無料ブログはココログ

リンク集

2017年8月19日 (土)

北朝鮮

云いえて妙、ついアップしちゃいました。  「あ~~あ、解雇されたか、僕はトランプを勝利させた最高の立役者なのに・・・。 保守強硬派だけどつい本音を言ったのがいけなかったのかな。 物言えば唇寒し・・・」 、 でも[大統領のためにまだ戦うよ。] とも、いいながら 「我々が戦い求め 勝ち取った大統領は終わった、」 とも 発言。

昨日から、バノン氏に関するニュースはひっきりなし。忙しくコメントを付け加えている。

2017年8月14日 (月)

伊藤真さん講演会

Img_20170814_0001私は彼をNHKラジオ第二放送、人間仕事塾 を通じて知った。

司法試験に合格するための指導方法をアドバイスしていた。

目的達成のための心構えは同じだし、話が面白い、それで ずっと聞いていた。

後から、日本国憲法の存在価値を説く 講演、行脚を行っている人、と知った。

信条は 「世界の子どもたちの笑顔を増やし、幸せの総量をふやしたい」、 「法律家として憲法の秩序を回復する」 「憲法の価値を実現しようと日々活動」  など など。

彼のモットー   「やればできる、必ずできる そして 本物になる」

いいですね、このモットー、 私のアコーディオン、このモットーを肝に銘じて 進まなきゃ ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ

所で、 憲法改憲、加憲 がかまびすしい中 わが市で伊藤さんの講演会がある。みなさまぜひお誘いあわせの上ぜひおいでください。

2017年8月 4日 (金)

スノーデン

最近はあまりニュースにならなくなった。しかし、アメリカの国家安全保障局がつかんだすべての市民にかかわる情報をリークしたということで、今ロシアに亡命中のスノーデン。 市立図書館で下記の本を購入してもらった。 「スノーデン 監視社会の恐怖を語る  独占インタビューの記録  小笠原みどり」  の本。感想を書くより、動画の方がリアル。 で、動画をアップ。    彼はさらに続ける。 「本当に調査が必要な人物を見つけ出す以前に、テロ容疑者はこの膨大な情報の波間に消えていく。 情報局の大量監視が人々の命を具体的に守ったケースは一件もみあたれなかった。 何故、大量監視プログラムは存続するのか? 答えはテロ対策以外に役立つから。 サクランボの貿易にかかわる公務員、三菱社員の監視、 アムネスティ、 原子力発電に反対するネットワーク、 平和運動、 労働組合、 反貧困、 などなどの 運動を 監視することが出来る。」

2017年6月30日 (金)

今日は6月30日

1959年の今日、沖縄宮森小学校に米軍機が炎上しながら激突した日。 忘れたいけど、忘れてはいけない日。あの日児童18人が死亡、100人以上が負傷。 この映画はその日を忘れないために数年前に作られた。 いまだに繰り返される米軍機事故。何故米軍機・・・。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E8%BB%8D%E6%A9%9F%E4%BA%8B%E6%95%85%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7

2017年6月23日 (金)

誓い~私たちのおばあに寄せて

今日は沖縄全戦没者追悼式の日。 高校3年生の上原 愛音さんの 詩(語り)は感慨深い。 私たちはどこまで沖縄の心を理解しているのだろうか。

2017年3月23日 (木)

シリア 最後の病院

NHK スペッシャル シリア・アレッポ 「最後の病院」を見た。 今世紀最大の人道危機、1200万人が国外へ避難、 32万人が死亡したというシリア内戦。 大国の庇護のもとに争う2大勢力、あるいは自由を求めた勢力。 そのはざまで市民の極限の苦しみ。「世界は何もしてくれない」 と叫ぶ若者。 今日は、「森友問題」一色のメディアだけど、一方でこんな苦しみを受け止めなければならない人々にも目を向けたい。

2017年1月 1日 (日)

喪中ご挨拶



Yjimage8Imagescaywa5l2_2





2016年11月21日 (月)

TPPを勉強する。

2016年6月23日 (木)

沖縄の心

001沖縄慰霊の日に当たって、翁長知事の言葉は私たち本土の人間につきささります。

私の心にもとどめたいので、その半分ほどですが、転載。

≪ 今回の非人間的で凶悪な事件に対し、県民は大きな衝撃を受け不安と強い憤りを感じています。沖縄の米軍基地問題はわが国の安全保障の問題であり、日米安全保障体制の負担は国民全体で負うべきであります。002

日米安全保障体制と日米地位協定のはざまで生活せざるを得ない沖縄県民に日本国憲法が国民に保障する自由、平等、人権、そして民主主義が等しく保障されているのでしょうか。003

真の意味で平和の礎を築くためにも日米両政府にたいし日米地位協定の抜本的な見直しとともに海兵隊の削減を含む米軍基地の整理縮小など過重な基地負担の軽減を先送りすることなく直ちに実現するよう強く求めます。005


特に普天間飛行場の辺野古移設については県民の理解は得られず、これを唯一の解決策とする考えはとうてい許容できるものではありません。006

一方、世界の国々では貧困、飢餓や差別、抑圧など人命と基本的人権を脅かす多くの深刻な課題が存在しています。

このような課題を解決し恒久平和を実現するためには、世界の国々そしてそこに暮らす私たち一人一人が一層協調し、平和の創造と維持に取り組んでいくことが重要であります。≫

続きを読む008_2
今日マイガーデンの写真も同時掲載。 ① ハイビスカス  ② るりまつり  ③ 木咲きベゴニア  ④ クロユリ (ほんとの名前は不明)  ⑤ アガパンサス (地植えして2年目にやっと花開く)  ⑥ 千両

                        
     
     

    2016年3月 7日 (月)

    NHK 被曝の森

    Img_011_23月6日に放映されたNHKスペッシャル 被曝の森 を見た。 鎮魂と涙と私たちは何を一体してきたのだろうか、という悲しみに心は沈む。

    下の写真・・赤い所は森の中の地面、放射能を可視化できるカメラで見ると、赤い所は特に高濃度のところ。

    「放射能で死んだ人はいない」 という権力をかざす人、「福島は完全にアンダーコントロールされています」 という鉄面皮者。 罪深いのはこのような人たちを選んだ私たち?

    まずこのドキュメンタリー。 Yjimage3

    福島第一原発事故によって、今なお7万人もの住民が避難して生まれた広大な無人地帯。5年の歳月で、世界に類を見ない生態系の激変が起きている。

    植物が街や農地を覆いつくすほどに成長。   Yjimage5イノシシの群れが白昼堂々と街を歩き、ネズミやアライグマが無人の家に侵入して荒らすなど「野生の王国」化が進む。降り注いだ放射性物質は、特に“森”に多く残留していることが判明。食物連鎖を通じて放射性物質が動植物に取り込まれている実態も明らかになっている。
    “被曝の森”で何が起きているのか。世界中の科学者が地道な調査を続けている。

    チェルノブイリでは、汚染をうけやすいアカマツ、幹がまっすぐに伸びずに四方へ折れ曲がったように伸びている。 これは福島でも表れてきた。 
    ツバメの二本の尾の長さが均一でないものが現れてきた。これでは平行に飛びにくい。 被災地で死んでいたツバメの内臓をみると セシウムが多く蓄積されていた。 チェルノブイリでも尾や染色体異常も多数発見されている。

    • 004_2静かにしかし圧倒的に降り注いだ汚染された被災地。 心が折れても、心が死んでも 「死んだ人はいない」と私たちは絶対にいえない。005_2

      この杉の樹皮写真は左3枚が浪江町のもの。 右3枚は福岡市のもの。


      006_2放射能を含んだ樹皮は黒点とグレイゾーンが浮かび上がるが 福岡市のものはまったく 浮かび上がらない。003_4

      以下、浪江町で採取された トンボ、マムシは体内に黒点がはっきり表れ、体内被曝していることが証明されている。008_2
      マムシはごらんのように真っ黒。一体どれだけ体内に放射能をとりこんなのか・・・。007


      011


      010