無料ブログはココログ

リンク集

2018年2月13日 (火)

古事記

 001梅原 猛の現代語訳 「古事記」 日本の古典・学研出版 を読む。 おりしも2月11日建国記念の日を前後して読んだので より興味深い。

古事記は太安万侶が、時の天皇の命を受けて、和銅4年(711年)から2年がかりで編纂。これは、720年にできた日本通史の 「日本書紀」の資料となっている。 8世紀以前の歴史を知るには古事記の方がより正確に記述している、と梅原 猛はいう。019

2月11日が建国記念の日というから、その根拠をさがした。 読むにあたっては人の名前が長いし、読み方が複雑なので往生する。017

{ 古事記からまずは 「 国生み」 創生の神々は3人、しかしそのままお姿をお隠しになった。次の5人の神様もお隠れ、こうして7代の神様の後に イザナギノ命、イザナミノ命の二人の神に不完全な国を整えてほしい、と多くの神様が命令。005_2

この二人は暗い夜に事を始めて、生まれた子は、クズの子であった。で、葦の船に入れて、流してしまった。次に、淡島を生んだ、これも子の仲間には入れなかった。 ここで二人の神は相談して、「今、わたしたちの産んだ子はどうも出来がよくない。」 そこで 天つ神に相談したところ、男の神が先に「ああ、なんていい女だ、」といい、 女の神があとに 「ああ、なんていい男だ」といって 男女の交わりをして産んだ子が 「淡路島」。 003_3

こうして、次々に「大八島国」が出来た。  なんとも人間的でスケールも大きい楽しい話ですねぇ。神様でもクズの子を産むのか、なんて笑っちゃう。008

さて、それからイザナギノ大神から次々に神様が生まれた。この神様が左の目を洗ったときに、現れたのが天照大御神。右の目を洗った時に現れたのが月読命(つくよみの)。鼻を洗って現れたのが・・・。 

天孫降臨の神々としての系図は天照大神から始まる。

天照大神が岩屋にこもって世が暗くなったという話はよく知るところ。 その女神様を岩屋から引き出すためにその前にどんちゃん騒ぎをした話も有名。オオウズメノミコトと云う女性がその岩屋の前で、桶の上で踊り狂い、神がかりのようになって、乳房をかき出し、、裳の紐を垂れて、女陰を出した。そこで、高天原はどっと揺らぎ、すべての神様はアハハ・・・とわらった。 そこで 天照大御神は不思議に思って出てきた。 アハハハと私も笑う。016
さて、それから 5代目にいよいよ「神倭伊波礼ビ古命…神武天皇」が天下を治めたと、出て来る。

美輪の大物主神(神武天皇の子)がある女に一目ぼれし、その人がうんこをしているときに、赤くぬった矢に化けて、うんこをしている溝の上流から流れてきて、その美しい人の女陰につきささった。}

などとまあ、おおらかでファンタジーあふれるが、したがうぬ人には家族ともいえども手足をもぎって、切り刻んだ、とか血塗られた歴史も現実的。

考古学は紀元前3世紀に弥生時代がはじまることを教えてくれる。そのころ、九州北部に、水田稲作と金属器と弥生式土器を持った民族集団がやってきた。これは単に文化の移入ではなく、民族の侵入だったように思う。

それから、紀元3世紀ごろまでの弥生時代に、銅剣、銅矛を支配のシンボルとする北九州文化圏と銅鐸を支配のシンボルとしている近畿文化圏があり、この文化圏相互に一大戦争があり、銅鐸文化圏は消滅。013


012014


古事記の上巻は神代の話、ここで天上からくだった天つ神が、それ以前からこの国にいる国つ神を支配することが定められていることになっている。

天つ神が来たら、国つ神は潔く天つ神の子孫に国をゆずらなくてはならない。これが日本の国家の政治のもっとも基本的な原則、 と 梅原 猛は解説。

古事記 全体としてはそれぞれの神様は詩歌にも秀で、叙事詩的に編纂されている。 ここからどこをさがしても、2月11日の建国記念日は出てこないなぁ。

2018年2月 2日 (金)

東海道中膝栗毛

003今日は雪、おかげで仕事はお休み。我が家の前の道路は向こう3軒の人たちがにぎやかに除雪。 近況をききながらの雪かきにきれいに雪がはけた。 こうしたコミュニティーの顔合わせも時にはいいもの。

4月のアコーディオン・「陽だまりコンサート」に大先輩が出ない予定、というニュースが入り、がっくり・びっくり、オロオロ、 人生、色々としばらくしてから気を取り直す。004

さて、学研出版 日本の古典 現代語訳 が面白い。 杉本苑子訳 東海道中膝栗毛。このシリーズはこれで2冊目だが、写真の豊富、解説も面白いので、しばらくこのシリーズを読んでいくことにしよう。007
「ひざくりげ」とは自分の足を 「栗毛の馬」に見立てて歩いて旅すること。 「お陰まいり」という伊勢参宮ブームが18世紀たびたび起こった。 1705年には4月から5月までの50日間に推定 262万人、60年後には270万人、さらに1830年には486万人と大群衆が伊勢をめざして旅した。013
人々は「行動文化」といわれるほどよく出歩いた。 このころは参勤交代の制度によって大量の武士が移動していたので、その街道の治安、旅籠の設備などもかなり安定した旅が庶民にも保障されるようになったからである。

こうした中でのこの本は庶民の目線からみた文学としての旅行記と実用書は大ヒットをきたし、戯作者としての十返舎一九の地位を不動のものにした。 彼自身は大阪、千葉などで入り婿になったり江戸で戯作者とまじわったりの中で、苦労を重ね、庶民の貧しさもそれを苦労とせず笑いの中に明日を生きていく力をまざまざと見せる。012

失敗の多い道中、「私だったらこんな失敗はしない」 という読者の優越感もくすぐりながら、武士にあってもへつらうことない生き様もまた小気味よい。 好色な話も多い、この時代の性へのおおらかさか、女性蔑視かと思われる向きもあるが、ほとんど彼らは失敗する。 当然でしょ、とこちらも溜飲をさげる。017

はて、日本人の旅行好きのルーツは参勤交代にあったか・・と思ったり、とにかく面白い。 

2018年1月24日 (水)

今昔物語

813060240153431読書は精神的・物理的休養の意味を込めて読むときが多い。したがってむずかしい本は読めない。

図書館でふと目にした 現代語訳 学研 日本の古典 尾崎秀樹 の 「今昔物語」を読む。 A4大の大型本。180ページの中には現代に残る絵などを豊富に収録。

芥川龍之介の「羅生門」 や 「鼻」 ,「芋粥」などは有名だがあれは意訳であり芥川流に膨らませている。 こちらはかなり直訳に近い(と思う)Yjimage5_2
三つの大きな巻からなる 天竺(インド)、震旦(中国)、本朝(日本) におおまかに分かれ 1巻から31巻まであり、当時(12世紀ごろ)の日本人がいだいていた ほぼ全世界の説話を集めた作品。 それは千話を超え、源氏物語をはるかに超える分量Yjimage3_2
ドキュメンタリーチックな装いながら ファンタジーを折りまぜ、 内容の豊富さ、話種、の多様さ、主人公たちの属する階層、 話の舞台となった地域の幅広さにかけては 他の古典文学とはくらぶべくもない、という。

内容も 恋と人情と笑い、 悪行と忌憚、 宿報と怪異、 知恵と勇力、惑いと救い、 などなど仏法を説きながら、人生を語る。 

各ページごとを彩る絵も見事。その時代・地域 の生活、様式、思い などが かすれてはいてもなお残る極彩色の絵巻物などなど。 豊富な絵図に見とれる。

この 「鼻」 なんぞを読んでいると、自分の安いプライドも思わずひっこめなければと思う。

サークルでは、たびたび「リズム感がない」といわれる。これはほんとのことだから仕方がない。 、アンダースロー、オーバースローの演技が出来なくて「英語がわからないの!」 と とびかう。

英語ね、現地では日常会話に毛の生えた程度、これじゃ、多少ともわかるなんていえないわね、 はいはい、安いプライドを捨てましょう、 今昔物語も案外教訓になる。中国語はヒヤリングがダメなのよ、なんて「みえ」ははらないようにしましょう。

2018年1月17日 (水)

猫魔ゖ岳の妖怪

018327_011孫のインフルエンザで娘からヘルプを頼まれブログはしばしお休みだった。孫に半年位前に送った 福島の民話 「猫魔ゖ岳の妖怪」 という本を改めて読む。

福島県の伝説4話が収録されている。八百板 洋子再話、斉藤 隆夫 絵によるきれいな大型絵本。

人間と自然が共存することのむずかしさと、自然がもたらす恵みのありがたさをつたえてくれる。 共存することのむずかしさ、といえば23年前の 「阪神・淡路大震災」、「3・11東日本大震災」もまた思いだされる。

① 会津地方の伝説 猫魔ゖ岳の妖怪、  とおい昔、磐梯山の西に、妖怪が住む山があった。この山は山菜の恵みを村人たちにたんと与えてくれる山だったが、妖怪は殿さまの奥方をさらった。 鉄砲撃ちの名人だが、心のやさしい若者が選ばれ、妖怪退治をすることになった。018327_in011_2
妖怪は子猫にばけて、退治をあきらめさせようとしたが、若者は本懐を遂げる。 妖怪はいなくなったが、若者の心は晴れない。  山の恵みを守ろうとした自然がいたのだろうか?

② 伊達市山舟生の伝説  天にのぼった若者。 山舟生村に不思議な子どもが現れた。村人はみんなですくすくとこの子を育てた。 雷神様の子だったのだ。あるときたき火の煙と共にこの子は天に帰った。以来この村の桑畑には雷がおちなくなったということだ。

018327_in021③ 福島市笹木野の伝説  大杉の精に恋した娘。 村人は娘をだますような「木の精」を倒すことにした。木は切っても切ってもすぐに立ち直ったが娘は泣く泣く村人のいうことをきいた。木は とうとう切られ、橋になった。橋になっても娘を呼び寄せ、娘は「大杉の精」とともに動かなくなった。

④松川地方の伝説  おいなりさまの田んぼ   怪我したきつねを助けたじい様とばあさま。きつねはすくすくと成長。お礼にもみだねをおいて消えた。 そのもみだねからは毎年豊かな黄金のみのりがなった。

このような伝承昔話は人としてのあり方、自然への畏敬の念を常に問いかけている。侮るなかれ 昔話。

2018年1月12日 (金)

さようなら スパイダーマン

Yjimage10小学校高学年向けの児童書として紹介されていた本 「さよなら スパイダーマン」を読んだ」 孫の小学校卒業祝いに渡すことにした。

あらすじ

「ぼくの姉は、暖炉の上においてある壺の中にいる」 原題――主人公は、爆破テロでふたごの姉のひとりを亡くした十歳の男の子、ジェイミー。父親はその悲しみから立ちなおれず、遺灰は5年たっても暖炉の上の壺の中。 イスラム教徒の爆弾テロにあったため、イスラム教徒をこのうえなく嫌悪している。

少年はスパイダーマンのTシャツを大事な人からプレゼントされ、スパイダーマンになった気分で着続けるが、まわりからは 「ヘタレ」 と言われ続けるほど気が弱く自分を表現することができない。
しかし、ふとしたきっかけで一気に世界がひらけてきた。スーニャというクラスメート・新しい風にふれて異文化を知り、人生の真実に気づいていく。    

一人の死がどんなに幸せな家族を傷つけていくか、まだ家族を愛し続けるひたむきな少年、ユーモアや繊細な心を失わず 、紆余曲折を経て前に進む勇気を見出した家族。」

テロの多発や異文化を受け入れにくい現代にあって、ぜひ大人にも子供にも読んでもらいたい作品。

2017年12月22日 (金)

新川和江と寺山修二詩集

Top1_2この二人 詩、言葉の巨人を角川文庫出版、「日本の詩集」 という本だけで、感想を述べるのは申し訳ない。ほんの一端だけの感想になるが・・・。新川は中学の教科書にも出て来るので気にしていた。 彼女は「母性愛や女性の自立、愛」をテーマにした作品が多いが、その言葉には暗喩、隠喩が多く使われ、どうしてここまで飛躍するの、と目をぐるぐるさせられるが、それが不思議に似合う。Img_21_2

寺山修二の方は「詩集」だけなので、あまりにも一端だが、ここだけで見る限り「言葉の錬金術師」とも言われるほど、その創造性、想像性、はこれまた新川以上でついていけないと思うほど。 ただ、「時には母のない子のように」 という詩は 歌にもなっており、この詩にはいたく当時感動したことを覚えている。Yjimagezbpwo8j5
自分表現や他者の気持ちを思いやるとき、言葉でしか表せない時がある。それを掬い取り、抉り取るのが詩人だけど、我々凡人にも時には、そんな表現力を持ち合わせられたら、もっと豊かな人生を経験できるのに、と思う時がある。そんな時、これらの巨人を思い起こし言葉を豊かに、生活を豊かにしていければいいなぁ

ところで、今日は冬至。 ゆず湯で心も体もホカホカ。 湯船に6ヶゆずを浮かべ、ころころ転がしながら香りを楽しむ。 先人の知恵に感謝 o(*^▽^*)o

2017年12月 9日 (土)

本 バグダットの靴磨き

Yjimage4NHK高校講座 現代文 で何度もこの本を教材として取り上げていた。、左手の痛いのを幸いと この本を読み始めた。 これは短編で 「9・11 変容する戦争」 という700ページ強の中の一編なので、読みやすい。(米原 万里 著)  他の短編はまだ少ししか読んでいないが、タイトル通り、 「戦争」という概念の変化、日常生活の中に忍び込むその影をソフトランディングの中に克明にとらえている。

「バクダッドの靴磨き」 あらすじImg_2_m1
主人公のアフメド(12歳)はお客の日本人ジャーナリストにお金を稼ぐ必要が自分にはあると話す。そこでジャーナリストがお金を払うと これまでの自分の人生について話し始める。

お父さんは戦争に行って連絡が取れなくなった。 お父さんの弟の家が米軍の爆撃で跡形もなくなったので、おじさんが家に転がり込んできた。おじさんはお母さんに気がある。僕がそれがいやで ことごとくおじさんに冷たく当たっていた。ある日、米軍の誤爆で自分が外に遊びに行っている間に祖母、二人の妹、そして家がすべて吹き飛ぶ。 これで、母とおじさんに自分がいなくなれば、二人は楽しくやっていけるだろう、と悪態をついたりもする。しかし、この悲しみは米軍のせいだと気が付き、ビラまきなどの反米活動に加担する。、それが米軍の知るところとなる。 あわや逮捕というときにおじさんがその罪を科って出、おじさんは殺されてしまう。Img_fbc9d15d071e2f1cbbafe547110307d
 お母さんも仕事先の誤爆で亡くなる。 家族が死んだのは自分のせいだ、せめて、お母さんにおじさんとの安らかな日々を送らせてあげたかった、と自責の念に駆られる。 そして最後には自分はコルト拳銃という銃を買うためにこっそり学校を抜け出し叔父さんが残してくれた靴みがきの仕事をしている。

 その銃をどうするのかと問うジャーナリストにアフメドはいう。「人を殺ししはしない。自分が殺すのは侵略者達。占領者達だけだ。」と話す。 これは創作ではなく実話に基づいている。

高校講座では、最後に教師は問いかける。このジャーナリストはアフメドの最後の言葉になんと答えたでしょう? 

私ならなんと答えるだろう??

2017年12月 4日 (月)

本 「武器輸出と日本企業」


Pk2017081902100058_size01望月衣塑子さんがわが市に来るというので、あわててこの本を読む。
安倍政権は2014年4月に、武器や関連技術の海外移転・輸出を禁じていた「武器輸出三原則」撤廃し、ほぼ解禁となる「防衛装備移転三原則」を決定。財界のかねてからの要求であったこともあり、武器輸出を認めた。
ある大手防衛企業の幹部は「日本の武器輸出解禁の動きはあまりにも早くて、アメリカのような枠組みや支援体制をつくる時間がないんです。そんな中で防衛省や経産省が、防衛企業にとにかく『売れ、売れ、売れ』とやっている。3647ee85ee3a4f9439daa6696904b6dc1_2

「企業人たちの迷い」ということで、「軍事にたずさわっているということで企業の評価が下がるというリスクは取りたくない」 「できることならやりたくない」という声もある。  武器製造に突き進めない理由として、経済的な面もあるが、海外に技術が流出することへの懸念、武器を売ることでテロの標的となる恐れなど自分の身に降りかかるリスク、武器を売ることへの心理的な抵抗などがあるという。
 
、防衛省は、大学や研究機関の民生技術(=デュアルユース技術)を防衛にも積極的に活用するということを「防衛計画大綱」で定め、大学や研究機関との連携も強めている。しかし、大学や研究機関では、第二次大戦の教訓から、研究が軍事に転用されないよう厳しい取り決めをしてきたいきさつがあり、研究者たちは苦渋の選択を迫られるようになっている。
 
筆者は、それらの現場の企業人・研究者たちを丹念に取材。41353bc056b5319757ababc90e7fdeeb1

政府が武器輸出を解禁する一方で、F15やオスプレイなど米国製の武器を“爆買い”し、年間500億円~1000億円で推移していた海外からの(特に米国の高額な)武器調達が、15年度には5128億円に増大。
アメリカは、軍事費を2012年度から毎年削減。しかし、日本の防衛費は、2014年度から毎年増え続け、2016年度は5兆円を越えた。
 
国家財政が疲弊したアメリカが軍事費を削減することによって、米国の巨大な軍需産業の利益が下がらないよう、日本に高額な武器を買わせる──日本の軍需産業が影響を受けるので武器輸出を解禁して、海外に展開して売れるようにする……こんなシステムが出来上がってきている。
 
いつの時代でも、武器を持つのは「国を守るため」 「抑止力のため」と国の指導者は言う。誰も「戦争をするため」とは言わない。
武器を持てば、使いたくもなり、在庫も早く一掃したくなる。一方、武器を他国に売る場合は、“実践”での効果がモノをいうため、それこそ戦闘地で使いたい。0431
日本が「国を守るための最低限」の武器を持つ国から、再び「軍事大国」化の道を突き進むことのないよう、国民がしっかりと政府のやることを見張る必要がある。2015061715_01_1b1


 
と、著者は警告する。 
( ユーロサトリ とは パリで開催される国際的 な防衛・安全保障展示会。2年おき開催。)
 

2017年12月 1日 (金)

江戸のお店屋さん

Yjimage2孫たちへの本のプレゼントが決まった。昨年は小5の子にはおもちゃだったが、やはり元に戻って本。

5歳の子には 「サンタクロースってほんとにいるの?」、

小2の子には「おかあさん げんきですか」 

3歳の孫には 「しゅくだい」。 もぐらくんの先生は宿題をだしました。それは 「だっこ」してもらうこと。なんともいえないあたたかいまるで本全体が暖炉の中にすっぽり入っているような絵本。350_ehon_916091

小6の子には今、一所懸命勉強しているので軽い本、とはいえ 知識欲をおおいにくすぐってくれ、大人も「あらそうだったの!」 と楽しい声を上げる絵本 「江戸のお店屋さん」 4593560896_20131120165100_op11

製本屋さんに 「けしょうきり」 という担当がある。ただの化粧切りだと、「化粧」をやめることかと思ってします。 でも・・・。

「ちょうちょううり」、「とうがらしうり」、 ユニークでのどかな江戸の町が思い浮かぶ。4593560950_20150212113006_op11

2017年11月27日 (月)

サンタクロースってほんとにいるの?

Yjimage2クリスマスプレゼントに本をと思って孫たちへの本を探している。 あれこれ迷うが抜き出した本。

5歳の子にこの「サンタクロースってほんとにいるの?」、親子が食卓でお風呂で会話しながら子供の可愛い質問に大人が真剣に答えている。「どうして夜にくるの?」、「一人でどうして世界中の子どもたちにまわれるの?」、「どうしてぼくの好きなものを知っているの?」 。大人は最後にいう、「子どもたちの幸せを願って世界中を飛び回っているんだ」Yjimagecsr2aw3d

小学2年の子に 「おかあさん 元気ですか」 、おかあさんへの思いのたけを子ども目線でたのしく綴る。こんな表現力のある子に育ってもらいたい。

3歳の子に  かわいい豚ややぎ、うさぎ など 動物がいっぱい出て来るし、一ページの中の文章もわずか1行あるかないか。  いいな、と思いきや、 かなり深い。 おおかみはこの世にいなくなってしまったけど実はたった一匹残っていた。Yjimage4_2
その一匹は仲間を探して、あちこちの町を放浪。しかしいるのはちがう動物ばかり。で、思う 「おれはおれなんだ、おれは おおかみとして生きていくんだ」。 大人にも感じるところがある絵本で、これは3歳には無理かなぁ。もっとしらべよう。Yjimage1_2

小学6年の子に  「さよなら スパイダーマン」 が第一候補になったけど、今は彼は受験勉強中。 301ページにも及ぶとなるとこれも再考。

Yjimage7rvg11hj
第二候補として  米倉斉加年さんの 「大きくならなかった弟たちに」  第二次大戦中に生まれた弟は栄養失調で亡くなった。 思うようにお乳もでず、ミルクも飲ませられなかったからだ。 米倉さんは最後にいう。 「私の弟が死んだ太平洋戦争は、日本がはじめた戦争なのです。そして、朝鮮、中国、東南アジアの国々、南方諸島の人たちをどんなに苦しめ悲しませたことでしょう。Yjimage9

それは私たちが苦しみ、悲しんだ以上のものです。そのことを私達はわすれてならないと思います。そのことを忘れて、私達の平和は守られないでしょう。 1983年 夏 」

より以前の記事一覧