無料ブログはココログ

リンク集

2018年5月25日 (金)

迷い道

今朝、ラジオからふときいた歌。 濱田省吾 悲しみは雪のように、 研 ナオコ アバヨ、  渡辺真知子 迷い道、 が心に止まった。 この「迷い道」、40年も前の歌。 この歌が流行っていたころ、子育てで歌どころではなかったが、耳にすると懐かしい。

今日はお世話になった所に白アジサイ、ガクアジサイを届けることが出来た。 ハイビスカスも咲き始めた。 ブルーのガクアジサイを一鉢いただき、 ピンクのガクアジサイを二鉢購入。 来年はアジサイ御殿になるか (*^_^*) 

2018年5月10日 (木)

アリラン

今日はうたごえ喫茶。 沢山歌ったなかでも「アリラン」、が特に印象的。

日本には60万人もの朝鮮籍の人がいるという。 中には戦前仕事を求めてきた人もいたようだが、強制連行で強制労働に従事させられた人たちの子孫も多い。 もともと 天皇家は 天照大神の子孫という、つまり天(地続きの国ではなく・・、) よそからつまり外国から来たというニュアンスもある「古事記」。 こんなつながりの深い朝鮮が今、大きく変動しようとしている。 しっかり見つめていきたい。

キム・ヨンジャが歌っているハングルは島津 亜矢 が歌っている1番と同じもの。 なお、アリランとは「峠」を意味するとも伝えられ、 本来の「峠」の意味よりも、「苦労」という意味で歌われてきたらしい。

2018年4月22日 (日)

あの鐘をならすのはあなた

今日は市内うたごえグループと東京視覚障碍者協会の共催による うたごえ喫茶に参加。 うたごえの伴奏はアコーディオン、ピアノ、ギター、フルート、ドラムス、バイオリン、ベース などの贅沢な演奏をバックに声を張り上げる。中でも、私のイチオシはこれ。 家族、友人・知人に囲まれなければ今日の私はない。  「あなたに会えてよかった・・・」      (スペイン語の歌詞は気にしないで・・。 他より、和田アキ子の衣装が良かったからという理由でこれを選んだの。)

2018年4月14日 (土)

明日に架ける橋

明日の陽だまりコンサート」ではこの歌が合奏曲として演奏される。 私自身はこの歌のように 困った人の涙をぬぐってあげることはできないけど、私の周りには 私を助けてくれる 家族、友人、知人が 私に向かってこの歌をささやいてくれている。 そう思える人生はなんと幸せなことだろう。                      シリアへの空爆が伝えられる。 もう7年にもなるシリア戦争は宗教戦争や石油利権ともからみあい、泥沼化の様相。 シリアの一般ピープル、子どもたちは ・・・。         ダマスカス近郷に住む男性へのインタビューがあった。「爆弾落として誰が得するんだ。5分おきに1時間半も続いた。」  もしかして、私だって日本人ではなく、シリア人に生まれた可能性だってある。 そう思うと、世界中にサイモン・ガーファンクルのような人間が必要になる。

2018年3月11日 (日)

このすばらしき世界

この歌のような世界がいつの日か必ず来ることをねがいます。

震災俳句から   「ほんたうの 空よかえれと さえずれり」   「コーヒーに ミルク線量計は どこだ」

2018年2月15日 (木)

12の誕生日に

バレンタイン関連でこの歌。 いい歌! ピンキーとキラーズが歌っていた., 家族、友人、知人におくります。

一月生まれの 友達に                                    
数えてみたい ものがある
凍った空の 星の数
冷たい銀の 冬の星
贈ってあげたい ものがある
遠い国の 雪山の
淡い命の 雪の花

二月生まれの 友達と
数えてみたい ものがある
凍った空の 星の数
冷たい銀の 冬の星

三月生まれの 友達と
話してみたい ことがある
緑の光の 花園で
愛することの 喜びを
ルルル ルルル ルルルルルルル

四月生まれの 友達と
さがしてみたい ものがある
小さな小さな 幸福(しあわせ)
(つゆ)にぬれた 四つの葉

五月生まれの 友達と
歩いてみたい 道がある
青い霧の かよう道
忘れた昔の 時の道

六月生まれの 友達に
編んであげたい ものがある
空から落ちる 白い糸
るんるん光る 雨の糸
ルルル ルルル ルルルルルルル

七月生まれの 友達と
遊んでみたい とこがある
遠い遠い 空の海
流れて消える 白い雲

八月生まれの 友達に
飲ませてあげたい ものがある
オレンジ色の 太陽を
浮かべた赤い 飲み物を

九月生まれの 友達と
かけてゆきたい とこがある
月のかかった 青い夜
白い小馬の 背にのって
ルルル ルルル ルルルルルルル

十月生まれの 友達と
みつめていたい ものがある
七つの色の 夕やけを
海にとけてく 夕やけを

十一月生まれの 友達と
歌ってみたい 歌がある
秋の枯葉の レクイエム
悲しく光る レクイエム

十二月生まれの 友達に
教えておきたい ことがある
人は冬の 旅に出る
白い荒野を どこまでも
ルルル ルルル ルルルルルルル

2018年2月 8日 (木)

うたごえ喫茶

近所のラーメン屋さんが、歌声喫茶の場所を提供してくれている。 奥さん一人でやっているお店だがけっこう流行っている。 そんな中での「うたごえ」、北陸の雪、台湾の地震と不安のタネは尽きないが、せめてここで明るく生きましょう、てな感じで今日 私が印象に残った歌。 カラオケだけで申し訳ない。 でもちゃんとした歌をお聞きになりたい方は動画がいっぱいあるからそちらを訪問してくだされ。

2018年2月 4日 (日)

うたごえ喫茶

仏子にある うたごえ喫茶 「しお」 に参加。 この歌をみんなで歌った。 もう50年も前の歌だけどいい歌! デーサービスで歌いたいけど無理かな。 こうしてみると歌の力を信じる気持ちが大きくわいてくる。

2018年1月16日 (火)

明日に架ける橋

このブログにこの歌をアップするのは2回目、何度聞いても聞き飽きない心に染み入る歌。 いつでも聞いていたい。この4月にアコサークルで演奏する。鋭意 練習中。

2018年1月11日 (木)

心の窓に灯を

何故か最近知ったこの 「ザ・ピーナッツ}の歌。 この時期とても心に沁みる。今日「うたごえ喫茶」で一番心に残った歌。

より以前の記事一覧