無料ブログはココログ

リンク集

2017年9月29日 (金)

9月ボランティア 5回目

001
今日は気持ちのいい快晴、朝体操にカメラを持ってお出かけ。体操が終わってから木々にカメラを向ける。003

キンモクセイは黄色の可愛い花をたわわに陽に輝き、芳香で強力に自分表現→  ハナミズキは赤い実をつけ始めた。 サザンカはあの「サザンカ、サザンカ咲いた道・・」を想いだす。 Yjimage1_2キクイモの花は高速道路の淵でもたくましく咲く。我が家の庭にミズヒキの花が咲いていた。 どこからかタネが飛んできたか。009_2

ドン栗は様々な形を作って、大地にたよりながら、子孫を残そうと懸命に生きようとしている。

さて、今日が9月最後のボランティア。 アコーディオン伴奏の歌はここは10曲、今日の歌リードさんはすこしゆっくり目なので30分強かかった。 みなさん、疲れもみせずによく声を出してくれる。012_2
ただ、いつも一番大きな声で歌う声をよく聞こえる人の声が今日はあまり聞こえないな、というのが気になった。しかし、クイズではまっ先に手を挙げてくれたので ホッ。
プログラム2番目は ハーモニカ独奏。 スワニー川、おさるのかごや、などトークも入れて20分。006_3
プログラム 3、、腹話術のシロー君。 登場と同時に 「かわいい、かわいい」 の声 しきり 思わず 「ありがとう」 と云った。 今月は4回シロー君に登場してもらったがそのつど台本をけっこう変えている。今日はクイズをだした、「ぼくのことをもっと知ってもらいたい、」ということで、015
クイズ ① クマがお客さんの部屋はどんな部屋?  ② クマが借りている部屋はどんな部屋?   皆様、おわかり? 017_2
答え ①=客間  ②= 借間  最後はやっぱり あのクジラのおなかの中に入ってボーン、ボーン、と内臓をけるしぐさ。 今日はトークよりシロー君の可愛さにみなさん、ぬいぐるみを動きだけを見つめて笑ってくれたよう。 ま、それでもいいの。 とにかく笑顔にさえなってくれれば。
最近 思うけど 自然を見て、デーサービスボランティアに行くと 通底するものを感じる。それはあたりまえだけど、人間もまたこうして自然に 生きて、老いて 枯れるように異界に行く、ということ。「自然を見るのも、「老人ホーム」をみるのも同じ 「自然」。 そして、私もおなじく自然に枯れていくのも悪くないものだと・・・。

2017年9月26日 (火)

2017/9 ボランティア ④

Top_image11今回初めての介護施設、有料老人ホーム。入居金はゼロだが、毎月の介護料は結構する。 うちなんかは入れないだろうな、と思いつつ。 上演の準備を始める。

今日はお誕生会。 2時40分の開始だが、2時半ごろからケーキが配られる。 司会者はこれからお誕生会を始めること、サラダボウルという演芸ボランティアが来たことを告げて プログラムが始まる。 飲み物は珈琲がいいか、お茶がいいか、などの言葉が飛び交うなかで始める。003

いいの、いいの 私たちはたかが 「大道芸人」、と思いながら、 大きな声で歌ってくれる人たちもいるし、70人を想定した会場なので、私もアコの伴奏を目いっぱい 蛇腹を振りかざして音量を上げながら伴奏する。これだけの音量は家で出せない、ボランティアも気持ちいいものだ、と思いつつ演奏。

歌リードさんのうまい手さばき、口さばきで 8曲を20分で終わる。当初 25分を予定していたのでこの調子だったら、 「湯の町エレジー」もできたのに・・とちょっぴり残念。

プログラム ②は 「落語」 目黒のさんま

③ フルート独奏 「上を向いて歩こう」 、みなさん、よく知っていて声をあげて歌う。 ほんとは奏者はやりにくかったに違いない。004_2
④ 腹話術 蛇子さん。 美空ひばりの真実一路の1番までを踊る。 1番の歌詞が終わってもCDを止めてくれる人がいない \(;゚∇゚)/ 、ここから腹話術がはじまるところだったのに・・。間奏も踊って自分でCDを止めに行く。 あ~、本番はなにが起きるやら。 ⑤ 語り 「孫別れ」

最後にハッピーバースデーを歌う。 歌リードさんにマイクを握ってもらい、私は蛇子さんと一緒に踊る。 また来てね、楽しかったよ の握手に送られて ホッ。60代~~90代までいる入所さんたち、あすはわが身と思えば親族を訪問したような気持ちにもなる。

2017年9月25日 (月)

9月ボランティア ③

002今日はハーモニカ、ピアノの人と行くボランティア。 

男性陣が大きな声で歌ってくれるのでつられてこちも負けじとアコの音を大きくしたひど元気が良い人たち。 みなさん、大きな声で楽しそうに歌っていた。あの笑顔がいつまでも目に焼き付く。

プログラム① アコ伴奏での歌は 旅の夜風、東京音頭、古城など 8曲。004
② ピアノ独奏 クシコスポスト、アラベスク、いつもながら演奏の豊かさに聞き惚れる。

③ 腹話術のシローくん。 最初にクイズを二つ取り入れた。白くまを英語でなんどいう? 白くまは草などを食べるか、 そして、クジラのおなかの中に入って内臓を蹴飛ばすときは ボンボン、グイグイ、ボンボンを皆さんに発声してもらった。 ためらいながらも ボンボンという声はなんともうれしそう。    しめた!! これがあの「アニマシオン」だ。005_2
④ ハーモニカ独奏  おさるのかごや、仲良し小道、ちいさな喫茶店、北上夜曲、スワニー川、 ハーモニカの上下の微妙な音の高低、オクターブ奏法などを使っての重厚な演奏はすごい。 彼はすでに81歳、 私も彼の年くらいまでアコーディオンを弾けるだろうか。

今日の反省、 時間がなくなったので、「東京音頭」に入る前にアコ伴は辞めることにした。しかし、東京音頭は歌いたいという利用者さんの声で始まった伴奏。 歌リードさんは利用者さんの方に行ってしまい、私一人で始めた。間奏があることを云わずにバタバタと始めたために、 歌リードなしなので間奏も入らない。 私は間奏をいれて練習していた。 この民謡の出だしは ちと複雑で間奏がないとやりにくい。 あたふたしながらの演奏。あ~~あ、どんな状況でもちゃんと演奏できるようにしなきゃいけないなぁ (;´д`)トホホ…001

夕飯に豆を煮る。 秩父で農業を営む友人が作った大豆、24時間水に浸し、ひじき、油揚げ、ニンジンをいれて煮込む。 煮豆を買って作ったおまめさんよりずっと おいしい (v^ー゜)ヤッタネ!!  一人暮らしのお年より二軒、 うつ症状で食事が作れない奥さんの家、父子家庭の家、と4軒 配って歩き喜ばれた。

2017年9月18日 (月)

9月ボランティア ②

002今日のボランティアは二人。 アコ伴奏は10曲。 

さて、気持ちよく皆さんに詠ってもらったはいいけど、「湯の町エレジー」は我ながらどうもスムースではなかった。 弾きこんでいない。 それがよくわかる。 しかし、みなさんは良く知っているようでなんとか助けられて最後まで頑張れた。

プログラム②はフルートとピアノ(CD)重奏。 サヨナラの夏、いつも何度でも、カントリーロード、元気になれそう。 相変わらず、しっとりとまたアニメ映画ソングは明るく可愛く元気に・・という流れがよくつかんで楽しく聴ける。
プログラム ③ 私の腹話術 シローくん。 昨日勉強会でかなりの助言をいただいたので、台本を半分は変更。 白くまの母さんが大口を開けて昼寝をしているクジラを見つけた。 中に入ってみると色々な臓器がある。それでシローが遊んだ夢を見た、というストーリー。 006_2

クジラの絵を譜面台の上に置き、シローの手や足は私が動かし、クジラにさわったように見せかけた。 クジラがくしゃみや笑った時は、私は絵の後ろに隠れ、 くじらの声色で大きな声を上げる。

と、まあこんなストーリーで笑ってくれた人もいる。 毎回楽しみです、と最後に言われたが、 はて、さて、こんなストーリーで良いかどうか、またあと一週間一所懸命考えなきゃ。

2017年9月14日 (木)

9月ボランティア ①

Yjimage9今日で3回目になるところのボランティア訪問。カメラを忘れたので、歌詞画像のみ。Yjimage6
最初は友人の「目黒のさんま」の落語、次に私の歌伴奏で7曲、赤とんぼ、かかし、りんごのひとりごと、瀬戸の花嫁、あざみの歌、古城、旅の夜風、 20分しかないので、この7曲。 歌リードさんのいうことにゃ、何人もの人たちが、歌詞カードを見ないで歌っていたのが印象的と。

そういえば、これらの歌は50年、60年以上前の歌。みなさんの青春時代の歌だ。Img_01
三番目は友人の紙芝居「まぶたの母」、そして、私の腹話術 「しろくまのシローくん」、ストーリーを理解してくれたかどうかが少しはかりかねるが、白くまの方をみて「かわいい、かわいい」 の連発。 「話をきいていてくれるの?」 と言いたくなったくらい。Sum17091418100007s11
ま、それでも歌一曲終わるごとの拍手、白くまくんへの大きな拍手を思えば 「かわいい~~」というやさしい笑みを沢山もらっただけで良しとしなきゃ。

ああ、それから今日の相撲の取り組み。 阿武咲の勝ちっぷりがあまりにも見事。ついコピペしちゃった。

2017年9月12日 (火)

伊藤 真さん 講演会②

Img_20170912_0001_2伊藤 真さんの講義資料から

2回目はポイントの点だけをフォーカスして伝えたい。 まずは平和度指数。Img_20170912_0005_2

強大な軍事力を誇り、世界にはむかう敵なし、とおもわれるほどのアメリカが103位。7位まではいずれも領土的にも小国と言われる国。何が平和度に貢献しているとあなたは思うや?


ヒトラーの言葉は、大海の一滴であっても自分の事をいわれているような気がしてなりませぬ。そして、よく観察していると・・・。

ナチス・ドイツの元帥 ヘルマン・ゲーリングの言葉はとりわけ身に沁みる。

このような為政者に立ち向かっていけるのが現憲法、と伊藤さんは訴える。

Img_20170912_0004_2


Img_20170912_0002

2017年8月25日 (金)

8月ボランティア ③

Yjimage1今月3回目のボランティアは二人訪問。

① アコ伴で歌。 ここだけは、用意した10曲が全部できる。 「影をしたいて」 は難しげな歌だけどみなさん、よく知っているようで大きな声でうたってくれた。Yjimage5

② 歌リードの直後なので、フルートさんをほんの少し、休んでもらうために 私が「大きな歌」の手話遊び。一番、二番ともよくやってくれた。これからこの手でいこう。

③ フルートソロ 小さな木の実、乾杯(ヴィバルディ) など5曲001
④ 腹話術 蛇子さん。 傘を回しているところの写真をとってもらいたかったが、なんせその間8秒、相方にはCDのオンもやってもらわなければならず、今回は傘写真はなし。

職員さんも利用者さんもとにかく満面の笑顔、 男性からは「花束を渡したいくらい」 と言われ、また待っています、また来てくださいね、のあいさつに送られて今日もバイバイ。 「インプット」で先生に「ちかう、ちがう」 と言われても、このように 「アウトプット」ではみなさん、喜んでくれる、 それがボランティアが続いている秘訣ね。

2017年8月22日 (火)

8月ボランティア ②

001_3今日のボランティアはもう6年以上になるだろうか。職員さんも利用者さんともすっかり顔なじめ。 行くと私たちが準備を始める傍らによってきて 「まっていましたよ、 今日はたのしみだなぁ、」 と声をかけてくれる。Yjimage1_2

プログラム① 私のアコ伴奏で歌9曲。 ほんとは10曲できたのに、私が時間を間違えて1曲カットで終わってしまった。「まだあるよ・・・」といわれたのに、 「すみません、時間がなくて」 なんて断って。 「影を慕いて」 はどの位、こえが出て来るかどうか心配だったけどかなりみなさん大きな声で歌っていたのでホッ。Yjimage3_2
プログラム ② 琴の弾き語り 浜辺の歌、かもめの水兵さん、波浮の港、美しき天然、宵待ち草など、とてもいい声で歌ってくれるので 歌詞カードがなくともみなさんついて歌ってくれる。 ソロ曲は 「今様」

最後は私の 「真実一路」の踊りと 腹話術。 最初は傘で蛇子さんを隠して出てくるが、傘を取り払うと大きなへびがでてくるので、一様に 「ホオッ」 という声。 005_2
クイズには 「ガラガラヘビ」の答えは利用者さんがすかさず答えてくれた。 

帰りは 「また来てください、楽しかった」 の声に送られて・・・。

2017年8月21日 (月)

8月ボランティア①

B27_36741今日の誕生花は ノリウツギ、 ガクアジサイによく似ている。山湿地で見かける。花言葉は臨機応変。

今日のボランティアは臨機応変にやった。 いつもはアコ伴奏の歌が最初のプログラムだけど、主になる人が落語を先にやりたい、というので、 プログラム ① 落語 品川心中のさわり 15分、 ② 腹話術で 「蛇子さん」、 「紙芝居 金色夜叉」、 そして最後にアコ伴奏で歌 8曲。001_2

 ここは全部で45分の上演時間。 私の時間は25分。 で、アコは8曲。

ここは包括センターから依頼されたところ、「包括」の方では「ボランティアは45分」と決めているらしい。二人だけで、1時間やるところもあるので、10曲はいつも用意しておかなけラバならない。 「飛ばすの?」 という声も聞こえてきた。 004

唄は 花火、黄金虫、肩たたき、鎌倉、鐘の鳴る丘、影を慕いて、花笠踊り、 「あと、1曲しかできません、高原列車 と花柄踊り」 とどちらがいいですか?」 との 問いに デーサービス利用者さんから 「花笠踊り」とすかさず返事。 手拍子だけでなく踊りのふりまでして歌ってくださった方もいた。010

今日のところは実は近所のご夫婦が利用しているところ。 だいぶ耳も弱くなり、夫さんの方は私を認識してくれたかどうかわからない。011
わたしですよ、私ですよ、と名前を告げると 「うん、うん」 とうなづいてくれた。 歌っているときの皆さんの笑顔がどこもそうだけど、生き生きしてこちらもうれしい。

2017年7月26日 (水)

7月ボランティア ⑤

Mukuge_11今日の誕生花はムクゲ。  花言葉は信念、柔和などがある。 私は「信念」の方を今日はとろう。

と、いうのもボランティア、今月は今日が最後で5回目。 この3日間は連ちゃん。 でもさして疲れていない。それは皆さんに喜んでもらえた、という信念があるから。011

朝の体操で思う。最近はセミがなく。 ミンミン、ヒグラシ。 ところがそのあたりをカラスがウロウロする。カラスも生きていかなければならないから当然だが、 セミも鳴かずば、カラスに食べられないものを、と・・・。鳴くからカラスに居場所がわかってしまうのだ。

私の場合、来るものは日程のゆする限り 拒まず、式で行って月に5回、6回になる。 セミと同じく自分表現に忙しないのかも。
と、いうことで、今日もアコ伴奏で10曲。最後とあって自信たっぷりにみせかけ、アコ教室でも自宅でもこんなに大きな音をだしたことない、というほど ボランティアでは堂々と大音量でアコ伴奏が出来る。 その快感を今日は味わう。003_2
ハーモニカソロ、 この奏者がボランティアに誘ってくれたから、今の私のボランティア人生があるから感謝しなくては。  夏の思い出、ああ・上野駅 など 4曲。

最後は 腹話術 「愛子さん」、 人形に触らせて、洋服を見せて、と利用者さんたち。 今月を振り返って 愛子さんの台本は成功したようだ。

より以前の記事一覧