無料ブログはココログ

リンク集

2017年6月24日 (土)

モコモコ公演

004_2グループのメンバーの一人がスタジオを建設した。フリースペースとして、地域に密着した様々なイベントを行う予定という。

手始めに「モコモコ」が招待された。 地域の親子連れ、医療生協の人たち、家主の演劇仲間などがお花やお菓子などをもって 40人ほどが駆けつけてきてくれた。002_3
演目は ブラックシアター  ① お花がわらった ②ドライボーン ③ かえるのうた  かげえ ① マーチングマーチ、② げんこつやまのたぬきさん ③ 森のくません  ④ すてきな3人組

「モコモコ」を初めて観る人がほとんど。 感想には、「大人も子供も楽しめる人形劇で良かった」、「 かげ絵がこんなにきれいだとは思わなかった。」、 「ブラックシアターは初めて見たけど、とてもきれい」 などなどの感想が寄せられた。007
私達も、子供会とか学校行事とかではなく、地域のみに呼びかけた「公演」は初めて。 公民館の文化祭でももっと 大人の楽しめる 「影絵劇」 として、宣伝していきたいと思った。

お昼はいつもの一品持ち寄り昼食会。 メンバーのお孫ちゃんもスタッフとして参加。音響担当、劇中では子役もやってくれる大活躍。 いつもの公演とまたすこし違った意味での満足感たっぷりの公演だった。

2017年3月 5日 (日)

福祉センターまつり

001好天に恵まれて、健康福祉センターまつり。以前にも書いたけど、もう一度。

健康部門: 医師による健康相談、お口の細菌観察、痛みの相談、健康・食育体験、食事アドバイス、おやこで料理、試食・試飲コーナー、004
福祉部門: 手話体験、点訳、朗読ライブ、録音体験 (全盲者のために市報や本の朗読が必要なため)、アイマスク体験、

子育て部門: 親子で遊ぶゲーム、かげえ・手かげえ( これはモコモコ登場)、手つくりおもちゃ、はいはい競争、ベビーマッサージ などなどのコーナーがそれぞれにいっぱい。1488708442938

多くの高齢者、親子連れなどが訪れ、骨密度測定などのコーナーには午前も午後も行列がひきも切らなかった。 友人は 「痛みの相談」室は行き、去年は私は 「歯の健康相談」を受けたっけ。007
つまり、行政と市民団体が協力して市民の健康と健全な育成をはかっていこうとするおまつり。
モコモコの前宣伝にはピエロ二人、魔女、くま、たぬき などで仮装行列よろしくのし歩き、やく90名の親子連れなどが来てくれた。012


011_2今年で第14回になるこのまつり。 行政がだんだん手を引こうとしているが、こういった立派な趣旨の「つどい」には、ぜひ行政もこれからも市民と共に手をたずさえてやっていってほしい。013


016

2017年3月 2日 (木)

保育園公演

002_2隣の市の保育園にモコモコが招待された。可愛い子供たちでいっぱい。

まだ小さい二人の孫はやはり保育園。うちの孫たちもこうやって遊んでいるのだな、と思うといっそう可愛い。004
最初はお誕生会。誕生月の子はみんなの前に座る。先生にだっこがいいか肩車がいいかを聞かれ、みんな肩車。そして、先生の肩の上から、全員とハイタッチ (4・5歳児?)

そのあとにお楽しみ会のモコモコの出番。 かげ絵・マーチングマーチ、げんこつ山のたぬきさん、森のくまさん、手遊び・熱いかな、ぬるいかな。 ブランコ・ブランコ、 手遊び・ ズンズドコ。 かげ絵・すてきな3にんぐみ」。

先生、といっても今は先生、と呼ばないで、 ○○ちゃん、とよぶそうな。先生が園児たちに感想を聞いた。たくさんの子たちが手をあげて感想を言おうとしていた。 みな一様に 「面白かった」、「楽しかった」。 私が大き目の子に 「何が一番良かった?」 と聞くと 二人の子がすぐさま 「3人組」 と答える。005

へえ、音楽ものかな、と思っていたらあの『3人組」が一番印象にあったんだ、すこし難しげなのに、と思いながら、 園児たちはしっかり内容もつかんでいるのだと、感心した。

昼食もごちそうになる。ちらしごはん、かじきまぐろのチーズ・パン粉やき( とてもおいしい)、煮物、青菜のごまあえ、あさり汁。 園児たちのグループに私たちが入り一緒におしゃべりしながらの昼食なのでなお楽しい。 お替りは自分で自由にできる。

メンバーが4歳児に 「お兄ちゃんかおねえちゃんがいるの?」 と聞くと「いない」 という。「じゃ一人なのね」 と重ねて聞いたら、「 ちがう、お父さん・おかあさんがいる。」 との返事。 あ~~あ、大人ってどうも変な質問をするもんだ、と思っただろうな。

楽しい一日でした。

2017年1月31日 (火)

子育て講座

D60d43b34798456f8b158968d696a0cc1近隣の二つの公民館が合同主菜しての子育て講座。 ここにモコモコが講座の中の一環として招待された。

親子合わせて約50人。0歳児の赤ちゃんが多い。 さて、どんなプログラム、と検討の結果、いつもの音楽もの3点に絵本からおこした 「ぶらんこ ぶらんこ」0091
最初はお母さんにしがみついて泣きだす子、劇場デビュー(?)に慣れていない子は何が起きるかとにかく不安げに私たちを見つめる。 私たちも真っ暗にならないように暗幕の裾をすこしあげて光を通すようにしたり、部屋ライトを消してもらうと同時にスクリーンライトをすぐにつけるように気を付けた。

初めてみるお母さんやあかちゃんがほとんどで、劇が始まると 「わあ、きれいね」 などの声が聞こえ、赤ちゃんたちのおしゃべり声や鳴き声もピタリとやみ、「やったね!」。 テレビやスマホに慣れている目でも、約2m×1mのスクリーンの実写には多少圧倒された気味。 上演後はスクリーン後ろでお母さん・こども、人形の影を共に映しての写真会。0011

お母さんたちのグッドな反応に気をよくすると同時に、先ごろ収入の少なくなったグループに思わぬ収入があり、これで部屋代の足しになると、一同ホッと一安心。

カメラチップを忘れて写真が撮れなかった。相変わらずのドジに反省 。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。!!

2016年12月13日 (火)

特別支援学校でのモコモコ公演

」、 隣の市の特別支援学校でのモコモコ公演。 健常児とはまたちがった素晴らしい命の輝きを感じた日だった。特にワークショップで彼らがかげえ人形をもってスクリーンの後ろに立った時のうれしそうな顔が忘れられない。 この「マーチ」はモコモコのいつものスタート音楽劇。プログラムはこの他に「もりのくまさん」、「げんこつやまのたぬきさん」、「モチモチの木」。「赤鼻のトナカイの手話遊び」。 お土産に手作りの素敵なカレンダーをいただきました。

2016年3月27日 (日)

第20回ドラマフェスタ二日目①

003第20回ドラマフェスタは果敢に可憐に花間のようにわが市に開いた。

上演やスタッフのため、その全貌をおみせすることはできなくて残念だけどホンの一端を紹介。全館ピエロ人形とかわいく装飾したペットボトルから浮き立つ色とりどりの風船に飾られた廊下やホワイエ。 3ゖ所の入り口にはバルーンアートで飾られたピエロやかわいい竜。竜はドラマフェスタのシンボル。 なぜ? ドラマのドラからイメージしたドラゴンだから。007

1階エントランスには巨大な竜のあたまをつけた3畳ほどの小屋が二つ。 小屋の外には子どもたちが自由に落書きしても良いように大量のクレヨンがおかれている。2016_014

写真はモコモコのブラックシアターとかげえ。

一枚目は「わにがわになる」 の 「つるがつるっとすべった」 の場面。2枚目は「もりのくまさん」、3・4枚目は 「じごくのそうべい」 右は切り絵をつくったのちに、 「スクリーンにうつしてみた」0081


009
2016_020


0191_2





2016年3月25日 (金)

第20回ドラマフェスタ

002明日、明後日と行われるドラマフェスタにむけて、今日はその最終準備

モコモコの入り口には くまと女の子に自分の顔を入れて遊べるようなモニュメント。日曜日午前10時半より上演。きてね。003

全体のかざりつけ、そして所属グループの準備。たくさんのみなさんがきてくださることをお願いいたします。004


明日の市民ミュージカルは 「ダンシング入間商店街」005

劇団鳥獣戯画の指導を受けて、アマチュアア市民(小中学生の約60人、大人10人)も、プロ顔負けの歌やダンスをくりひろげる。 まだ、席に余裕はあります。006

そして、全体のテーマは 「遊・演・地」

ピエロが出没し、あなたとじゃんけんをしてあなたが勝ったら・・・。

2016年3月22日 (火)

保育園公演

002今日はモコモコの公演。 0歳児から3歳児までなので 「かげえ」 の公演のみ。

かわいい子たちがいっぱい。わが市の人口が減少しつつあり、若い世代が増えない中でこんなかわいい子たちがすくすくと育ってほしい、と願うばかり。 そんなお手伝いをモコモコがほんの少しでもできればうれしい。017

プログラムは① マーチングマーチ、② げんこつ山のたぬきさん 手遊び ③ 森のくまさん ④ とんでったバナナ、 手遊び  ⑤ ブランコブランコ034

音楽もの中心なので、リズムに合わせて体をゆらしたり、「ブランコブランコ」 では動物がいろいろ出てくるので、そのたびに 「あ、かめ!」、「あ、ヒョウだ!」 「ぞうさんが出てきた」 などの声が飛び交う。039

後半はお母さんたちが作った 動物の切り紙で子どもたちがスクリーンに映してのワークショップ。 これもうれしそうでしたねぇ。スクリーンの後ろでは立ち止まって、ユラユラ動かして映り具合をたしかめて演技をしていたり。

最初の挨拶で 「今日はモコモコをおよびいただきまして誠にありがとうございました。」と私がいったら、3歳児が 「お呼びしていませんけど」 と 云われたのには 「アジャー」 。035_2


3歳児といえどあなどれない。 ともあれ うれしい一日でした。

2016年3月15日 (火)

ドラマフェスタと保育園公演

001来週は保育園公演、3月27日はドラマフェスタでのモコモコ公演。今日はその総練習。

保育園は0歳児~3歳児までなのでブラックシアターは行わず、音楽劇が中心。003_2

「どんでったバナナ」をアップ。カラスやパンダの写真は 「わにがわになる」 のブラックシアター。 017_4


 「じごくのそうべい」も練習。020


009


012_2





2016年3月 8日 (火)

保健センター祭

001今度の日曜日、3月13日に 市内保健センターで モコモコの上演を行う。

出し物は ① マーチングマーチ ② げんこつ山のたぬきさん ③ 森のくまさん ④ ブランコ・ブランゴ ⑤ じごくのそうべい

写真は今日の私のお持たせ。アンパン・クリクリームパン、ウインナパン。

今日はその練習に集中。「 じごくのそうべい」 もぎりぎりになって間に合った。 この1年 元「角笛」 にいた男性に多くのアドバイスを受け、音入れでは「閻魔様」 の声役でしっかりと また 若いジャグラー君が3回モコモコに来てくれたおかげで 音楽・効果音、せりふともに  デジタル録音できれいな音源を手に入れることが出来た。Img_31

写真はアコーディオンの先生。火曜夜はアコレッスン。 一日10時間座り続けると早死にする、とテレビでいっていたと云って御年81歳にも関わらず、レッスンは生徒が座り、先生が立つ。

より以前の記事一覧