無料ブログはココログ

リンク集

2017年12月 2日 (土)

探鳥会

005生態系保護協会では毎年2回探鳥会をしている。最寄駅に9時集合。快晴の空は暖房完備の私には1枚脱がなければならないな、このお日様では帽子をかぶってこなかったので日焼けするかな、とも思えるほどの陽気。

会員、会員外合わせて15人ほどの参加。リーダーから鳥ビンゴ表をもらう。 マスの中に書いてある鳥をみんなで見つけたら〇。 ビンゴになったら賞品がもらえる、というもの。007

川べりの橋の上から見ると ダイサギが美しい飛翔を見せてくれながら高い木のてっぺんに止まる。こりゃ幸先いいわい、とシャッターを切る。012
私のカメラでは見つけた鳥の写真をきれいに撮ることはできない。肉眼ではかすかな形だけ。プルミナという大型の望遠鏡を保護協会の人がもってきているので、そこから真近に見ることが出来る。 今日は約20種。昨年は28種、おととしは21種。見ることが出来たのに比べ、鳥の数か減っていることをスタッフは案じていた。Image7

さて、上から〇 ダイサギ、〇 マガモ・・・ これはオスがカラフルでメスが地味系の茶色。  〇 アオサギ グレイの迫力あるその勇姿は一度見たら忘れられない。  〇 カルガモ…ご存じ、よく赤ちゃんを連れて歩く姿は有名。 多くの鳥のオスがメスに比べ カラフルなのに、カルガモは多少の大小がある程度に体の色はほとんど同じ。 これは何故かというと、カルガモはほぼ 「渡り」をしない。 したがってメスがオスをゆっくり選べるからではないかと、考えられている とな。Yjimage6
〇 オオバン・・・ここ数年入間川でよく見られるようになったとか。 琵琶湖ではオオバンが増えて在来種が減少し、問題になっているとか。  〇 セグロセキレイ・・・ 巷でよく見る ハクセキレイとよく似ている。最初リーダーも同定に苦労していたが、鳴き声から判断して セグロセキレイと同定。Yjimage4

〇 モズ・・・・ 団地の中の個人の専用庭の中。 私たちが歩いているすぐ目の前に来て止まり、10分はその木にとまりあちこちを凝視。おかげれゆっくりプルミナからその形態を見ることが出来た。 写真が撮れなかったので、ネットから写真は拝借。
Yjimage8右下の鳥影はモズ。 左の写真のモズはネットから。

夜はきれいなお月様。015_2

001_3


001_4


2017年11月13日 (月)

オオカミ・フォーラム

0idpykpxwzdgzyj7pog5rhypqqmkn0lpvum隣の市の駿河台大学で日本オオカミ協会主宰の講義があったので、久しぶりに参加。会長の丸山先生はいなかったが、15年位前と比べてすそ野が広がっていることを感じた。 

日本オオカミ協会は日本の山野を本来ある健康な自然に戻すためにオオカミの復活を目指している。曰くYjimage2

アメリカ・イエローストーンからスティーブ・ブラウンさんが講義。

世界有数の人口過密地帯を擁するメガロシティー首都圏で、果たしてオオカミとの共生など考えられるのでしょうか。首都圏でもシカ、イノシシ、サルをはじめとした獣害が発生し、これら野生動物は周辺衛星都市とその一帯の田園地帯から市街地中心部に向かって侵入し、都市住民を困惑させています。Yjimage5

加えて、首都圏ならではの新たな外来種問題も発生している。自然生態系が大きく撹乱された都市のような環境では外来種の侵入定着は極めて容易なのです。現在、房総半島の動物園から脱走した小型ジカ、キョンが加速度的に分布を拡大し、房総だけでなく田園地帯のいろいろな場所に姿を現している。このままだと、キョンは、遠からぬうちに関東地方の住宅地を含む広大な里山地帯に侵入し、湘南、東海、さらに近畿へと拡大し続け、各地で生物多様性低下、生態系破壊、農業や庭園被害を引き起こし、大問題になることは確実。Yjimage3

キョンだけでない。もっと都市環境への順応性に長けたハクビシンやアライグマも増え続けている。米国ではアライグマの強力な捕食者はオオカミだったなんて、わりと知られてはいないのではないでしょうか。000865731

毎年、獣害対策には数百億円~1千億以上の私たちの莫大な税金が使われてる。しかし、効果はさっぱり。従来の方策に加えて、捕食者ハイイロオオカミの再導入による復活が唯一期待できる。夜も昼のように輝く巨大な人工環境にオオカミなど住めるわけはないと思わる。しかし、彼らは想像以上に逞しい。今や、ローマやベルリン、ハンブルグ市をはじめとしたヨーロパの多くの都市の郊外にはオオカミがすでに定住している。、イノシシやクマと違って、住民がオオカミに襲われたなどという事件は起きていない。オオカミと私たちの共存は思うほど難しいことではない。これを拒絶しているのは、彼ら野生ではなく、人間の故郷であり、母である自然の存在を忘れてしまった私たちの偏見にあるのではないでしょうか。Yjimage7
幸いに、イエローストーンを含む米国ロッキーではオオカミの再導入は成功を収めている。人の手を経ない自然復活は五大湖西岸諸州でも顕著。カリフォルニアにも南下個体が姿を現した。15803511_1724529431194989_282534820

古来、日本ではオオカミは畑を荒らす小動物を捕食するということで、農耕民族の守り神、としてあがめられてきた。秩父ではオオカミを守護神とする神社も多い。

最後の3枚は先ごろ復元された福島県飯館村、山津美神社に残るオオカミの天井絵。 いかに人間とオオカミが共生していたかを示す。

2016年10月15日 (土)

緑の森博物館

591281_2雲一つない好天に誘われ、近隣にある 「緑の森博物館」を散策。 ここは、かって1960年~1980年ごろにかけて、レジャー施設や宅地化で急激な開発が進んだ。 その中で、市民が声をあげ、緑や生き物とのふれあいの場を残そう、との声が高まり 雑木林博物館構想が具体化したところ。

← ミソソバ

あの宮崎駿監督の 「トトロの森」に隣接したところ。 Photo011

雑木林、湿地を含む里山の景観そのものを守るとともに、001_2自然を体感できることを目的に 20年前に設置されたところ。003

10時ちょっと前に資料館に到着。ガイドさんが親切にコースの説明をしてくれ、1時間半コースを選ぶ。途中、写真上 ユウガギク、、下 ツリフネソウがいっぱい出迎えてくれた。 ノバラアザミも咲いていたが写真撮り忘れ。

急な坂があるコースを選んだせいか、85歳になる隣人は坂を上りきったところで小休止。そして、近くのあずまやでお茶タイム。 市で行われる市長選挙などの話に花を咲かせたあと、帰路。

前に数回来たことはあっても、いつもガイド付き。でも今回は友人たちのみ。1回道がわからなくなり近くの人に道を聞いたが、005_3、「よし、これで分かった、もう友人を案内することが出来るぞ」 との思いが今日の成果。

ご覧のような緑のトンネルの散策はチトンチットのにおいが鼻をくすぐり、緑の風は五感を吹き渡る。 月に1回ほどはガイドツァーがあるので、またその日に来ることを心に落としてバイバイのバイ

2016年5月21日 (土)

加治丘陵

A1生態系保護協会の人たちと一緒に好天の加治丘陵を歩く。 上尾から2時間かけて自転車で来た人、日高の人 さまざま。

加治丘陵は、ひとかたまりの自然が面的な広がりをもって保全されている埼玉県でも数少ない貴重な緑地。 起伏の多いでこぼこした地形で谷が発達し、沢が多い。007
沢は小川となって丘陵の北を流れる入間川や南を流れる霞(かすみ)川にそそぐ。丘陵の森林がはぐくんだ土は、雨が降れば土中に浸透させながらゆっくりと水を流す自然のダム機能ももっている。

さて、植物愛好家からたくさんの植物の名前をおしえてもらった。せいぜい4つ5つしか覚えられない。 名前の同定も危ういので見た名前と写真を載せる。003
サイハイラン (最初の写真) オカタツナミソウ、シソタツナミソウ、テイカカズラ、  ニワトコ、ツリバナ、 ウグイスカズラ、ヤマ紫 (触るとさわさわした感じて気持ちが良い)

アオイスミレ ( ロゼット状になっている。)ツリガネニンジン、オオバギボウシ、 ヤマグワ、セリバヒエンソウ、クサノオウ、蛇いちご、ミズキ、シラカシ、アオハダ、キンモンソウ、キモキリソウ、イボタ、ガマズミ、ヤブムラサキ、 オオバノトンボソウ、クモキリソウ、 山ツツジはまだ咲いている。

看板の横にあるのは、キンランかギンラン。 コアジサイはあちこちでよく咲いていた (最後の写真)011_2
などなど。 先生はもっと云っていたが書きとめ、目でチェックしたのはこれくらい。

ともあれ、これだけの緑を守るトラスト地が近隣にあるということはうれしい。013
 気温上昇で数年前まであった植物がかなり減少していることや谷の水流も力ないことをなげいていたが・・・。

開発の波がどこにも押し寄せる中 ぜひ守ってほしい 「いやしの森」 。002


033今日の私のお弁当。肉系がなかったので、シーチキンを砂糖醤油で炒め サラダ菜でつつんだ。周りにおいているのはおせんべい。


032





018


021


023_2





027_3


2015年12月23日 (水)

八国山緑地

我が市にもまたがって狭山丘陵がある。その東端に位置する八国山緑地 (↓)を歩いた。Park_map021狭山丘陵は埼玉県と東京都の都県境に奇跡的に残された東西11キロ、南北4キロ、総面積約3500haの緑地。 遺跡の宝庫でもあり、230以上が確認されている。001

高等植物1000種以上、鳥類200種以上、準絶滅危惧種のオオタカも棲息。 そして、今日歩いた八国山周辺はあの宮崎駿監督作品 「となりのトトロ」 で舞台のモデルとなったところ。

ここは、コナラ、クヌギなどの雑木林になっており、今日も鳥のさえずりはいろいろ聞いたが、私は同定することが出来ない006

八国山とは、上野、下野、安房、相模、駿河など八国の山々が眺望できたことに由来。鎌倉時代の古戦場でもあり、戦前は軍の射撃練習場になったところ。

狭山丘陵は1990年、ナショナルトラスト運動がおこり、トトロのふるさと基金が約4万㎡を所有。その取得には3億円強を要したそう。Pamphlet_sayama1_2

で、私は今日は西武鉄道主宰の「ウイークデーハイキング」に参加。 所沢東口から熊野神社、特蔵寺、八国緑地から西武園遊園地までの約6・5キロを歩いた。冬空とはいえ、数百人の中の一人、とあって遅れを取りたくない私はまるで競歩のごとく歩いたので 汗かきかき。途中からは手袋も帽子も仕舞い込むあたたかさ。

 狭山丘陵の埼玉県側は西武鉄道が住宅地、遊園地などに大型開発。奇跡的に残された都心に近い緑地。 ぜひ守り続けてほしいところ。

2015年12月19日 (土)

市の野鳥 30年の変遷

001_2
頭書の講演会に参加。講師の柳沢紀夫先生は50年以上、野鳥の観察にかかわり、あの佐渡島のトキの放鳥プロジェクトにも参加。

以下 冒頭のあいさつ、調査にあたって・・・ より。

「鳥はくちばしを見ると何を食べているのか、脚を見ると何所でくらしているのか、翼を見ると空の飛び方がわかる。長い時間かけて現在すんでいる環境で生活がしやすいように、くちばし、脚、翼などを進化させてきた。003_2

自分の持つ道具が有効に働かないところでは生活できない。 厳密に環境を選択して生きているので、「鳥は環境の指標動物」といわれる。

(右の写真は左上が30年前のわが市。緑地がまだ多い。時計回りで左下が現在の緑地状況。)

このような鳥の消長を知ることは、わが市がどのような環境の町なのか、どんな自然環境なのかを知ることが出来る。004

衣食住のすべてを自然に依存し、人は生態系の中に組み込まれていて、やっと生活させてもらっている動物。手の届くところに、質の高い優れた自然が豊富に存在することが、人にとってとても大切。

自然を改変しつづけていると、そのゆがみが地球の温暖化にあらわれ、そこからオゾン層の破壊や台風の数、雨量などの天候の変化をきたす。009_2


自然環境の保全に十分に配慮した国、県、市の行政運営が、今ほど望まれ、期待される時代はないと思う。010

この調査は、30年前、20年前、10年前と同一の手法で、市域全体をカバーした面積を調べ、固体数と比較できる鳥類調査は国内では他で行われたことがない。 類をみない、先進的な調査。011_2


これからも、こうした調査はつづけて実施し、そこで得られた結果から多くのことを学び取って市政運営に生かしていってほしい。012

このメッシュになっている区画を1区画、として鳥類分布調査。

2014年に1羽になったのはコサギ、4羽になったのはカッコウ。

減少しているものがほとんどだが、増加しているのもある。それは、14年に62羽になったのは、アオサギ、18羽になったのは オオタカ。これはうれしい!!

しかし、まあ下図の鳥瞰図をみると右上には自衛隊基地、左下にある白い滑走路は横田基地、右サイド真ん中あたりにあるのは、米軍所沢通信基地か、黒いところは緑地。この地図ではひっかき傷のような箇所が10か所もあるが、ゴルフ場。 基地に囲まれ、ゴルフ場にかこまれているような住宅地。 人間さん、鳥さん 大丈夫?? 生きていけるかい??   

017

2015年9月10日 (木)

線状降水帯

K10010225351_1509101400_1509101404_今日は、自然の驚異に被災された方たちのご苦労を思いやるだけの時間多々。

埼玉県でも越谷、越谷といえば先般アコ合宿のおりの担当してくださった先生が住む地、先生のお宅は大丈夫だろうか、姉の住む千葉県は幸い姉の住所地は大事には至っていないことを確認。Yjimagekxqenhu4_2

しかし、常総市、鬼怒川流域。 今はどんなお気持ちで被災地の方々はいるだろうか? 一刻も早く消防、警察の救助、救援をと願いながらメディアに耳目をそばだてる。

何故、このようなことにと、目をむけると 「線状降水帯」という言葉が入ってきた。 台風の多くの発生も地球温暖化が原因の一つとなっているようだが・・・。20150911dd0phj000051000p_size71_2


この解説図を読むと、フムフムとしか言いようがないが、被災された方たちには、とにかく行政のいきとどいた支援をのぞむしかない。 また、災害救助法の適用はまだなのB47ac1f6945edfe52a664dd415e0e5c01_3
か・・。

災害救助法

http://www.bousai.go.jp/taisaku/kyuujo/pdf/siryo2-1.pdf




2015年7月 4日 (土)

長野駅から

081こんな日があれば、よかったのだけど、今日は雨。 梅雨時に来た 「白馬」だから仕方がないけど、花はたくさん見ることができた。 また来ましょう、と願いを込めて 栂池高原のホテルを後にする。148


長野といえばそば。

長野駅でおいしい蕎麦屋さんをみつけて おいしいてんぷらそばの店に入る。

私は小盛りなのに、300グラムもあるそば。たべきれなかったが、おいしかった (*^_^*)

それにしても、白馬五竜が、民間企業経営とはおどろき。 高山植物を保護しながら育てている、とはいえ、自然の山とはいいがたい。152_2

白馬にいくなら、あのお花畑からのトレッキング準備をしたい。

2015年7月 3日 (金)

栂池自然園

098103ホテルから間もなくのところにあるゴンドラ駅。ゴンドラに乗って20分。 つぎにロープウェイで約12分。

標高1560メートルから「中部山岳国立公園 第一種特別地域」。 標高2000メートル前後に広がる「自然園」は、日本有数の高原湿原。

写真は、右から 白馬乗鞍岳、 小蓮華山、白馬岳。

数百万年以上もの長い年月をかけてできた4ヶ所の個性的な湿原、数百種類の高山植物が咲き誇る自然の空間。

こちらは、白馬五竜を違って かなり自然に浸ることができる。106

ロープウェイがあるのは、 1984年までは車で自然園の入り口まで上ることができた。しかし、車から出る排気ガスのもたらす自然への影響をが懸念され、車両規制。、1989年 環境への負荷が少ないロープウェイが設置。

ミズバショウ湿原

圧巻はちょうど今。6月下旬から7月上旬。残雪と新緑の中に咲くミズバショウは見事。本州では一番遅咲きと言われる。

ワタスゲ湿原

白馬では見られたが、ここでの群生地といわれるワタスゲやチングルマはまだ見れず、残念。118

浮島湿原。

ワタスゲ湿原より、ここまでは、普通の運動靴では無理、と言われたが雪渓をなんどか越し、水の流れる坂道をよけながら歩いて たどり着く。 山靴に履きかえれば良かったかな、と後悔しながらもたいした不便も感じなかった。  池に映る白馬岳の姿は見事、と言われたがあいにくガスが席巻。 小さなかわいい浮島を見て、ここで引返す。

花の名前は、これと名前が確定したものだけをアップ。

〇 サンカヨウ  〇 キヌガサソウ  〇 リュウキンカ  〇ミズバショウ  〇シラネアオイ  〇 バニバナイチゴ142_2


  〇 エンレイソウ  〇 タカネザクラ   〇 ムラサキヤシオツツジ099
 

105


117


126


133


136


143





137

2015年7月 2日 (木)

白馬五竜高山植物園

004_2031


白馬にくるまでは、ずっと雨。初日は温泉でゆっくり。あとは読書など。

二日目はまあまあの晴天。白馬五竜植物園に行く。 ともかく花をたくさん同定することができた。

この高山植物園は、2013年開園。長野県では唯一。 民間企業経営というから驚くが公益性としては高い方。007

とおみ駅という標高818メートルのところから、ゴンドラで1515メートルのアルプス平駅まで行く。

ここにはさまざまな高山植物がスタッフの手によって保護・保全されている。

私はここから、さらに10分 アルプス展望リフトに乗って、1676メートルの地蔵ケルンを目指す。

地蔵沼などを通るアルプス遊歩道を歩き、帰り道はアルプス展望台まで歩く。018


013この間、同定できた植物をアップ。


あとは名前を羅列するので、ご想像におまかせ。

i〇  クロユリ  〇  サラサドウダン  〇 ノギラン  〇 ハッポウウスユキソウ 〇  027イワシモツケ  〇 ミヤマトウキ

〇  オニノゲシ  〇 ミヤマトウキ  〇 コバイケイソウ 〇  ワタスゲ  〇 ミズバショウ  〇 イワベンケイ  〇 ミヤマアズマギク  ○ ヒマラヤの青いけし

〇 アカモツ 〇 コマクサ  この花は馬の面によくにているので、この名前がついたと。  ○ クリンソウ

ごらんのように、まだ雪渓ものこっており、そのそばにすこしだがミズバショウ。

ワタスゲの群生は月の日の栂池よりはずっときれいに咲いていた。

植物園、とあってスタッフが一定区域内には高山植物の植え付けや整地。 民間企業経営だから観光地化するのも仕方がないか。

アルプス平から小遠見山までトレッキングする向きには、山歩きの醍醐味を味わえると思うが、ゴンドラとリフトに乗り継ぎ、植物園のさんぽだけでは、、私のような高齢者か子供でも気楽に来れる。

しか~~し、今一つ人工的な植物園であることは否めない。

山登りなどできないくせに、この「人工的空間」には今ひとつしっくりこない。

左下にニッコウキスゲがある写真は地蔵池。モリアオガエルの卵が右上に見える。032


034


036


045


053


055


060


061


065


070


073


076


075


081


084


092


093

より以前の記事一覧