無料ブログはココログ

リンク集

2017年10月16日 (月)

日仏会館ポスター展

001ギャラリー木蓮で 日仏会館ボスター展が開かれている。 私のお絵かき教室。 

日仏会館では、たびたび時の話題のレクチャーをしている。

曰く 「環境・風景・視線の生態学」、「幼稚園と子どもの社会科」、「フランスにおける数学の位置」 などなど 庶民にはかなり難しげだけど、興味深いものもありそう。002
その時に公開されるポスターがこれ。 命題とはほとんど関係ない。芸術家の世界の中の絵画、といってもいいのか。004


 このような抽象画チックなものはわかりにくいが、よく見ると何かをいわんと欲しているのかなぁ、とも思える。006


005008そんな雰囲気をあじわってください、というリトグラフ。 これも100点の中の1点。 8万円以下では売らない、という意味を理解しなければいけないでしょう。010

さあ、考えてくだされ、みなの衆。016


014


015

2017年9月23日 (土)

ヒマラヤの風

003チョウタリバンドという ネパール人の民族楽器演奏家二人の雄大で楽しく華やかな演奏に聴き入った。

場所は市内の「糸車」というフリースペース。 この春にオープンし、開店イベントには「モコモコ」のかげ絵を上演した。004

主役の演奏家は バンスリ バンチャラマ というフルートと尺八を混ぜ合わせたような楽器奏者、パートナーは弟のドラム奏者。 005_2


まず、ヒマラヤの雄大な景色、彼自身(バンスリ)が実際にヒマラヤの巨峰( 動画では4000m級)に上る過程、そして頂上からながめる 壮麗なながめ、ふもとの美しい棚田、滔々と流れる雪解け水を飲みこんだ川 などを彼自身の操作により 「ドローン」 で写したものが背景に流れる。002

ドローンは何度か海に落ちたり、失敗したが、ヒマラヤ、そして東京の夜、沖縄・宮古島 風景などの映像が映される。

007音楽がまたいい、バンスリさんは現在47歳、32年前に日本にプロ奏者としてきたが、10歳のころから演奏者として生きてきた。 耳と体で笛の音を自由に表現することが出来たので 曲をどんどん作ることが出来た。009

今日のプログラムも弟のサラバンさんとぴったり息のあったコンピネーションで 曲を紡ぎだす。010
「平和の祈り、 ヒマラヤの夕陽、 光の旅、 哀愁のカトマンズ、 シンドゥ・バルチョック (ネパール民族の一つであるタマン族のリズム)、 東京ナイト、 太鼓の響き、 海のさざなみ( 下の写真2枚は宮古島の海)、 ヒマラヤ、

ムツツンガ (アイヌ民族のムックリによく似た楽器を使う)、 天馬、 祭 ( 日本の祭をイメージ)、 レッサン・フィリリ ( ネパールで有名なフォークソング) などなど。

竹笛も大小さまざまな(10週類位?)ものを使い分け、 鳴り物の太鼓やチャッパは絶妙な手さばき、バチは一切使わず、人間の手だけで5・6種類の鳴り物を使う。

曲に合わせた背景の映像は曲をイメージしやすいように流れてくる。、ミラーボールも駆使して、海の底のような雰囲気だけでなく、花輪のようなものが天井に飛び、また元に伸びたりちぢんだりしながら、ユラユラとかのボールから出たり入ったりする。 天井もまたスクリーンになる。021
演奏、映像、ファンタジー と三位一体の音楽会会場はわずか30人強のキャパ会場、私はかぶりつきで堪能。023また近くであれば是非 聴きに行きたい。022

PS  写真にもあるよく見かける 五色の旗、これは青→空
白→風、 赤→火、 緑→水、 黄→ 大地 を表し、それぞれに馬や読経が描かれている。

風にたなびくたびに読経を1回読んだことになり、願いなどが込められている、という。 はて、 日本にも飾った方がいいか。

2017年9月20日 (水)

西岡民雄展

001_2ギャラリー木蓮で 西岡民雄展が今日から始まった。 観覧のついでに私もお絵かき。 私の絵もアップしようかと思ったけど、西岡さんの絵と同じ日ではとてもとても ( ̄Д ̄;;

西岡民雄さんの言葉

「震災・原発・内戦等、この不安な時代に我々は生きて・・います。人間の周辺にいる動物達も、人間と運命共同体のようなものです。
人間という時代を上手に乗り越えるかを動物達も疑って見つめている気がします。」

← 葉の先にある丸いものは人間の顔002
ご覧のように、人間の手、体をデフォルメして暖かく野草を見つめる人がいる。 植物もまた人間と同じ命、そして人間も暖かい。003

植物と人間が混然一体となったようなギャラリーの看板になっている一番上の絵はまた素晴らしい。 それぞれのタイトルはつけないがどうぞみなさま 創造と想像をフルに活用して想ってくだされ。004
014鳩、牛、そして女性が飛んでいるような絵は3枚とも福島の震災後、 女性は 土神様。

005009


011


012

008006上のタイトルは「KAO」 動物の顔がいくつも見られる。007_3

ウサギが窓から人間界を見つめている。 「ケンカしちゃためよ、」とでもいっているのか・・・。

2017年9月 6日 (水)

ギャラリー・木蓮 ③

001私のお絵かき教室二日目。今日も勝手に自分の絵を描く。

今月前半のギャラリーは木俣 真先生の絵を展示している。 「暗いなぁ」 と思われる向きもあるが、点描画、黒の老人などは抽象画の典型だろうな。

その時の人間の視覚、感覚で描いているのだから、また年齢と共にたそがれ方向に行ったとしても不思議ではない。

ギャラリーの正面にかけている大きな絵は世界中で起きている戦争・紛争の記事を集め、もうこれ以上戦争がないようにと、願うアピール。002

オレンジが明るい兆しをみせている「裸婦像」のような 人間への愛おしさを表すものも多い。003_2

逆に 全身黒い人間は 「老人」 というタイトルがあるが、その全身に背負っている苦労を真っ黒に塗りつぶしてあの世までは持っていきませんよ、 とでも言いたげ。007

鶏頭の花の絵も多い。鶏頭たるも牛後たるなかれ、とでもいいたいのかな。010

012




011


いわしの干物は生活感たっぷり。 つやつやとしたいわしの色、脂のたっぷりのったお腹。 食欲をそそる。

2017年9月 4日 (月)

第10回歌おう会

Img_20170904_0001大分先だけど、「歌おう会」のチラシを作成。 会のネーミングが固いので、何かいい名前がないかとみんなで考えたけど、特になく 今回はこの名前。 もしかして 「歌コン」 なんていうのもどうかなぁ。 今度みんなにあったら相談してみよう。

さて、次回の「歌おう会」は初めての公共施設。 なるべく人が少ないことを望むが どれだけ来るか読めない。 サークルの「歌う会」 とかだったら、人にたくさん来てほしい、と思うけど、なんせ前半 10曲は私一人の伴奏。 後半はプロのピアニストの伴奏。

未だに楽譜も良く読めない私、アコを始めて7年ちょっと。それでも公共施設で不特定多数を相手にして伴奏をするのだから、私の度胸もたいしたもの。

所属するサークルでは秋の「うたごえ」 をするのに、楽譜揃え、伴奏の自主練習と何回も打ち合わせと練習。そこへいくとこちらはわずか2回の顔合わせだけで本番。 あっさりしたもの。

ま、なんとかなるさ、秋の風はさわやかに吹いているし・・・。

2017年8月27日 (日)

飯能アルプス物語

20155832_1939146109696995_587104332
埼玉県飯能の地で息づく若者や地域の人たちの悲喜こもごも、を楽しく、ユーモアたっぷりとしかし人間性あふれるオムニバス形式の舞台を見た。Img_20170827_0001_2
ペンタグラムという形で、背景の舞台を5ヶ所変える。 ① 多峯山の宣伝のために集まった市の職員とにせディレクターににせリポーター。 あることないことを織り交ぜて過大広告に仕立て上げて、テレビ局に採用されるように画策する。

② コンビニの食事ができるスペースで窓を眺める親友二人、そこから眺める外の景色に事件が起きた。「事件を見ても何もやらない、助けようとしない人たちがいるから、憲法9条もいつの間にか改悪されちゃう、」と友たちをけん制するノー天気に見える親友。

③ 飯能河原に集まった同級生4人。卒業後10年たっていた。中の二人は婚約発表をする。他の一人は婚約者に恋をしていたことを打ちあける。 そこから、4人の過去・現在が掘り起こされ、婚約にも暗い影を落とす。Yjimage1

④ 奥武蔵旅館にたてこもる一見やくざな大男。 身代金5000万円と逃走用のヘリコプターを要求する。でも、ほんとは気の優しい友達思い。 友人の冤罪を無実の罪を晴らして、釈放するよう要求し、おもちゃの鉄砲で立てこもる。メディアは男が暴れる部分だけを放映し、彼の要求については放送しない。メディアへの批判もそこはかとなく・・・。

⑤ お散歩マーケット 飯能には中山間部が多い。景色の良さと特産品の販売を目的に家々で手作り品の販売コーナーを設けた日がある。 中でもスイートポテトのお店。 家族が久しぶりに寄り集まって売ろうとするが、なかなか売れない。そこで、一計を案じ、体調が悪くなった風をよそおい、スイートポテトを食べると元気回復、性同一障害の人も回復、などなど。Yjimage2

と、まあ それぞれに工夫を凝らしたドラマ。役者の一所懸命さとストーリーの面白に一話ごとに拍手、拍手。当初の予定では人形劇を見に行く予定だったが、「面白い」との一報が入り、急きょこちらの演劇鑑賞。期待にたがわずとても楽しめたし、骨太の演技に魅入った。 みなさん、ありがとう、お疲れ様。

2017年8月26日 (土)

プーク・牡丹燈篭

今日は 日本の3大怪談噺の一つ 「牡丹燈篭」を紀伊国屋劇場で観劇。1m30㎝はあろうかと思われる人形を使っての迫力は人間劇より リアルでファンタジックで鬼気せまる。 因果応報といえば因果応報なのだが、人間の哀しさ、美しさ、愚かさを存分に表現できる怪しさは人形劇ならではと思う。 大人の人形劇としてだけではなく、幽霊の存在は子どもにも心の「ひだ」の存在として 理解してもらう意味でも、このような人形劇をみてもらいたい。やっぱり日本の人形劇は世界に自慢できる。 音楽もすこぶる魅力的 ┗(^o^)┛パチ┗(^o^)┛パチ

2017年8月 9日 (水)

マチルダ

Yjimage3炎天下の中だったが思い切って プーク人形劇場に出かけた。

「マチルダ」、 オランダのスタッフド・パペット・シアター による 人形劇だ。ストーリーは、とある老人ホーム。 さまざまな老人が暮らしている。 今日は102歳になるマチルダの誕生日。 新聞記者が取材に来るというので、花や風船が飾られ、 入居者への「癒し」のための犬もいる。

マチルダは60年前に別れた恋人の事は覚えており、今でも待ち続けているが それ以外の記憶はほとんど失われている。 ダウン症の妹を預けに来た余命いくばくもない兄もいる。Yjimage1
しかし、このホームの所長は入居者に緊急時用にと携帯電話を持たせ、看護師は解雇しようとする。 すべては儲けのため。 と、このようなストーリー。

人間劇にすると、なんとも残酷でリアル。しかし、7人の登場人形の声を一人の人形師がすべて演じ分ける。 個性的で表現力いっぱいの人形の声だけでなく、全身を使っての 憎しみ、悲しみ、憂い、愛 すべてを操作、7色の声で演じ分けるのはこれは役者にとっては神様に等しいといっていいほどの演技のレベル。Yjimage2
腹話術ではないが、腹話術師にとっても シンクロ、マニュピレーションなど最高のお手本を見せてもらった。

マチルダは何故写真のようにいつも鉄棒にぶら下がっているのか、それは彼女の宙ぶらりんな心を表しているのではないか。人形劇だからこそできるタイムリーでおかしくて笑って笑ってしまうが、ほんとはこんな現実、なんとかならないのか、 ということを訴えているに違いない。

2017年7月31日 (月)

うたごえ喫茶 陽だまり

Yjimage1今日はアコサークルのメンバー 7人が集まっての集中した話し合い。 昨年から2回「うたごえ」をやろうと何となく決めていたが、今日 正式決定。Yjimage2

開催の目的  ① 地域の人たちから「うたごえ」はとても喜ばれている。 又やってね、という声が色々聞こえてきている。 高齢者の居場所つくりとしても 意味がある。② アコサークルのメンバーは少なくなると 二人しか来ない時がある。 存続のためにも、会員をふやすためにもここにアコサークルあり、と 「うたごえ喫茶」 は多くの人に知らせることが出来る。Yjimage4

てなわけで、 今年11月18日土曜日、二本木公民館で午後1時半から3時20分まで行うことに決定。 伴奏曲は21曲。 アンコール曲 1曲 計 22曲を決定。O01540220121182608201

童謡唱歌、歌謡曲、世界の歌、うたごえの歌など バランスよく私達の歌いやすい、親しみやすい曲を選んだ。ぜひ多くの方に来ていただきたい。

所で、今回はサークル始まって以来、先生不参加の「うたごえ喫茶」となる。 生徒の力でどこまでできるかちょっと心配だけど、みんなの力を寄せ集めれば何とかうまくできそう。

童謡は かかし、りんごのひとりごと、里の秋、もみじ、

山のロザリア、トロイカ、斉太郎節、 竹田の子守唄 、湯の町エレジー などなど。 緊張もありますが、楽しみ lovely

2017年7月23日 (日)

ギャラリー 木蓮 ①

001_2学校時代からの友人が我が家の近くに画廊兼絵画教室をオープン。012




彼女は人生の折り返し地点に差し掛かって長年の夢がようやく実現。家庭的にも、経済的にも順風ではないが、舵をきり、荒波をのりこえてようやっとたどりついたのだ。002

具象から始まった彼女の絵は抽象に変わってきている。 抽象画の方がより自分の内面性を表現できる、というのだ。 010_2


011_2

素人にはわかりかねる部分も多いが、画家の意図をくみ取りながら、アートの表現性を楽しみたい。

008_3絵のタイトルは上から メタモルフォーズ (超自然的変形 とても訳すか)

風の大地

記憶の片りん ←005_3

再生 ・・ 家主の作品。

9 ピース →

生命 →

銀河(左下)

風の大地003
ラーメン花月のすぐ後ろ、お近くへお寄りの節はぜひお立ち寄りを。





より以前の記事一覧