無料ブログはココログ

リンク集

2018年8月 9日 (木)

さとうきび畑

今日は1ヶ月に1回のうたごえ喫茶。  長崎に原爆が落とされた日でもあり、翁長知事が亡くくなったこともあり、この歌で 沖縄を、平和を 思い起こしたい。

2018年8月 6日 (月)

喜多方からの移動日

たかはしべんさんの歌を思いだす。 この歌は昨日は歌わなかったけど、8月6日、平和を祈る日ということど、音源が他よりいいから、この歌。  、「蜜蜂と遠雷」 の本に刺激をうけて、喜多方からのバス車中5時間 ほとんど バッハ、ショパン、ドビッシーを聞く。 ホームスイートホームに帰る。

2018年7月29日 (日)

AKB48  ぼくたちは戦わない

Yjimage5AKB48に こんなタイトルの歌詞がある。 

「僕たちは戦わない   憎しみは連鎖する  だから今 断ち切るんだ  この世界で流れ落ちる涙の総量決ってるなら  みんなで分かち合おうか  愛を信じてる
振り上げたその拳  誰も下ろす日が来るよ

僕たちは戦わない 明日を信じてる
絶望の雲の下  切れ間に青空 探せ!
君が思うより 人間(ひと)はやさしい 何もあきらめるな  微笑みは太陽だ
冷えた仲 暖めるよ   もし誰かが胸の奥に怒りの理由(わけ)を溜めているなら
すべてを聞いてあげようAs20180726004398_comml1

僕たちは戦わない  愛を信じてる
ただ殴り合っていたって  時間(とき)は解決しないさ  たった一つのボタン 掛け違えて
 啀(いが)み合った  今日までの不幸  許し合おうよ

僕たちは戦わない  愛を信じてる
振り上げたその拳  誰も下ろす日が来るよ
ラララ…(いつか)    ラララ…(きっと)    ラララ…」As20180721000897_comm1

秋元 康さんも良い歌を作る。  こんなふうに世の中が回って行ったら防衛予算の5兆円、6兆円ももっと少なくて済むし、 災害被災者にもっと厚い手を差し伸べることができるのに・・・。

5兆円って想像つく?? 新札でいうと100万円が1㎝、1億円で1m、1兆円はその10000倍だから 10㎞。 つまり富士山の約3倍のたかさを積み上げると 1兆円。  すると 富士山を15倍に積み上げた高さの1万円札が5兆円。  庶民には想像つかない щ(゚Д゚щ)カモォォォン

2018年7月14日 (土)

古賀政男没後40年記念番組

古賀政男の記念番組を見た。 ちょうど今月の歌のなかに「影を慕いて」が入っていたし、古賀メロディーも今までかなり伴奏してきた。   この歌は 昭和6年発売。 昭和に入り、大正期のモダニズムが影をひそめさせられ、暗い世相が蔓延してきたころ、 古賀は自分のロマンチシズムが崩壊した絶望から自殺を図った。 その時に逗留していた近くの山、蔵王にかかった夕焼けを見て 「影を慕いて」の一片の詩が浮かんだという。 この番組で、大川栄作が師匠からいわれたこと。 〇 歌は耳から耳にとどけるのではない、耳から 心に届ける。  〇 声をかむこと・(咀嚼しなさいということか)、 歌伴奏者としても心にとどめなければ。  なお、彼は1974年 美空ひばりが 一本の鉛筆 を歌った 広島平和音楽祭も開催している。

2018年7月12日 (木)

うたごえ喫茶

今日、うたごえ喫茶で歌った歌。 心に沁みる歌。

2018年6月14日 (木)

夏休み

近所のラーメン屋さんでやっている月に1回の「うたごえ喫茶」。 責任者が手を退き、存続が一瞬危ぶまれたが、スタッフの固い絆で続くことになり、ホッ。  私も今後は出来る限りお手伝いしようと思う。 この歌、37年前の歌だし、介護施設には向かないかな? と歌リードさんたちに問いかけたところ、「大丈夫よ。」 の声。 7月にボランティア曲に入れよう。 吉田卓郎は 「この歌は広島とはなんの関係もない・・」 といっている。 あるファンが、「都市伝説的」 に広島と関係づけて拡散したのか・・・・。

2018年6月13日 (水)

今月の歌(ボランティア用)

Yjimage8今日は歌リードさん、3人と今月の歌練習。

伴奏曲に多く童謡を取り入れた。

① かたつむり  ② あめふり  ③ てるてる坊主  ④ 雨  ⑤ あの子はだあれ  ⑥ 夏は来ぬ  ⑦ ああ 人生に涙あり  ⑧ 有楽町であいましょう  ⑨ 鐘のなる丘  ⑩ ああ 上野駅  ⑪ 湯の街エレジー  ⑫ 会津磐梯山Amehuri1

サラダボウルとしては今月五ヶ所。 歌リードさんの都合で歌姫は4人になり、 歌の練習も3回やることになり、その分本番でしっかりできるから良いか (*^。^*)Hqdefault1

昨日、一昨日の大雨のおかげで、今年挿したアジサイがほとんど根付いた。 冬をこさないと本当に生きているかどうかはわからないが、今日も二人の友人に花を贈ることが出来た。 昨日は独りにしかさしあげられなかったけど、5・6種類の花にとても喜んでくれた。  今年は花を贈る喜びをアジサイはたっぷりと与えてくれて ウィン・ウィン。

2018年6月10日 (日)

サンライズ・サンセット

19世紀末、ウクライナ地方で小さな牛乳やを営むテヴィエ。 5人の娘に囲まれ、ユダヤ教の戒律を厳格に守り、つましくも幸せな毎日を送っていた。 ユダヤ人排斥が次第に台頭するなかでも、長女の結婚式には村中を揚げて祝いの式をあげる。その時の挿入曲。 サークルのトップの二人が弾いていたので、おそるおそる弾いてみた。  「うん、なんとか 音は取れたぞ o(*^▽^*)o 」。この画面はその映画とはかけ離れているが、歌がはっきりしているので、これをアップ。

 

サンライズ サンセット

       あの小さかった娘が  あの腕白小僧が

    こんなにりっぱになったのね  いつのまにか

    いつの間にか美しく  いつの間にか逞しく

    昨日まではまだまだ  幼いと思っていたのに

    日は昇り  日は沈み

    月日は流れ  つぼみは大きな花となり

    眼にもあでやかに咲いた

    日は昇り  日は沈み  月日が流れ

    たち替わる季節ごとに  人もまた成長する

    どんな言葉をかけたら  この子達を導びけるのか

    自分たちで切り開いていくわ  日ごとに

    日は昇り  日は沈み  月日は流れ

    たち替わる季節ごとに  人もまた成長する

 

 

 

 

 

 

 

2018年6月 2日 (土)

うたごえ喫茶

1ゖ月に1回、良くて2回行けるか行けないうたごえ喫茶。 こうしたところに行かないと、世の中にどんな歌があり、あったのかを知らない私。 今日、歌ったこの歌、いい歌だった ψ(`∇´)ψ

2018年5月25日 (金)

迷い道

今朝、ラジオからふときいた歌。 濱田省吾 悲しみは雪のように、 研 ナオコ アバヨ、  渡辺真知子 迷い道、 が心に止まった。 この「迷い道」、40年も前の歌。 この歌が流行っていたころ、子育てで歌どころではなかったが、耳にすると懐かしい。

今日はお世話になった所に白アジサイ、ガクアジサイを届けることが出来た。 ハイビスカスも咲き始めた。 ブルーのガクアジサイを一鉢いただき、 ピンクのガクアジサイを二鉢購入。 来年はアジサイ御殿になるか (*^_^*) 

より以前の記事一覧