこだわった。10鉢をダメにした。土をよくみたら、牛糞、鶏糞もまざったものに植え替えていたようだ。チッソ肥料がダメということは後になって知った。

しかし、9月22日に買ったチョコレートコスモスは2鉢とも健在、そして10月1日に4鉢、11日に2鉢買ったコスモスはちゃんと健在なので、もう立ち枯れすることはない。今後は自然の「枯れコスモス」になるをまかせましょう。 Dsc_7281

アメジストセージは今はきれいだけど、10月31日の「歌おう会」の会場を飾りたい、それまでもつかどうか心配。 シュウカイドウは大丈夫かもしれないので、持っていきましょう。

最後は19号台風にも負けなかったあっぱれジョロウグモ。

2019年10月15日 (火)

ハロウィンパーティ

まだまだ台風19号の被害の全容が見えないほど大きな被災。 今日までのところ死者68人、行方不明者19人、床上浸水 6315棟、床下浸水 3517棟 など、その甚大さに胸がふさがれる。 合わせて、生業被害も大変なものだろう。 「まずまずで治まった」 どころではない。Dsc_7273

そんな中でもかげえグループ・モコモコが市内の赤ちゃんグループの主催する「ハロウィンパーティ」に招かれた。 ダンスやお遊びの後にかげえ劇の鑑賞。Dsc_7271-2 Dsc_7270

「ブランゴ・ブランコ」、「マーチングマーチ」、「げんこつやまのたぬきさん」、「森のくまさん」、「とんでったバナナ」 などを上演。 0歳、1才、2歳、3才などの幼児対象だったが、みんな真剣に劇の中に入ってくれて おとなしく見つめてくれた。 Dsc_7271-2 お母さんたちの「楽しかった」の声も届く。  こんなアナログの手法にヤングママたちは何を思っただろうか。 子どもたちとの「向き合い」を感じてくれただろうか。 それがほしくて私たちはこの「かげえ活動」を あくまでもアナログに真摯に続けている。

2019年10月14日 (月)

ギャラリー 木蓮

Img001_20191014143201 Img002_20191014143201 19号台風の被害が死者40人、行方不明19人と今日までに確認された。映像でみるとまだまだ各地での川の氾濫、さらなる被災者がでないことを祈るばかりです。 治まるところを知らないほどの甚大な被害に 「まずまずにおさまった」 とする政権党の幹部。 被災者はどんな思いで聞いただろう。

さて、装いを新たにしたギャラリー 木蓮のホームページ。 2年以上前に開設しながらホームページがなかったのが、このほど友人がやっと作ってくれた。 明日からは特に人気の作家「田中 芳さん」Dsc_7266 Dsc_7265  の展示が始まり、今日はその準備で忙しい。  ここに明日からの展示作品と彼女のとりわけ人気の作品を紹介する。

https://ga-mokuren.jimdofree.com/ ギャラリー木蓮のホームページです。 みなさImg003_20191014143201 Img006 Img004 Img005 ま、ぜひごらんください。

 

Dsc_7262

2019年10月13日 (日)

台風19号被害

 Cqb3jyuvyaajovc1 27人死亡、20人以上行方不明!! 刻々と増える被害のニュースに胸を痛める日でした。  被災された方たちに心からお見舞い申し上げ、一日も早くもとの生活に戻ることが出来るようご祈念いたします。

↑ 昨日の我が市内     わが市では、不老川、入間川の増水で下藤沢、野田地域の浸水があったが、被害は床下浸水程度のよう。  心配なのは、千曲川流域の浸水地域だけでなく新潟、宮城、青森、福島と広範囲な河川の氾濫。Abt_7023706_ext_col_03_01  千曲川は映像で見る限り2階まで浸水しているところも多い。 ↓  Gou907jpp0328589781 Cqb3jyuvyaajovc1           福島県田村市は13日、福島第1原発事故の除染廃棄物を袋に入れて保管する市内の仮置き場が浸水し、袋が川に流出したと発表。 約2700袋が保管されており、市は流出した袋の数を調べている。Maxresdefault1_20191013183201 Maxresdefault1_20191013183201
市によると、大雨で水路があふれ、仮置き場の袋が古道川に流れ出た。これまでに汚染された草木などを詰めた6袋を回収した。シートで袋を覆うなどの対策は取っていなかった。 Maxresdefault1_20191013183201
Gou907jpp0328589781

それにしても、年々巨大化する台風とそれにともなう被害。温暖化も一因にあることは自明の理。Dsc_7260  被災者の救助がまず第一だが、温暖化を引き留める環境省、環境大臣の力を押し上げる国民の声が必要か。  庶民の声は今夜のお月様のように明るく澄んで 大きいにちがいない。

 

 

 

2019年10月12日 (土)

警戒レベル 5

Yjimage5_20191012172301 わが市も昼前、警戒レベル4から夕方 5に達した。 今回の雨と風台風の直撃で今日はずっと雨。 昼ごろ お向かいに「ひじき」を届けるために外に出ると視界5・60m、 前方はボッーとかすんで見えない。   今後もっと雨風がはげしくなるのか?Yjimage10_20191013131101 Yjimage10_20191012172301

家に こもっているので、孫たちに本を贈る。中学2年の子にはやっと出版された漫画 マルクス・エンゲルス 運命の再会。  5歳の子には「もったいないばあさん」の2巻。 第1巻はすでに姉におくってある。

さて、ここ15号台風でも19号台風でも健在なので感心すること。 我が家のねこ額の庭にがんばっている ジョロウグモの巣。 Yjimage8ejn3yv9 気持ち悪いな、とは思いながらもやぶ蚊などをキャッチしてくれているので排除しない。 いつのころからか住民登録もしないのに巣くっている。「あんた。えらいよ、」とたまに声をかける。 風速60mでも頑張るジョロウグモ、 「柔よく剛を制す」 とはよくいったもの (*^_^*)

2019年10月10日 (木)

うたごえ喫茶 「陽だまり」

Img003 アコサークルの今年の「うたごえ喫茶」実施。 今回は先生の手を煩わさずにサークルのメンバーだけの力で開催することにした。 地域との交流、地域への還元、そして私たちの技術の向上もめざす。 26曲もあり、合奏、フルート演奏など多彩に計画している。お近くの方、来てくださいね。

サークルメンバーが少なくなっている中、また伴奏曲よりソロ曲を重視したいという意見など意見の違いもでてきているが、「音楽は共に楽しんでこそ音楽」、アコサークルここにあり、を声高に一点の「のろし」にも似せる思いで開きます。

市内13の地区公民館、以外に健康センターなど2ゖ所に可愛いポスターも貼り、市報には11月1日付けで公表。  もう後戻りはできません (*^_^*)

2019年10月 9日 (水)

宮寺アコボランティア

Dsc_7258 今日はアコサークルのボランティア。 と、いっても先生も一緒なので気が楽。 隣市の中高年のサークル会の人たち、40人ほどの会員が集まり、あざみの歌、赤とんぼ、年金時代、旅人よ など13曲を私たちの伴奏でみなさん歌う。 Yjimage5_20191009153101

途中、先生のソロ。「 ラ・クンパルシータ」、「愛の讃歌」、そして歌付きで「一本の鉛筆」。 この会はスタッフがなぜかアコサークルを気に入ってくれ、半年に1回ずつ呼ばれている。 しかし、来年1月はアコサークルとして伴奏参加はきびしい、との結論がでたので、私一人の伴奏参加になりそう。 ・・」ま、これも勉強、勉強。Yjimage1_20191009153101

演奏直前にスタッフから「ブルーシャトー」を歌いたい、との言葉、「先生ならできるべ・・」 ともいうが、先生は歌謡曲はちと弱め。 「うたごえ曲、ロシア民謡」なら得意だけど、といって御断り。大体当日のその場になって、楽譜も歌詞もないのに歌いたい、といわれても無理、無理。

で、私が来年のために帰宅後「ブルーシャトー」の楽譜をダウンロード。 知らない曲を2ゖ月の準備で出来るとは思えないけど、一応取り掛かってみるか。

2019年10月 8日 (火)

いつでも君は

先週の土曜日、久しぶりに「うたごえ喫茶」に参加。伴奏者はアコーディオン、ギター、フルートの3人もいる贅沢な「うたごえ」。 ギター奏者はしばらく休んでいたが、ここ2回ほどは来てくれている。 この歌は水前寺清子さんが、あちこちの被災地を訪問しながらみんなと一緒に歌ったという。 私も被災地訪問後、特にこの歌を心に沁みこませたいと思った。

2019年10月 7日 (月)

希望の牧場

Dsc_7254 昨夜は相馬市松浦海岸そばの「栄荘」にお泊り。24時間温泉がうれしい。朝風呂にもゆっくり入りご機嫌。 午前は地元の婦人会と市議さんから話を聞く。 質問はソーラーパネルが非常に多く見受けられたことが多かった。 私はフレコンバッグの来しかた、行く末をききたかったが、時間切れで残念。その後「希望の牧場」へ移動。 牧場主の吉沢さんから 「牧場」を維持する熱い篤い厚い想い重いをうかがう。 市長選に立候補したこともあるというほど、能弁な方で1時間近くの説明も苦にならない。 曰く

 「2011年、3月11日から1ゖ月後 原発から14キロ離れた吉沢さんの牧場も原則として立ち入りのできない警戒区域として設定された。  警戒区域内は、牧畜が盛んだった地域で、牛約3500頭、豚約3万頭が飼育されていた。 その半数以上は餓死したと言われるが、野生化したものなど、警戒区域内の家畜は、所有農家の承諾を得たうえで殺処分の指示がでた。Yjimage1_20191009153101 Img001 Dsc_7253

 そのような中で、吉沢さんは殺処分を承諾せず、牛を守り続けてきた。当然、行政からは殺処分を承諾するよう言われ、苦渋の思いで殺処分を受け入れた農家からも批判を受ける。吉沢さん自身も、なぜ飼うのか悩みに悩んだという。「ここの牛はもう売れないから経済価値はない。 家畜でもペットでもない。動物園にもならないよね。なんのために飼うのかと、俺自身考え続けた。でも、俺は牛飼いとして殺すわけにはいかないんだ」。

 牛を生かし続けているのは、吉沢さんだけではない。近隣の13牧場が、現在も約700頭の牛を飼育している。吉沢さんは、「希望の牧場・ふくしま」に名前を変えた場所で、今も約370頭を飼育している。 そのような牛を生かす道を見つけることを目指す「希望の牧場・ふくしま」という一般社団法人も設立、吉沢さんが代表に就任した。Dsc_7251

 福島の現実がなかなか伝わらず、逆に放射線に汚染された地域というイメージばかりが広がっていることに、吉沢さんは納得がいかない。少しでも、その現状、思いを知ってもらうために、月に一度東京の街角に立ち、声を枯らして訴え続けている。Img002 最初はまばらな人も、その真摯な声に多くの人が集まり、ときには涙を流すという。 そして、福島の現実を示す証拠として、最大の被害者ともいえる牛を生かすことは意味があるのではないかと、最近は考えている。

 牛たちは、この事故を生き抜いてきた、ある意味貴重な生きた資料だ。その調査をきちんと進めることで、将来に大きな資産を残すこともできる。何事もなかったかのように殺処分してしまっていいのか、と吉沢さんは訴える。 さらに、エネルギーのことを考えるきっかけにもなる。それは福島だけの問題ではなく、日本全体の、世界の問題でもある。それらが復興の希望につながるのだと信じて、吉沢さんは人生をかけて牛を生かしている。」

 

2019年10月 6日 (日)

被災地福島

Dsc_7232 近隣女子会で福島に行くことになり、参加。今回は9月の時と違って26人の団体。その分幹事さんがねりに練った行程を準備してくれたので、効率よく被災地を垣間見ることが出来た。朝、6時半は入間を出発。12時半に南相馬原町の「ラ・フィーヌ」というしゃれたレストランでのお食事(ラ、フィーヌ ←)  その後、① 小高区の鈴木安蔵氏の生家を訪問↓。 Dsc_7234  福島は自由民権運動の盛んな地だったという。  日本国憲法の制定にあたり、1945年11月「憲法研究会」が発足。 鈴木安蔵は幹事として、「憲法草案要領」を起草。  これをGHQが英訳し、日本国憲法草案を創るさいの参考にしたという。

② 次に  小高区の4小学校に。Dsc_7235 Dsc_7237  小高小、福浦小、兼房小、鳩原小などの 4校が合同で授業を進める。 生徒の数が集まらず、4校合同。来年度は小高小だけに統合される。  それぞれの学区の子どもたちにとって自分の通った学校がなくなることは精神的にも打撃が大きいので、帰還解除後はこのような形での授業が進められてきた。線量計は0.115とまだ多少高い。

③ 浦尻海岸 浦尻公会堂敷地から 浦尻海岸をながめる。 ここから見える位置に数百戸の集落があったが、すべて津波で流され今はただ広大で無機質な防波堤が延々と作られ続けている。  Dsc_7239 海岸線を走っても海岸が全く見えず、かたや セイタカアワダチソウとフレコンバッグの不気味な黒の1トン汚染土壌をいれた袋の置き場を走る。 Osen031 ここ数年はきていなかったが、ここにきて このトン袋の積み上げた高さの異様さとその「置き場」の広がりに再び 暗澹たる思いを刻む。  かっては豊かな漁港、今の時期であれば、豊かな穂波が首を垂れた黄金色のフィールドを見渡したであろう地が、豊かな大地が 人間の過ちでかくも無残な姿になった「原発」を恨む。Hinan167131_20191008074401 11_20191008072801

④ 請戸  泰平山共同墓地と東日本大震災の慰霊碑。  ここにお参りに来ていた地元の人に話を聞くことが出来た。「 汚染土壌の仮置き場などになったところは坪2万9千円で東電が買い上げたが、そのまわりの土壌もとても農業が出来る状況ではない。 コミュニティが壊されたことが一番悔しい」 と。  実際 農業が出来ないところに農家が企業に農地を貸し出しソーラーパネルを設置しているところも多く見受けられた。  ところが農家が直接東電に売電するわけではないので、利益はとても薄い、という。しかも、 20年後位にこの劣化した器材はその農家の責任で撤去、または解体しなければならないので、これもまた大きな問題をおこすという。Dsc_7249 Src_114715631 Yjimage2x7gf6lq

⑤ 帰還困難地域の 「大堀焼」 地帯を走る。  大堀焼とは300年以上続く大堀相馬焼で国の伝統工芸品に指定されており、26の窯元があった。70f51_20191008080201  有名な「走り駒」の絵は狩野派の筆法といわれ、大堀焼の飾り絵としても有名。上の地図の真っ赤な帰還困難区域の中に、グリーンの背景のえんじ色の窯元が26軒もあったが、立ち入り禁止区域となった。

この地域を延々と30分以上バスで走る。立派な窯元の看板も8年の歳月のなかにクワやセイタカアワダチソウなどのなかに埋もれ、どの小道、どの家の前にも 大きな×印を幾重にも重ねたゲートが進入禁止の意思表示をしている。 かっては陶器の里としてさかえたであろうコミュニティーの集落があの 100年の眠りについたお城のようにつたに覆われた 現代の隠れ集落になってしまった。 故郷、生業を奪われた住人達はどんなに無念な思いでここを立ち去ったことだろう。しかし、今は福島市、白河市、本宮市などで10軒の窯元がようよう事業再開にこぎつけたことはうれしい。

⑥ 大悲山 磨崖仏 日本三大磨崖仏の一つ。Yjimage1_20191008072901  制作は平安時代前期を推定。祠で守られているので、ここをみるにはスリッパをはいて祠の中に入り観る。Dsc_7245   この地には大蛇伝説もあり、盲目の小坊主が開眼成就を祈っていたところ、大蛇が現れ、秘密を守れば開眼成就するといわれたが、民の不幸を見過ごすことが出来ない正直な小坊主は災難を民と共にぎ、結果、大蛇に飲まれ死んだという伝説。 大蛇は川の象徴とも言われる。 つまり「地」を守った仏とそれを支えた高い文化が古来より伝承された地だった。

2019年10月 5日 (土)

映画 蜜蜂と遠雷

昨年、この本を読んでいたので早速映画館へ足を運ぶ。 あれだけの演奏シーンを「影」も遣っているとはいえ、その演奏シーンは「黒子」がいたとは思えないほど世界トップレベルを目の当たりに見た、というほどの迫力シーン満載の映画。 日本のある都市で開催される世界有数のピアノコンクール。 それぞれの若者が青春と夢と希望と賭けて挑むコンクール。 クラシックを聴き、若者たちの生き様に共感し、応援したくなる映画。 この秋イチオシ。

続きを読む "映画 蜜蜂と遠雷" »

2019年10月 4日 (金)

原発マネー

Pk2019100202100354_size01 Aai1kuv1 新聞をにぎわす原発マネーの底知れぬ闇深さ、庶民はただただ電気料金として取り上げられている。 簡単に今までの報道を表にしたものがあるので転載。

この吉田開発という会社の社長はあの元稲田防衛大臣の後援会長 というから、政治家がらみの底知れぬ深闇の様相ばかりでなく、原発交付金もこの建設会社 吉田開発を通して関電幹部や福井県幹部に流れていた (@_@;)!!201910032111398df1 Ef5d7btuyaa7jxb1

2019年10月 3日 (木)

いこいこ会

Yjimage8_20191003204601 近年、包括センター肝いりの中高年を中心にした「お楽しみ会」のようなものが地域で増えてきている。 病気とまではいかずとも、高齢になると社会とのつながりもおっくうになったり、外に目を向けなくなりがちな人も少なからずいる。  そんな「フレイル症候群」予防のためにも このような会が活発になることは喜ばしい。

で、かげえグループ・モコモコがこのような中高年の「お楽しみ会」に呼ばれた。 1時間の持ち時間で全部「かげえ」の人形劇では、大人でも飽きる。 そこで、今日のプログラムは、30分かげえ。 あとは10分 ストレッチ体操や脳トレ、10分落語、5分私の「どじょうすくい」 ということになった。Image1

かげえは 「マーチングマーチ、げんこつやまのたぬきさん、森のくまさん、そしてジャックと豆の木」。 ライトに多少のミスがあった程度であとはまあまあ、いったかな。

後半のプログラムはメンバーがそれぞれの得意を生かして挑む。 遊び担当になった人は 逆バージョンのじゃんけん遊び、 次に落語「ねこ」、 もう7・8年以上も落語会のメンバーとして活躍しているだけあって その語りは堂にいったもの。 Hqdefault1  最後は私の 「どじょうすくい」、 先月 6回の実践経験があるので、今回が一番納得のいった「おどり」ができたかも、と一人悦に入る。

人形劇だけでなく、大人に向けてのプログラムが組めるようになってきたモコモコの歴史の厚みを感じる。 午後はいつものようのアコーディオンサークル。 10月9日、サークルとしてのボランティアがあるし、私は 「スカボロフェアー」の練習を始めたばかりなので、休めない。 老骨にむちをハシハシと打って 頑張った。

2019年10月 1日 (火)

消費税10%

Yjimage1_20191001174101 「アメリカ経済紙のウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は9月26日コラムはいう。

今回の増税は安倍晋三首相の在任7年間において悲しい節目となる。アベノミクスの3本の「矢」のうち2本――大胆な金融刺激と柔軟な財政政策――が目標に達していないのは明らかだ。2016051903_01_0c1  

9月29日には「 10月1日に予定される消費税の引き上げについて、「日本経済を脅かす政策」だとし、国民の消費が低迷するもとで「引き上げは不要」 とするコラム。 そして、安倍晋三氏は自らの足に矢を射ている」 とし、経済環境は8%に引き上げられた2014年よりさらに悪いと指摘。154246362137854471179_dsmcsogvsaastxn1

消費者の信頼感は2011年に起きた福島第一原発の事故以降で最低。 2018年は年間を通じて徐々に下がり、今年それが加速した。 消費税の引き上げは不要。 日本経済の主な課題は需要の弱さであり、政府の支出をまかなう必要性ではない、とはっきりいう。」Yjimage10_20191001174201

そうそう、政府の支出をまかなう必要性に弱者ほどきつくなる消費税増税。 戦闘機を爆買いしたり、税金で政党活動費をまかなう政党助成金を使い込んだり、原発マネーの原資はどこからでている? マイナンバー制度にどれだけ金を使っている? など・などの疑問・質問はいくらでもある 税金の摩訶不思議な使い道。9a942151c635f669e8edda3b309854701

私は今日も懲りずにコスモスを4鉢と土を買った。 レジで 「きのう買えば良かったのに、失敗したわ」 とつぶやくと、レジの若い女性は「でも、2%ですから」 という。 悪気のない言葉だが、全体の物価はじりじりと上がってきている。そこに持ってきて10%。  今日の昼の外食にもしっかりと10%のレシートで請求された。 年間で一般家庭の支出額は2%の増税で 最低でも5万円にもなるという。 庶民はお茶づけにおしんこのおしん時代が「健康で文化的な生活」なのだ、といわされかねない。

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »