無料ブログはココログ

リンク集

2018年8月17日 (金)

8月ボラ ①

0028月1回目のボランティア。 この1回目は貴重。 あとの4回をどのようにもっていくかがここで決まる。 

さて、今日はフルート奏者と二人のところ。まずは歌伴奏。 かえるのうた、、蛙の笛、かもめの水兵さん、鎌倉、海、 遠くへ行きたい、 翼をください、 川の流れのように、 東京音頭、 影をしたいて、 悲しき口笛、三池炭鉱節、 の12曲。003

② フルートソロ、  ユーモレスク、アイネクライネ・ナハトムジーク、モルダウなど4曲。 私でも知っているこれらの調有名なクラシック。  彼女もどんどん腕をあげているので聞き惚れます。Yjimage1_2

最後に利用者さんの一人が 「音楽はいいですね。 なかなか生で聞く機会がないものだから、今日はありがとうございました。」 といってくれたのが うれしい。

③ 腹話術  とのさまがえる。 背景幕がクリーンでとのさまがえるの色とかぶってしまったのが、難点だったかなぁ。 話しには笑いがよく来たけど・・・。

2018年7月28日 (土)

7月ボラ ⑤

128123930223816118040_ae85e401c3fed「台風が来るけど、今日のボランティア いきますか?」 とのメール。 なんのこれしき、てな感じで行った。 幸い 午後4時ころまではふったりやんだりの小康状態。 気兼ねなく行くことが出来たが、豪雨災害の被災地を通過する、という。 なんともいたわしい。 どうか最小限の勢力で通過してほしいと 願うばかり。002
さて、いつもの12曲をアコ伴奏で歌ってもらう。今月を通して思うことは、童謡も声は大きいが、「長崎の鐘」は特に、どこでも「絶唱」 といってもいいほどの 大きな声が聞こえてくる。 みなさん、心に思いが沈殿していたのか、そしてあの戦争を思いだしてか、精一杯の顔して歌っている。

プログラム ② はピアニストのソロ 月光、星に願いを、子猫のワルツ、子犬のワルツの4曲。 「月光」は特に、戦地へ赴く兵士が心を籠めて 弾いた、という逸話もあり、なぜか悲しい。E0057640_233550981

プログラム ③ 腹話術、 「ヒョウのハチ」は 終わったあと、「いいお話でした」 との声、声に 「ああ、腹話術もやってきて良かった」 としみじみ。 さて、今月ボラは今日で終わり。  

話変わって、今年は いわさきちひろ 生誕100年。「こどもの幸せ」をことほどさように表現した画家は突出しているとも言われる 「ちひろ」、最晩年に描いたのは 「戦火の中の子どもたち」。 いつまでも語り継ぎたい絵本。

2018年7月27日 (金)

7月ボラ ④

001_2今日は医療生協の みどりの杜 という合唱サークルの伴奏に呼ばれる。 このサークルが介護施設内で 入所さんたちを招いて 毎月一緒に 「うたごえ」をしている。しかし、今月と来月は先生の都合でお休み、私に声がかかった。 プロの代わりなんかできない、という私に、毎月やっていることとおなじようなことをやればいいのだから、と説得され、駆け付けた。Yjimage9
合唱サークルは確かに、私よりすこし若いくらいの人たちが中心で10人ほど。 利用者さんは、月ごとに参加人数を限定しているため、10人ほど。  机を取っ払えば、もっと呼べるのに、と思ったけど、そのサークルのやり方があるので仕方ない。Yjimage3
1時間ほど前に着いたので、サークルの人たちだけでまずは声だし。 いつもは 1時間で5曲ほどの歌で、あとは曲にまつわる説明や思い出話、などらしい。 私は12曲分の歌詞カードをもってきたので、今日は特別12曲。

始まると、利用者さんが途中あたりから、雰囲気にのってきたか、 歌詞カードをみただけで 歌いだす。 それに合わせて、全体も歌う。 そして今度は伴奏つきで歌う。 こんな感じが続き、とても和やかな雰囲気が作れた。 サークルの人たちも 「沢山歌えてよかった、楽しかった」との言葉にホッ。

利用者さんたちも、いつもは同じフロアの中を行き来するだけだけど、こうした違った環境に来てもらうのも、身体にとても良い、と いう。

2018年7月25日 (水)

7月ボラ ③

002今日は、 昨日の疲れで朝体操を休みたかったけど、副会長さんが休む、と宣言されていたので、ヘロロン、オロロン といいながらも体操参加。 でたら、出たで 気分もすっきりして、いつものように朝食をとる。しかし、やっぱり オロロンロン と横になる。

とまれ、今日ボランティア、今月 3回目のところ、二人で頑張る。 プログラム①は歌伴奏、ここは45分のリミットなので、歌伴は10曲。Hyounohachihyoshi1

認知の人も数人いるようだが、特に 「長崎の歌」、「南国土佐をあとにして」、などは壮大な絶唱が聞こえてくる。 男性陣が頑張ったようだ。 女性は早くから所定の椅子に座って 心待ちにしていてくれるので、 「ずんずんどこ節」 などで手遊び、このころ 男性は チラ見 だけど時間ぎりぎりまで寄ってこない。 それが、歌となると大きな声を張り上げるから また楽しい。Yjimage2

プログラム ② 大正琴で 「影を慕いて」、「古城」、これは、歌詞カードがないにもかかわらず、みなさんよく歌ってくれる。 私などは 一行も歌える自信がない。O09600553140060236661
プログラム③ 腹話術、 恥をかなぐり捨てて 「南国土佐を後にして」 を出だしから歌う。 「ハチ君」がうたっていると、拍手、拍手、 声を出すだけで 拍手。 ハチの生い立ちを話し始めると 真剣に聞き入り、最後に戦争は二度とおきてほしくないですね、というと 一様にみなさん、うなづいてくれる。

写真は「ハチ」の絵本、 ベギー葉山さんが 「ハチ」を訪れたところ、 「南国土佐」を歌いだした、 高知県出身の鯨部隊。 この人たちが ハチを 見つけて、育てた。  この台本をつくるきっかけになったSENAくんに重ねて感謝したい。

2018年7月23日 (月)

7月ボラ ②

Tky2007082600771大暑に対処するには、不要・不急の外出はさけなければならないが、必要、肝要でもあるので、ボランティアに励む。 今日はピアノの人と二人。 私は今月のいつものように12曲のアコ伴奏。 家で弾くと 「ああ、大丈夫かな」 と思えるのに、実際にはやはり 凡ミスが多い (´;ω;`)ウウ・・・

ともあれ、利用者さんたちは大きな声で歌ってくれて、 楽しかった、懐かしかった と終了直後の声、声にホッ。001_2
プログラム②は ピアニストによる、「月光の夏」、「星に願いを」、「子犬のワルツ」 など。月光の夏は特にこの時期、出征兵士が悲しみを月に込めて弾いた、という云われがあるだけに感慨深い。003_2

③ 腹話術。 実話をもとにしただけあって、真剣に聞いてくれる。今日は中学生ボランティア5・6人来ていて、「可愛そうな象」の話も知っており、ひょうきんな、「ヒョウ」が 標本にされたことを知り、神妙な顔でうなずいていた。  私もこんないい話があったのだったら、「ヒョウ」をもう少し 丁寧に作っておけばよかった、とちょっぴり 後悔。

「また来てくださいよ、いい話だった、あのヒョウはとてもかわいい」 いろんな言葉に送られて終わったボランティア。 暑くてもやっぱり来てよかった (o^-^o)

2018年7月21日 (土)

ボランティア①と祭り

0027月初めのボランティア。 「このお暑い中をよう来てくださいました。」をスタッフだけでなく、利用者さんからも声をかけられてのボランティア。 このような時こそ何か目標を持たなければ 家でダラダラになってしまう、よって7月、8月も例月のように 5回ほどのボランティアは入れた。

歌は うみ、花火、長崎の鐘、南国土佐をあとにして、波浮の海、花笠踊り など 12曲。005_2

フルートソロ 川の流れのように、昴、いい日旅たち など4曲。  最後は腹話術 「ひょうの八」 ちょうど、南国土佐 を歌ったこともあり、高知県の「鯨部隊」に関連して 「ヒョウのハチ」の話しは タイムリーだった。 これも、ブログ読者のSENAくんのおかげで 「ヒョウ」 を使うことを思いださせてくれたおかげだ。  いつものように、「面白かった、また来てくださいね、お待ちしてますよ、」の声に送られて デーサービスを後にする1532240392713_20180722152418

夜は自治会の夏祭り。 ちょうど来た 孫たち、3歳、5歳の孫も加わっての見よう見まねはなんともかわいい。022
「彩の国小唄」はまだ、踊り方が定着せず苦労したな。

2018年6月27日 (水)

6月ボラ ⑥

005モコモコのボランティアを入れれば、今日で7回目のボランティア。 今日で今月の「ボラ」すべて終了。 ホッ (*^。^*)

今日は、歌リードさんの二人だけの予定だったので、歌12曲、腹話術、外郎売と考えていたが、今朝、友より電話あり。 踊りができるとのこと。日本舞踊はなんといっても高齢の利用者さんたちは喜ぶ。

さて「、ボラ」  ブログラム、 ① 踊り 「芸者ワルツ  ② アコ伴奏で かたつむり、雨ふり、テルテル坊主、雨、あの子はだあれ、夏はきぬ、ああ・人生に涙あり、有楽町であいましょう、鐘の鳴る丘、ああ上野駅、湯の街エレジー、会津磐梯山。   今日は5分前に始まったので、歌のコメントもゆっくり。 童謡・童話を載せた「赤い鳥」発刊 100年ということや、 湯の街エレジーは 「近江敏郎」もすごくいいけど、 「古賀政男」のほうが、しっとりと心にしみる歌い方をしている、 などのおしゃべりをしながらの伴Yjimage7
③ 踊り 「河内男節」 踊りが始まると、みなさん手拍子で歌いだす。

④ 腹話術 パンダくん   ここの介護施設はスタッフがボランティアにとても気をつかってくれる。利用者さんたちがページがちゃんとめくれているかなど、また、歌詞カードのバラシもここでは いつも快くひきうけてくれる。

今日の誕生花は 「ほたるふくろ」、 花言葉は 「正義」、「忠実」。 その由来は教会やお寺の鐘を連想させることからついたらしい。 「正義」が権力によって、どうにもあぶなっかしいところにきている。 あの方に、「ほたるふくろ」を送って、「正義を守り、国民に忠実な政治を」 といいましょうか。

2018年6月26日 (火)

6月アコサークルボランティア

Img_20180626_0001_4
今日は先生にも参加していただいてのアコサークルがデーサービスへのボランティア。

 めだかの学校、はなかげ、ちんから峠、山のロザリア、ここに幸あり、チャンチキおけさ、あざみの歌、いつでも夢を、遠くへ行きたい、雨ふり、   間に 「チャルダッシュ」と、先生の「雨に唄えば」の ソロ演奏。

、合奏曲は 秩父音頭、明日に架ける橋。 最後に「ふるさと」 で、職員さん二人と歌リードさんの3人で「ふるさとダンス」、 私は 「手話 ふるさと」。

質問コーナーがあり、先生がアコーディオンのしくみの説明。その後、先生は立ち上がり、「ふるさと」の歌で「ひょうきん

手遊び」 1時間10分に及ぶサークルの熱演。 みなさん、とても熱心に歌を歌い、聞いてくれたのでホッ、 また半年後位を約束してお別れ。003


005


004


010


009


久しぶりに ギャラリー 「木蓮」、明日からの展示を紹介。  首藤 教之 個展が始まる。 なかなかユニークな美術家。 空き箱などを利用してのリサイクルアート。 そこにはしっかりとしたメッセージ。

各国語での 「平和」、 「 NO WAR }  ,[ NO KILLING]  などなど。

2018年6月25日 (月)

6月ボラ ④

003まず、今日は何の日?

① 1943年 のこの日、戦争拡大にともない、軍需部門を中心に労働力不足が深刻化。「学徒戦時動員を閣議決定。、学業より、戦技・特技・防空訓練と共に 学徒動員令発布。

② 1950年 朝鮮戦争勃発 370万人以上の死者が出た。こうやって、歴史を振り返ると、庶民が当たり前に普通の生活ができることがいとおしくなる。

 ③ 今日未明のセネガル戦。朝 5時に起きてすぐに映像で確認。昨夜はあのセネガル戦士たちの顔を見ただけで、これはもう 手ごわくて・・ とため息をついたくらいだったけど、「ドロー」 !!  うれしかったね (v^ー゜)ヤッタネ!!

さて、今日のボランティア。 007
プログラム① 「かたつむり」から始まって 「湯の街エレジー」まで 11曲。 一番前に座っているおばちゃんたちと楽しくおしゃべりしながら、アコ伴奏での歌声。

② フルートソロ。 ここでのフルート演奏は初めて。 「これなぁに?」から始まって 興味津々と楽器を眺める人。「銀みたい・・」 といわれ、「いや、銀ではないのです、銀はとても高い」 というと 「銀といえば、わかんないよ・・」 などの会話。

③ 腹話術 パンダくん  可愛い、かわいい の連発が聞こえる。 おなかか汚れて、白のスプレーをかけたけど、ますますダメ。 もうこの子は今月でおさらばだ。

2018年6月20日 (水)

2018/6月ボラ ③

006今日もボランティアは久しぶりに「踊り」が入って華やか。

プログラム① 夢さくら人   足が痛いのでなかなかボラに参加できなかった人だけど、しなやかに女性が桜を愛でながら踊る姿を演じた。

プログラム ② アコ伴奏で 「かたつむり」から 「ああ 上野駅」 まで 10曲の歌をうたってもらう, 凡ミスがところどころ、もう3回目の「ボラ」だというのに、非力と不努力にトホホホ。

007③ 再び 日本舞踊 今度は男踊りで 「河内男節」 華やかに黄色とブルーの縞模様の着物を肩に脱ぎ流して踊る。A8256a24b450034214c365f83031a8731
④ フルート・ 2曲 「ユーレイズミーアップ」、シューベルトとウエルナーの「野ばら」。帰るときに利用者さんの一人が 「今日は雨なので デーサービスを休もうかと思ったけど、フルートがあると聞いて来たの。 来て良かった!」 と声高に云ってくれたのでうれしい。017

⑤ 腹話術 パンダ君。 ここの腹話術での反応はすこぶる良い。 人形が声を発するたびに笑ってくれる。 パンダ君の足とおなかをくっつけて収納していたので、足の黒さがおなかにくっついてしまった。 泥遊びして、よごれちゃった、などとごまかしたが、白スプレーを吹くかけるなどして元の白さに戻さなければ・・・。

より以前の記事一覧