無料ブログはココログ

リンク集

2017年10月17日 (火)

平和の琉歌

昨年、沖縄で聞いたネーネーズの「平和の琉歌」がたびたび思いだされる。オスプレイも大型輸送機も墜落しても一向に止めようとしない政府と米軍。沖縄の人たちの苦しみは本土の苦しみ。 広島ではミサイル妨害用のフレアなる火炎弾を民間地上空で発射訓練をくりかえしている。 わが町の上空でもいつそうなるか現実的になってきた。 

2017年10月 5日 (木)

小さな木の実

この10月18日の「歌おう会」では、私がこの歌を伴奏する。 八分の六拍子で先生からは「とても難しいから「ソロできちんとできるようにならなければだめですよ」 と言われたけど、歌リードさんやフルート奏者との重奏で楽しく演奏しようと思っている。 もう36年も前の歌だけど、今でもすべての青少年に贈りたい歌! ヽ(´▽`)/

ああ、この景色、日本じゃないな、と思っていたらイギリスのストーンヘンジでしたね。

2017年9月27日 (水)

「死んだ男の残したものは」

北朝鮮のミサイル発射や核実験。韓国大統領、国連事務総長、ヨーロッパ首脳などが冷静な解決を求めているにもかかわらず、現政権やマスコミは今にも戦争がはじまりそうに「 北朝鮮の脅威 」 を あおる。 武器には武器を、の風潮にのっていいはずがない。米戦闘機が北朝鮮国境付近を滑空、 誤発射、誤解が突発的に起きないという保証はない。 一番近い米軍基地は日本の基地。 稼働原発は5基。  国難選挙をいうなら、この解決をまず目指してほしい。 ベトナム戦争時に谷川俊太郎の詩、武満徹の反戦歌「死んだ男の残したものは」を思いやる。

2017年9月10日 (日)

サイレント・マジョリティ

私のブログとしては、このような若者の歌は突然の驚き!! 。でも、今日伊藤真さんの講演会を聞き、サイレント・マジョリティの一員であるような自分に愕然としている。 講演内容は素晴らしくすぐにはまとめきれない。明日出来るかどうか・・・。 アーティストもこんな形で今の社会に警鐘をならしている・・・。

2017年8月24日 (木)

ダスティン・ホフマンになれなかったよ

     私はアコに触るまで歌に縁がなかった。 だから好きな歌手、好きな歌をいうものを持ったことがない。 しかし、この歌だけは別。 ダスティン・ホフマンが好きだったこともあるが、大塚博堂のこの歌だけは印象的だった。 普通のおばさん、普通の家庭で満足しているが、何かになれなかったことを悔いているわけではない。ただ、無性にこれが好きだ。 いつかアコでこの歌を演奏したい

2017年8月10日 (木)

うたごえ喫茶

Yjimage6近」所の「うたごえ喫茶が始まって今日でちょうど10年になる。私は5年位前から参加。 アコーディオン、フルート、ギターと贅沢な伴奏につられて、音痴の私も大声で歌ってきた。

一本の鉛筆、Yjimage4
長崎の鐘、折鶴など平和の歌、霧の摩周湖、、蘇州夜曲など 行ったことあるところもあり、遠出はほとんどできない今となってはとても懐かしい歌、  蛍、大地の歌 など環境を守りたいと願う歌などを歌った。

昨日は8月9日、長崎に原爆が落とされた日。 今朝のNHKラジオから15歳の時に広島で被爆した人の話を聞いた。。「顔、両腕が焼けただれ、治療といえば 小麦粉にお酢をまぜたものをぬっただけ。 もう母も助からないと思い、私を抱いて子守唄を歌ってくれた。Yjimage9
私は意識が失っていたが 母の子守唄が遠くから何度もなんども聞こえてきて、そのうちに意識が戻った。 子守唄に助けられて この世に生還したようなもの。 かれはその後、教師になり 校長になったが被爆体験はほとんど語らなかった。

しかし、ある時、退職後入った会社の人事採用担当になり、教師から教えてもらった原爆の話を採用時の文に書いた人がいた。その教師は自分だったことがわかり、以来原爆の語り部として平和センターに所属して活動することになったという。

資料館の蝋人形についても言及していた。 怖い、おそろしい、ということで昨年撤去された。しかし、例えば友人が血を流しているときに、怖いといって逃げ出すことができるだろうか? と疑問を投げかけた。Image2

彼は子守唄にたすけられた命を平和のためにささげたい、と云う。

さて、さて、私のアコーディオンも少しはみなさんのお役に立てるだろうか?

2017年8月 5日 (土)

死んだ女の子

今日は「うたごえ喫茶」に参加。明日 8月6日なので、平和を願う歌をたくさん歌った。 なかでも、この歌は忘れられない。 動画を色々探ったがどうも気に入るのが見当たらず、トルコでの演奏会模様をアップ。

これは、原水禁世界大会に参加したトルコ代表団の一人が女の子から署名を依頼されたのを体験して作ったという歌。

1 とびらをたたくのはあたし
  あなたの胸にひびくでしょう
  小さな声が聞こえるでしょう
  あたしの姿は見えないの

2 十年前の夏の朝
  あたしはヒロシマで死んだ
  そのまま六つの女の子
  いつまでたっても六つなの

3 あたしの髪に火がついて
  目と手がやけてしまったの
  あたしは冷い灰になり
  風で遠くへとびちった

       (間奏)

4 あたしは何にもいらないの
  誰にも抱いてもらえないの
  紙切れのように燃えた子は
  おいしいお菓子も食べられない

5 とびらをたたくのはあたし
  みんなが笑って暮らせるよう
  おいしいお菓子を食べられるよう
  署名をどうぞして下さい

2017年8月 2日 (水)

第10回歌おう会

20170319oht1i50057t1今日は近所の人6人が集合。 10月に近くの公民館で開く 「歌おう会」の伴奏曲、進行などを決定。 今までは「うたごえ喫茶」と銘うって、我が家でひらいていた。 が、無料の会のため、茶菓は自由持込みと相成り、 「うたごえ喫茶」の名称は使えなくなった。

うたごえは 24曲を決定。93b690_89c18dh3mini82cc83r83s815b1

童謡: りんごのひとりごと、村祭り、冬の星座、かかし、ローレライ など

歌謡曲など: 松の木小唄、ボケない子唄、竹田の子守唄、斉太郎節、影を慕いて、 津軽海峡冬景色、童神など、など。Yjimage2

合間に、琴ソロ、琴とピアノ重奏、ピアノとフルート重奏、ハーモニカ、腹話術など 25分のコンサート、お楽しみを入れる。

近所の人たちが集まって第10回までやってこれたのも、皆さんの 「しっかりした心の強さ、音楽への愛情、そして、中高年の居場所つくり」 などの精神のたまもの。Yjimage2

そして、今日の誕生花は サギ草、 優美でどうしてこんな素晴らしい形の花になったかと見とれるばかりのサギ草。 その花言葉は 「心の強さ」 。 友人がサギ草に見えてくる、とは お世辞の言いすぎ?

2017年8月 1日 (火)

明日に架ける橋

来春の陽だまりコンサートの合奏曲、「明日に架ける橋」の練習が始まった。いつ聴いてもいい歌。こんな歌をアコで弾けるなんて幸せ。lovely 練習早くはじまったわね、、と思うなかれ、全員練習の時間はわずかしかない。、11月の歌声喫茶、来春のコンサートの伴奏曲はほとんど自主練での対応。 ということは、40曲位は自己練習。 その他に毎月のボランティア、地域公民館うたごえ、と 練習曲は楽しく目白押し (〃゚д゚;A A゚Å゚;)ゝ ゚+:.

2017年7月13日 (木)

君死にたまふことなかれ

久しぶりに「うたごえ喫茶」 に参加。 アコ伴奏者が今まで この歌は歌ったことがないから、と云って紹介してくれた。 詩は多くの方は存じでしょうが歌はめずらしい。 

この詩を作ったころは日露戦争(1904年、 明治37年)のころで、満州事変勃発後(1931年、昭和6年)に比べれば嫌戦詩もそれほど弾圧されなかった。彼女はこのころは嫌戦詩人という評価もあったが、以後、4男が戦地に行くころは励戦をあおる部分もあった。 しかし、この 「君死にたまふ・・・」 は歴史に残る名文としても記憶にとどめたい。

ただし、この動画では最も感動的な 最後の5番の歌詞がない。 

「のれんのかげに伏してなく  あえかに若き新妻も  君忘るるや 思えるや  

十月もそわで別れたる  乙女心を思いみよ   この世一人の君ならで

ああまた誰をたのむべき  君死にたもふことなかれ」

この動画が終わると、一橋大学合唱団 ユマニテ の合唱がある。そちらは最後まで歌っているし、レベルも高い。

より以前の記事一覧